オルタナティブ投資

テクニカル分析の重要性

テクニカル分析の重要性
ぴあ <日足> 「株探」多機能チャートより

分析AIツールYOSHINAがAWSファンデーショナルテクニカルレビュー(FTR)を通過

レトリバでは、「新しい技術に挑戦する」という理念を掲げ製品開発を行っております。製品の機能向上だけでなく、お客様に安心してご利用いただけるようセキュリティ等の安全性、信頼性の向上にも日々取り組んでいます。AWS ファンデーショナルテクニカルレビュー(FTR) テクニカル分析の重要性 は「YOSHINA」がAWSの提唱するセキュリティ、信頼性、運用上の優秀性に関連するベストプラクティスに従っていること
今後もYOSHINAを安心してご利用いただけるよう改善を進めてまいります。

【分析AIツール「YOSHINA」とは】
事業拡大のヒントを探す課題発見ツールです。様々なテキストデータから簡単に価値あるデータを抽出できます。自社サービスの改善や新サービスの検討にむけて、顧客の声や社内の声、セールストークなどの分析業務とそのための仕組みづくりをサポートします。
価格:ライトプラン月/15万円〜、スタンダード プラン 月/30万円〜、初期費用0円
オプション機能:音声テキスト化、分析支援、オンプレミス(検証用PC貸与)
お気軽にお問い合わせください。
https://yoshina.retrieva.jp/

【株式会社レトリバについて】
株式会社レトリバは「ことばを、知識に。」をビジョンに、自然言語処理、機械学習、深層学習をコアテクノロジーとした検索・分類・抽出を行うソリューションを提供しております。
所在地:東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル32階
代表者:代表取締役 河原 一哉
資本金:1億円
事業内容:自然言語処理及び機械学習を用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポート
https://retrieva.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社レトリバ
管理部 広報 山本
E-mail: [email protected]

東大サッカー部と欧州プロクラブの提携 弁護士志望の3年生新米コーチはオーストリア短期留学で何を学んだのか

21年8月、オーストリア2部のFCヴァッカー・インスブルックとパートナーシップを締結した東京大学運動会ア式蹴球部【写真:岡本康太郎】

テクニカルスタッフからコーチへの転向について岡本は「まだまだですが、やりがいは感じています」という一方で、「前監督の 山口遼 さん(現Y.S.C.C.セカンド監督)はまさにカリスマ性があるタイプでしたし、去年までヘッドコーチをしていた吉本(理)さんは選手からの信頼がとても厚かったです。今の監督の陵平さんは元プロで経験豊富、すごく威厳もあります。でも僕はまだ3年生だし、別に元プロでもなんでもなく戦術のことをちょっと知っているだけ」と、実績がないなかで指導する立場への葛藤も口にしている。

「最近は自分の中で、特に選手との接し方の部分を意識して変えてみています。インスブルックで実際にモラスさんが指導している姿を見ていると、選手とのコミュニケーションの取り方やチーム全体のマネジメントの部分がすごく参考になりました。僕は元々テクニカルスタッフとして入ったのもあって知識が戦術に偏っているし、選手のモチベートの部分は絶対的に欠けていると認識していました。モラスさんは本当に選手1人1人と向き合って接していました。 バイエルン・ミュンヘン の(ユリアン・)ナーゲルスマンが『監督の仕事は戦術が3割、マネジメントが7割』という話をしていましたが、まさにそのことだなと実感しています。

インスブルックでは「実際に基準となるものを見れたのは大きかった」と練習段階で意識の違いを実感【写真:岡本康太郎】

インスブルックで「トランジションの重要性に気付かされた」

マネジメントだけでなく、サッカーの面においても受けた刺激は大きかった。東大ア式蹴球部は伝統的に最終ラインからボールをしっかりとつないでいくポゼッションサッカーを志向する一方、モラス氏が率いるインスブルックのU-23チームは RBライプツィヒ (ドイツ)やレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)などレッドブル・グループの代名詞とも言える“縦に速い”スタイル。岡本はそのスタイルの違い以上に、練習段階での意識の違いを感じ取ったという。

ア式蹴球部は昨シーズン、東京都大学サッカーリーグ1部で最下位に終わり、今季から2部リーグで1部再昇格を目指して戦っている。インスブルックのエッセンスが加わった東大生軍団はどのような変化を遂げていくのか。今後に注目だ。(石川 遼 / Ryo Ishikawa)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる