取引プラットフォーム

オルタナティブ投資とは

オルタナティブ投資とは
Credit: Global Fintech Report 2017, PwC

DBJアセットマネジメント株式会社 【オルタナティブ投資運用業務】海外ファンドのデューデリジェンス、モニタリング等担当者

事業概要 ■会社概要:お客様である投資家の皆様の最善の利益を追求して良質な投資機会・運用サービスをご提供することにより、その多様な運用ニーズに適切に応え、もってわが国金融資本市場の発展に貢献することを目指す、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)100%出資の資産運用会社です。 所在地 〒100-0004
東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 設立 2006年11月 従業員数 151名 上場市場名 非上場 資本金 100百万円

この求人情報は、dodaエージェントサービスの採用プロジェクト担当を通じての受付となります。

  • 「応募する」ボタンを押すと、ご応募と同時にdodaエージェントサービスの登録が完了します。
  • ご応募後、職務経歴書のアップロードがお済みでない方は、できる限りお早めにご提出をお願いします。
  • 採用条件に合致した方については、dodaエージェントサービスにご提出いただいた情報 にて、そのまま企業への応募手続きをいたします。
  • ご応募についての合否に関わるご連絡は、この求人情報を担当する採用プロジェクト担当から行います。

【拠点名】
シンガポール:PERSOLKELLY Singapore Pte Ltd オルタナティブ投資とは
香港:PERSOLKELLY Hong Kong Limited
韓国:PERSOLKELLY Korea, Ltd.
台湾:台灣英創管理顧問分有限公司
ベトナム:PERSOLKELLY Vietnam Company Limited
中国:英創人材服務(上海)有限公司、英創人力資源服務(深セン)有限公司
マレーシア:Agensi Pekerjaan PERSOLKELLY Malaysia Sdn. Bhd.
フィリピン:John Clements. Recruitemt,Inc.
タイ:PERSOLKELLY オルタナティブ投資とは HR Services Recruitment (Thailand) Co., Ltd.

市場規模21兆ドルの「オルタナティブ投資」を個人に解放するYieldStreet、チャンスはオープンイノベーションにあり

Capture.PNG

ニュースサマリー:オルタナティブ投資プラットフォームを手がけるYieldStreetが6200万ドルの資金調達を実施した。ラウンドはシリーズBで、Edison Partnersがリード投資家として参加。同社は2015年創業でこれまでに1億7800万ドルの資金を調達している。また今年2月には6000億ドルの総投資額を達成したことを同社Twitterにて報告した。今回調達した資金はプラットフォームのさらなる開発や新たなユーザーの獲得に用いられる。

話題のポイント:YieldStreetはAlternative Invetment(オルタナティブ投資)と呼ばれる非公開株や不動産、鉄道などのインフラに着目したオンライン投資プラットフォームです。オルタナティブ投資は株式や債券などの伝統的投資と異なり、その性質上から今までヘッジファンドなどの機関投資家によって市場が独占されていました。同社はここに問題を抱き、誰でも代替投資の市場へ参加できるようにテクノロジーを使って民主化を進めています。

Capture.PNG

Credit: Rediscovering Alternative Assets in Changing Time, PwC

もちろん、この成長市場のほとんどは(少なくとも現在は)既存金融機関によってマネージされています。ここで注目したいのが既存金融機関とスタートアップの連携です。

Capture.PNG

Credit: Global Fintech Report 2017, PwC

「オルタナティブ投資」と「コモディティ投資」の違いとは?分かりやすく解釈

「オルタナティブ投資」と「コモディティ投資」の違い

金融・経済

資産運用に関連して 「オルタナティブ投資」 と 「コモディティ投資」 という言葉を目にしますが、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は 「オルタナティブ投資」 と 「コモディティ投資」 の違いについて解説します。

「オルタナティブ投資」とは?

「オルタナティブ投資」とは?

「オルタナティブ投資」 とは、 「伝統的資産以外の投資対象に積極的に資金を投入する投資手法」 を意味する言葉です。

「オルタナティブ投資」 の 「オルタナティブ」 には 「もう一つの選択肢」 という意味があります。

一定の利回りや収益を得たい投資家には向いているが大儲けを狙う投資家には魅力に欠ける投資対象である株や債券など従来型の金融資産を指して 「伝統的資産」 といいます。

「オルタナティブ投資」 とは 「株や債券など伝統的資産以外の投資対象や金融商品を中心に資産を運用する投資手法」 を意味する言葉です。

具体的な投資商品としては投資信託や先物取引、ヘッジファンドやベンチャー投資などさまざまな資産や金融商品に対し積極的に資金を投入し大きな利益を狙うのが 「オルタナティブ投資」 の特徴です。

「オルタナティブ投資」の使い方

・『資産を増やすのはオルタナティブ投資が向いている』
・『オルタナティブ投資はリスクの見極めが大切だ』
・『オルタナティブ投資だからといってもうかるとは限らない』
・『オルタナティブ投資の投資先は幅広い』

「コモディティ投資」とは?

「コモディティ投資」とは?

「コモディティ投資」 とは、 「商品を投資対象にする投資スタイル」 を意味する言葉です。

そのような 「実体を持つ商品に対して投資すること」 を 「コモディティ投資」 といいます。

将来的な値上がりや値下がりを予想して売ったり買ったりするのが 「コモディティ投資」 であり商品の需要や天候、世界の動向などに大きな影響を受けます。

「コモディティ投資」の使い方

・『石油はコモディティ投資の中でも代表的な商品である』
・『金やプラチナもコモディティ投資の対象に含まれる』
・『コモディティ投資にとって気候変動は大きなリスク要因だ』
・『コモディティ投資は需要の急増や暴落によって大きな損失が発生する可能性がある』

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる