FXのご案内

フィボナッチリトレースメントの手法と引き方

フィボナッチリトレースメントの手法と引き方

≪画像元:日本マクドナルド≫

相続対策は株価低迷の今こそ絶好のチャンス。お金よりも「株の贈与」がお得なわけ=川畑明美

アフターコロナに急成長する3大テーマとは?注目株を無料公開 (PR:マーチャントブレインズ投資顧問株式会社)

「個別株はヒントが多いから簡単」元為替ディーラーの投資顧問が注目される理由 (PR:ファイネストアドバイザリー)

相続対策は株価低迷の今こそ絶好のチャンス。お金よりも「株の贈与」がお得なわけ=川畑明美

編集部のオススメ記事

人気コーナー

シェアランキング

マネーボイスをほどよくメールで。

専門家と個人投資家の本音でつくる、
総合金融情報メールマガジン。
マネーボイス受信はこちらから

広告募集・お問い合わせ

タグクラウド

最新の記事

  • ローム、日本オラクル◆今日のフィスコ注目銘柄◆
  • 日本オラクル—13週、26週線とのゴールデンクロス接近
  • 骨太の方針が示され、今後は参院選に向けた政策期待が高まりやすい
  • 住友化—マド埋めを意識したトレンド形成へ
  • 6/9

【免責事項】
「MONEY VOICE」で提供している記事は、情報の提供を目的としており、投資やその他の行動を勧誘、または推奨する目的としたものではありません。
銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

【マクドナルド】ビッグマックセットが140円引き その他ビッグマック・ポテトのキャンペーンも熱い

ビッグマックセットが140円引き


≪画像元:日本マクドナルド≫

キャンペーンのバリューセットはそのような時間制限がないにもかかわらず、期間中は550円とお得なのです。

増量されたビッグマックも期間限定で登場

増量されたビッグマックも期間限定で登場


≪画像元:日本マクドナルド≫

6月1日からは、期間限定でビッグマックの増量バージョンも登場します。

ギガビッグマック


≪画像元:日本マクドナルド≫

「ギガビッグマック」は、グランドビッグマックの2倍、つまり通常のビッグマックの2.6倍の重量です。

(6月下旬まで)ポテトLサイズかビッグマックを買ってめくるともらえる

買ってめくるともらえる


≪画像元:日本マクドナルド≫

プレミアムローストコーヒーSサイズか、マックフライポテトSサイズのいずれか1つの無料券が当たります。

さらに、ビッグマック、マックフルーリーオレオクッキー、チキンマックナゲット5ピースのいずれか1つが、もれなく50円引きになる券ももらえます。

サイドメニューを選ぼう


≪画像元:日本マクドナルド≫

50円引き券は、マクドナルド公式アプリ上に配信されますので、ダウンロードを忘れずに。

引用リツイートして1,000円分のマックカードのチャンス

ビッグマックからの挑戦状


≪画像元:日本マクドナルド≫

まず、マクドナルド公式ツイッターをフォローします。

同アカウントから投稿された「#ビッグマックからの挑戦状」のハッシュタグが付いたツイートに 「#ビッグマックからの挑戦状」を付けて引用リツイート してください。

50本以上突き比べてきた山好きが選んだベスト・トレッキングポール 2022【どこよりも詳しいトレッキングポールの選び方ガイド】

女性にとっての最良モデルを考えたとき、ディスタンスカーボンFLZももちろん素晴らしいですが、ポール業界のトップランナーLEKIの最新カーボンモデルも捨てがたい。向こうのウリが軽さだとしたら、こちらは唯一無二の快適性。パーツの作りが細部までしっかりしていて、使い心地がいいし操作がしやすい、そして丈夫で安心。女性向けに径の細いグリップや手首の衝撃を軽減するアンチショック機構など、きめ細やかな優しさにあふれています。軽さはないけれど、そんなハンデは忘れてしまうくらいの完成度の高さが魅力。もちろん無雪期から冬山まで対応。

ベスト・オールシーズン部門:Black Diamond アルパインFLZ/MSR ダイナロック アッセント ポール

Black Diamond アルパインFLZ

お気に入りポイント

  • 堅牢なアルミシャフトの安心感とナチュラルコルクグリップの快適な握りやすさ
  • スノーバスケット標準装備で雪山にも対応しながら、春夏にも無理なく使える使い勝手の良さ

MSR ダイナロック アッセント ポール

お気に入りポイント

  • スノーハイクや雪山登山に強い作り(もちろんスノーバスケット標準装備)
  • 軽量コンパクトでサマーバスケットも付属し、無雪期にも活躍

ベスト・ウルトラライト部門:MOUNTAIN KING Trail Blaze Skyrunner ULTRA

お気に入りポイント

  • 無駄を省いた最上級の軽さ、コンパクトさ

ベスト・スルーハイク部門:FIZAN TREKKING COMPACT/Black Diamond ディスタンスカーボンFLZ

FIZAN TREKKING COMPACT

お気に入りポイント

  • 軽さと強さを両立した超軽量アルミ製
  • 長さ調節が可能なので歩行時だけでなく野営時にはシェルターのポールとしても安心

FIZANはイタリアの職人家族によって営まれている老舗ポール専門メーカー。決して目立った存在とはいえないかもしれませんが、四半世紀以上続く丁寧かつ確かなモノづくりの姿勢は健在。極薄・超軽量アルミ製シャフトを採用し軽さと強度を両立しながら、さらに長さ調節も可能なので、トレッキングポールを支柱として利用する軽量シェルターとの相性もばっちり。この「ただ軽いだけじゃない」という特徴が、何日にも及ぶトレイルを移動するスルーハイク部門受賞の決め手です。唯一の難点は固定方法がスクリューロック式であることですが、そこが気になる人には次点としてBlack Diamond ディスタンスカーボンFLZもおすすめです。

ベスト・ファストパッキング部門:LEKI クロストレイル FX スーパーライト コンパクト

お気に入りポイント

  • 快適な握り心地と素早い着脱を可能にするグローブ式のストラップ
  • 軽快な使い心地と優れた携行性

ベスト・トレイルランニング部門:Black Diamond ディスタンスカーボン/LEKI ウルトラトレイル FX.ONE スーパーライト

Black フィボナッチリトレースメントの手法と引き方 Diamond ディスタンスカーボン

お気に入りポイント

  • 繋ぎ目を省くことで驚異の190グラム(120cm、1ペア)を実現

LEKI ウルトラトレイル FX.ONE スーパーライト

お気に入りポイント

  • 最高クラスの軽さと使いやすさを両立
  • フィボナッチリトレースメントの手法と引き方
  • 快適な握り心地と素早い着脱を可能にするグローブ式のストラップ

ベスト・ビギナー向けコスパ部門:LEKI ジャーニーライト

お気に入りポイント

  • ベースとなる使い勝手の良い機能は十分備えながらも手の届きやすい価格

Amazonや楽天をのぞけば千円台前半のポールはごろごろと出てくるわけですが、自分の経験でははっきり言って「1~2回使えればラッキー」程度のものがほとんどでした。見た目はもっともらしくあるのですが、いざ本番で使うとちょっとしたことですぐ壊れる、または数回使うとすぐにヘタります。もちろん中には安くてもきちんと作っている製品もあるでしょうが、そんな博打をするくらいなら信頼のおける専門メーカーのエントリーモデルを選択するのが結果的には賢い選択だと自分は思います。そこでこのLEKI ジャーニーライトは、今でこそ一つひとつのパーツはベーシックですが、進化のスピードがあまりにも早いおかげで数年ほど前には最先端であったものばかり。限られた予算のなかで間違いないモデルを選ぶならば、まずはこちらがおすすめです。

ベスト・超軽量&コスパ部門:ヘリテイジ ULトレイルポール

お気に入りポイント

  • 極限まで無駄を省いた超軽量設計と優しい価格を両立

ベスト・快適&安全部門:LEKI ブラックシリーズ FX カーボン

お気に入りポイント

  • 振動軽減性に優れた高品質HMカーボン
  • 細部まで丁寧な作りの良さ

ベスト・伸縮式部門:Black Diamond トレイルプロショック/SINANO FAST-130 カーボンW

Black Diamond トレイルプロショック

お気に入りポイント

  • 伸縮式ながら瞬時にセッティング・収納が可能なスマートなロック機構
  • どんな場面でも安心の高い耐久性

SINANO FAST-130 カーボンW

お気に入りポイント

  • ベーシックな伸縮式構造に加え、優れたスイングバランスによる快適な使い勝手を実現

ベスト・アルミシャフト部門:Black Diamond ディスタンスFLZ

お気に入りポイント

  • アルミ製にもかかわらず優れた軽量コンパクト性と高い使い勝手を両立

アルミポールではどうしてもかさんでしまう重量を極力抑えながら、耐久性と使い勝手、コストパフォーマンスを高いレベルでバランスよく兼ね備えた「ベスト・オブ・アルミ」モデルといえばこちら。総合1位はディスタンスカーボンFLZですが、こちらのモデルはアルミ製というだけで使い勝手はほとんど同じ、なおかつ数千円も節約できる。そんなコストパフォーマンスの高さも魅力。少しでも重量を省きたければカーボンを、価格や汎用性を重視するならばこちらも十分おすすめです。

選び方:賢くトレッキングポールを選ぶ7つのポイント

ポイント1:シャフトの材質 ~カーボン・アルミそれぞれの特性をつかむ~

まずカーボンの利点はなんといっても軽くて強い。つまり同程度の強度ならより軽いポールが作れるということです。また衝撃吸収性にも優れ、地面に突いたときの振動が収まりやすい、そして錆びないなどがあります。

一方でどうしても高価になりがち、そしてアルミに比べて一点に加わる衝撃に弱く、尖った硬い岩等で折れやすいのが弱点です。過去、岩の隙間に刺さってしまったカーボンポールがいとも簡単に折れたことが1度あり、折れる一歩手前で回避した経験ならば数知れずです。カーボンにはそれほどデリケートな一面があります。

かたや、アルミ製のポールを選ぶ主な理由があるとすれば、それは価格とバランスのとれた全体的な耐久性の高さでしょう。アルミはカーボンと違って過度の衝撃で真っ二つに折れるのではなく曲がることが多いため、致命傷になる前に曲げなおして修復するチャンスがあります。カーボンに比べて重いというデメリットがあったとしても、この安心感によって長いトレッキングや大きな荷重がかかるアクティビティではアルミの方が幸せになれるかもしれません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる