バイナリー オプション

ストラテジーの意味と使い方

ストラテジーの意味と使い方
Weblio ストラテジーの意味と使い方 辞書 > 英和辞典・和英辞典 > 作戦を立てるの意味・解説 > 作戦を立てるに関連した英語例文 例文検索の条件設定 「カテゴリ」「情報源」を複数指定しての検索が可能になりました。 ストラテジーとは「 戦略 」という意味です。 英語では「strategy」と綴ります。 ゲームジャンルの一つでもあります。 プレイヤーそれぞれが拠点を持ち、敵や他プレイヤーからの攻撃を防いだり、逆に攻め入ったりして自軍を強化していくという内容です。 ストラテジーを英語に訳すと。英訳。a strategy - 80万項目以上収録、例文・コロケーションが豊富な無料英和和英辞典。 ライバル社を打ち負かすためには、綿密に戦略を練って 最適なプランを提案する必要がありますよね。 ところで、『戦略を練る』って英語で何ていうのでしょう? “戦略を練る” だから英語で make a fighting plan? また、「プラン」は、ただ単に計画というニュアンスで使われますが、「ストラテジー」の場合だと利益をいかに確保するかというニュアンスも加わります。「ストラテジー」の方がスケールが大きめなのです。このルールで自分が利益を得ようとすると裏切るのが良いです。これで「ストラテジー」ができます。しかしながら相手も裏切ってくるかもしれません。そうすると両方とも損をしてしまいます。いかに都合よく合理的に意思決定をするかは、ビジネスだけでなく、どの場面においても重要です。合理的な意思決定をするための「ストラテジー」を、「ゲーム理論」とも呼びます。「ストラテジー」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。もしかしたら、コンビニを建てた後にスーパーができて顧客を奪われるかもしれませんし、利便性が上がったことから顧客が増えるかもしれません。こうしたことを想定して対処していくことが「ストラテジー」の具体的な内容です。例えば、相手の考えていること、つまり「ストラテジー」が分からない時もあります。もし、2人の人間がどちらか片方を裏切れば100万が貰えるとします。両方が裏切ると100万の借金です。その結果、他の国の経済状態も良くなる上に中国自身の経済も良くなります。誰もが得するように戦略を練ったのです。 こうした国家の考えを表すときに「ストラテジー」は使われます。③の例文は、ビジネスに関する例文です。ここでの「ストラテジー」は、組織としての戦略や経営の戦略という意味です。これもビジネスの書籍などでよく使われる表現です。つまり、「ストラテジー」はスケールが大きくマクロな目標や計画なのです。例えば、2100年までの目標です。それに対して「タクティクス」は個別の局面や、とある場面においての対処法などミクロな面を意味しています。頭を使って様々な場面において、戦略を立てるゲームです。また、ビジネスにおいては経営戦略や企業戦略という意味もあります。つまり、「ストラテジー」は個人に関する戦略というよりも、大きな規模の戦略というニュアンスになります。それがこれらの例文です。つまり、「私」や「君」とセットに「ストラテジー」と使うのではなく、もっと大きな人数の団体や組織とセットで「ストラテジー」は使われることが多いのです。しかしながら、「プラン」は短期的な計画について用いられる場合が多く、「ストラテジー」は大きな時間の計画の場合が多いです。「プラン」は、計画という意味です。日本語でもすでに一般的に普及しているので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。プランは、「旅行のプランを立てる」「家計のプランを立てる」などに使います。①の例文は、国家に関する例文です。例文では、中国を取り上げています。この例文は現代において、最も使われる例文です。中国は、自分の国の利益をいかに最大化しようかと考えています。例えば、コンビニを新しくどこに出店するのかというのも、「ストラテジー」に該当します。駅からすぐの場所に出店するか、車でしか行くことができないような場所に出店するのかという問いは利益に直結します。「ストラテジー」と同じように、ある一定の目的を達成するためにどういうステップを踏み、いつ何をするのかを考えるという点では似ています。「ストラテジー」は、ビジネスで非常によく使うカタカナ語です。また、ニュースやメディアでもよく出てきます。もし、意味が分かればニュースがよりよく理解できるかもしれません。ぜひこの記事で意味や使い方を覚えておきましょう。ビジネスでは、「ストラテジー」を考えることが成功するかどうかに関わってくる重要な問題なのです。「ストラテジー」は英語の “strategy” が語源です。しかし、この “strategy” も元々は英語ではなくギリシャ語だったのです。 ギリシャ語の“strategic” は動詞で、軍を導くという意味でした。元々「ストラテジー」は、利益の最大化などあるゴールを達成するにはどうすればよいのかを考えるものです。利益を最大化するといっても色々なシチュエーションがあります。例えば、高齢者化対策のためのロボット導入などです。ある分野のある対処法なのです。似ていますが、意味しているスケールが違うのです。「ストラテジー」の使い方を理解するときに、注目するべきは主語です。「ストラテジー」は個人が主語ではなく、国家や団体という大きな集合体に対して用いられることが多いです。このように相手の出方が分からない状態を囚人のジレンマと言います。こうした状況の中で、自分の利益をどう確保すれば良いのかと考えているのが例文の意味です。「タクティクス」は日本語では戦術です。「ストラテジー」とセットで使われることが多いです。「タクティクス」は、「ストラテジー」に比べてミクロです。ゲーム理論自体も教科書やビジネス書によく出てくるので、「ストラテジー」もよく見かけます。そこで、一帯一路という自国も他国も利益を受けることができる政策を立てたのです。これが「ストラテジー」です。自分の利益を上げるために、他の国に良いことをします。これは時代背景に、まだ戦争が日常的だったことが挙げられます。つまり、軍を導いてどう勝利するのかを考えることが戦略でした。この戦略が次第に意味が変わっていき、現在のビジネスや政治で使われる意味の戦略という意味に変わっていったのです。②の例文は、ゲーム理論に関する例文です。先ほど、ゲーム理論は「ストラテジー」と密接に関係がある説明しました。そのため、ゲーム理論の書籍や文章で「ストラテジー」という言葉はよく出てきます。この状況での「ストラテジー」を考えるわけです。ゲーム理論の中でも囚人のジレンマは有名で、それと一緒に「ストラテジー」は使われます。覚えておくと役に立ちます。

ブラックジャックのベーシックストラテジーについて見方や使い方、チャート種類を解説!

ブラックジャックのベーシックストラテジーについて見方や使い方、チャート種類を解説!

ブラックジャックのおすすめ記事 おすすめのブラックジャック ブラックジャックの基本と遊び方 ベーシックストラテジーとは? ブラックジャックの期待値と勝率 ブラックジャック投資について ブラックジャック .

フリーベットブラックジャックの特徴や遊び方と配当について解説!

フリーベットブラックジャックの特徴や遊び方と配当について解説!

ブラックジャックのおすすめ記事 おすすめのブラックジャック ストラテジーの意味と使い方 ブラックジャックの基本と遊び方 ベーシックストラテジーとは? ブラックジャックの期待値と勝率 ブラックジャック投資について ブラックジャック .

ブラックジャックでダブルダウンするタイミングとやり方について解説!

ブラックジャックでダブルダウンするタイミングとやり方について解説!

ブラックジャックのおすすめ記事 おすすめのブラックジャック ブラックジャックの基本と遊び方 ベーシックストラテジーとは? ブラックジャックの期待値と勝率 ブラックジャック投資について ブラックジャック .

オンラインブラックジャックの遊び方と基本ルール・配当や期待値・必勝法について徹底解説!

オンラインブラックジャックの遊び方と基本ルール・配当や期待値・必勝法について徹底解説!

ブラックジャックのおすすめ記事 おすすめのブラックジャック ブラックジャックの基本と遊び方 ベーシックストラテジーとは? ブラックジャックの期待値と勝率 ブラックジャック投資について ストラテジーの意味と使い方 ブラックジャック .

ブラックジャックのやめどきを把握して損しないプレイスタイルを実践する!

ブラックジャックのやめどきを把握して損しないプレイスタイルを実践する!

ブラックジャックのおすすめ記事 おすすめのブラックジャック ブラックジャックの基本と遊び方 ベーシックストラテジーとは? ブラックジャックの期待値と勝率 ブラックジャック投資について ブラックジャック .

DX(デジタルトランスフォーメーション)推進コンサルティング 株式会社アイ・ティ・イノベーション

とあるITストラテジストの日常的思考

2014.4.18 イントロダクション:「ITストラテジスト」とは何か 執筆者:東崇城 カテゴリー:ブログ, とあるITストラテジストの日常的思考

1 はじめに

私の肩書きは「コンサルタント」、そして、「情報処理技術者試験 ITストラテジスト」である。正直、世間的にも知名度が高いとは言えない(レア?な)「ITストラテジストの視点」から、毎回あるテーマについて語るというのがこのブログの主旨である。なるべく仕事にも活かせるように、普段の業務、学業、そして趣味、などの様々な体験から得られるStrategy思考を、徒然なるままにブログっていきたい。
今回は初回ということで、ITストラテジストという資格とその資格保有者の実態について述べる。また、最後に少しだけStrategy思考について述べる。

2 ITストラテジストって何?

3 資格保有者の実態

4 日常から考えたいStrategy思考

注記:
(*1) IPA情報処理技術者試験のホームページ[1]からの引用。
(*2) JISTAのホームページ[2]からの引用。
(*3) 情報処理技術者試験合格の意味づけについては、[3]pp.488-493が詳しく最も的確であると考える。
(*4) これらの基本的なフレームワークについては次回に述べる予定である。
(*5) 私の場合、芸能などを鑑賞するのが趣味であり日常的行為であるため、その事例が多くなるかもしれない。あらかじめご理解いただきたくよろしくお願いいたします。

参考文献
※URLの最終アクセス日は何れも2014年4月13日
[1] 情報処理技術者試験 制度の概要 ITストラテジスト試験(ST)http://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/st.html
[2] 日本ITストラテジスト協会(JISTA) http://www.jista.org/
[3] ITのプロ46、三好 康之 他、『情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期』、翔泳社(2013)

採用情報

Profile プロフィール

2015年2月末で退職いたしました。 ストラテジーの意味と使い方 本人の了解を得て、ブログはしばらく掲載いたします。 (株式会社アイ・ティ・イノベーション/コンサルタント ■大阪府枚方市出身 ■1997年 京都大学 農学部農林経済学科(現 食料・環境経済学科)卒業 ■アビームコンサルティング、日本IBMにて、主に証券、保険系のシステム開発プロジェクトにて要件定義から設計、開発、テストまで広く多く経験を積む。2008年より当社にて、主に通信系企業の品質管理支援、マネジメント支援、組織活性等のコンサルティングを担当 ■情報処理技術者試験(プロジェクトマネージャ、ITストラテジスト他)、品質管理検定1級。都内の夜間大学院にてMOTを学ぶ ■日本ITストラテジスト協会(JISTA)正会員 ■趣味は水泳、数理プログラミング、サブカル鑑賞 ■目指すは「歌って踊れるPMO」)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる