ポジション取引戦略

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

上側と下側にほぼ平行で走るトレンドラインの中でチャートが行き来している。
(上下の平行に走るトレンドラインがチャネルライン。その中の太い赤線は単にチャートの動きを表したもの。)全体的にはロングが優勢な局面である。
ショート側からすれば上のトレンドラインの接点からショートをするのが良く、
ロング側から見れば下のトレンドラインの接点からロングをするのが良い。
最後に下のトレンドラインを割ったあとは、トレンドラインブレイクとなり、
相場は乱高下して混沌としやすい状態となる。
その場合はまたトレンドが定まるまで様子見に徹すること。

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

◆本書は原稿の一部を公開しています。お読みいただく方はこちらをClickしてください。→ 「試し読みサービス」へ


■目次
Prolouge テクニカル分析でFXを攻略しよう
第1章 ローソク足チャートの基本
第2章 トレンドとパターンを極める
第3章 トレンド系テクニカル指標の読み方と使い方
第4章 オシレータ系テクニカル指標の読み方と使い方
第5章 値幅予測に使うテクニカル指標
第6章 テクニカル指標などを組み合わせる
Appendix メタトレーダーを使ってみよう

【本書で解説する主なテクニカル指標】
ローソク足
トレンドライン
チャートパターン
移動平均線
グランビルの法則
平均足
ボリンジャーバンド
パラボリック
一目均衡表
ポイントアンドフィギュア
乖離率
RSI
MACD
ストキャスティクス
CCI
DMI
ダイバージェンス FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
モメンタム
RCI
DeMarker
フィボナッチ数
エリオット波動
フィボナッチ・リトレースメント
フィボナッチ・エクスパンション
フィボナッチ・ファン
ピボット
フィボナッチ・ピボット
ATR

1969年兵庫県伊丹市生まれ。神戸大学工学部電子工学科を卒業後、パッケージソフトメーカーの開発職を経て、
現在はマネーおよびパソコン関係の執筆活動のほか、ファイナンシャルプランナー(CFP®認定者)としても活動している。
個人投資家としては、早くからパソコンとデータを駆使した株式投資を実践している。
【最近の投資・マネー関連の著書】
「実践相場で勝つ! 株価チャート攻略ガイド」「株初心者も資産が増やせる高配当株投資」「新興市場・2部銘柄で儲ける株」「個人投資家でも儲ける低位株投資」」「Excelでできるらくらく統計解析」(以上、自由国民社)、「プロが教える! 金融商品の数値・計算メカニズム」(近代セールス社)、「Excelで学ぶ会計と税務」(オーム社)など。

Prolouge テクニカル分析でFXを攻略しよう
第1章 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか ローソク足チャートの基本
第2章 トレンドとパターンを極める
第3章 トレンド系テクニカル指標の読み方と使い方
第4章 オシレータ系テクニカル指標の読み方と使い方
第5章 値幅予測に使うテクニカル指標
第6章 テクニカル指標などを組み合わせる
Appendix メタトレーダーを使ってみよう

LINE FX、テクニカル指標をもとに売り買いのタイミングを LINEで受け取れる「売買シグナル通知」の提供を開始

「売買シグナル通知」の特長
(1) 5種類の通貨ペアと21種類のテクニカル指標に対応
「米ドル/円(USD/JPY)」、「ユーロ/円 (EUR/JPY)」、「英ポンド/ 円(GBP/JPY)」、「豪ドル/円(AUD/JPY)」、「トルコリラ/円(TRY/JPY)」の5種類の通貨ペアと、「移動平均線」、「ボリンジャーバンド」はもちろん「一目均衡表」、「RSI」など充実の21種類のテクニカル指標に対応しています。

(2) テクニカル指標のパラメーターの最適化を定期的に実施
直近でパフォーマンスの高い売買シグナルを通知するため、「LINE FX」では、過去の価格データを用いて、テクニカル指標のパラメーターを最適化する作業を定期的に実施しています。

(3) FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか シグナルの勝率やテクニカル指標の通知設定が可能
ユーザーの使い方や好みに応じ、シグナルの勝率とテクニカル指標の通知に関する設定の変更が可能です。

(4) ランキングでパフォーマンス上位のシグナルを通知
「特定のテクニカル指標のシグナルを受け取りたいという希望はないが、直近でパフォーマンスの高いシグナルは受け取りたい」というユーザーのため、パフォーマンス上位5位以内(累積損益が高い順)のシグナルを通知することも可能です。

(5) 「LINE FX」のLINE公式アカウントを友だち追加するだけで利用可能
「LINE FX」のLINE公式アカウントを友だち追加したユーザーは、誰でも無料で「売買シグナル通知」を受け取ることができます。

■LINE証券株式会社の概要
(1) 名称: LINE証券株式会社 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
(2) 所在地: 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者: 代表取締役Co-CEO落合 紀貴(LINE株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容:資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサルティングサービスの提供等
(5) 資本金及び資本準備金:400億円(2020年4月10日時点)
(FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか 6) 設立年月日:2018年6月1日

<LINE証券とは>
“投資をもっと身近に、もっと手軽に”をミッションに、スマートフォンに特化したシンプルで直感的なデザインと操作性が特徴の新たな「スマホ投資サービス」。2019年8月にサービスを開始。現在、1株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、取引所取引(現物取引・信用取引)、投資信託、FX取引サービス「LINE FX」、個人型確定拠出年金「LINEのiDeCo」、IPO(新規上場株)サービスを提供。総口座数は2021年8月時点で80万口座を突破。

仮想通貨(ビットコイン)FXのトレンドラインとは?見方や引き方、売買タイミング、注意点を解説

例えば下記チャートのような下落トレンドの場合、一時的な上昇によってトレンドラインにタッチしたポイントを狙って「売り」を入れます。

そしてトレンドラインを抜けると上昇相場へと転換する事も考えられるので、チャートのローソク足がトレンドラインを上抜けしたタイミングで決済しましょう。

このように、上昇相場や下降相場はトレンドラインに沿って価格を上下させており、その価格の反発は”トレンドが続く限りは”発生し続けます。

三角保ち合いの上放れ・下放れを狙って売買する

これを「三角保ち合い」と呼んでおり、三角保ち合いが形成されるとその頂点で価格がどちらかに大きく動く場合があります。

なお、三角保ち合い時に下降トレンドラインを上抜けた場合を「三角保ち合い上放れ」と呼び、上昇トレンドラインを下抜けた場合を「三角保ち合い下放れ」と呼んでいます。

三角保ち合い上放れ

三角保ち合い上放れのケースだと、以下のチャートのように下降トレンドラインを上抜けした後に価格が上昇する傾向にあります。

三角保ち合い下放れ

一方三角保ち合い下放れのケースだと、以下のチャートのように上昇トレンドを下抜け下後に価格が下落する傾向にあります。

仮想通貨(ビットコイン)FXでトレンドラインを引く際の注意点

  • トレンドラインでは常に反発が起こるとは限らない
  • トレンドラインをブレイクした後の売買には注意が必要

トレンドラインでは常に反発が起こるとは限らない

トレンドラインは多くのトレーダーが意識する指標である為、上昇トレンドラインなら「サポート(支持線)」、下降トレンドラインなら「レジスタンス(抵抗線)」として機能するとお伝えしましたが、全てのトレンドで常に価格の反発が起こるとは限りません。

トレンドラインをブレイクした後の売買には注意が必要

実際のローソク足がトレンドラインをブレイクすると、そのトレンドが終了して「トレンド転換するのではないか?」と期待が高まってしまいますが、「トレンドラインをブレイクした=トレンド転換のサイン」というわけではありません。

例えば以下のBTC/JPYのチャートのように、トレンドラインをブレイクした後再び安値を記録してしまう事もあるのです。

仮想通貨(ビットコイン)FXで使うトレンドラインのまとめ

トレンドラインはなぜ引いた方が良い?

  • 相場のトレンドの強弱や期間などを把握できるから
  • サポート・レジスタンスラインとしても機能するから
  • 多くのトレーダーが意識しているから

トレンドラインを用いた売買方法

  • トレンドラインによる価格の反発を狙って売買する
  • 三角持ち合いの上放れ・下放れを狙って売買する

トレンドラインを引く際の注意点

  • トレンドラインでは常に反発が起こるとは限らない
  • 「トレンドラインをブレイク=トレンド転換」ではない

以上がトレンドラインについてでしたが、仮想通貨トレードにおいて最も勝ちやすいのはレンジよりもトレンドです。

なので、今回紹介したトレンドラインは、現在がトレンド相場なのかを知った上で最適な売買タイミングを探し出す為の大切なツールなのです。

「”Trend is Friend”(トレンドは友達)」

執筆者プロフィール

ペイ編集長

キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

(テクニカルを極める)チャネルラインを使ったトレード戦略の立て方


相場はトレンドラインに沿って上昇をしていたが、
Aの地点でラインを割って下がってしまった。
Aの地点はトレンドラインブレイクとなるため、
相場はいきなり混沌とした状況になる。
もう一度トレンドラインに乗ろうと相場は反発上昇をするが、
Bの地点に来たときは、サポートラインであるはずのトレンドラインがレジスタンスラインとなっていた。
このようにチャートがトレンドラインを割り込んだあとは、
トレンドラインの性質は逆転して上記例ではサポートからレジスタンスに変化する。
トレンドラインをブレイクしてしまったら、そこで損切や利益確定をするのがベストです。
つまり、トレードの出口に使うわけです。
なお、トレンドラインをブレイクしたときは、
まだ逆側に進んでいくと決まったわけではないので、そこからのエントリーは危険性が高いので注意が必要です。
ブレイクしてしまった場合は、混沌とした相場になるので、
しばらく様子を見ることが必要なのです。

チャネルライン

トレンドラインの応用編として、2本の平行のトレンドラインを引く方法があります。
これを チャネルライン と呼びます。
チャートの上値部分を結んだトレンドラインと、下値部分を結んだトレンドラインを引いてみると、下図のように値動きの範囲がトレンドライン内に収まるケースがあります。

上昇チャネルライン


上側と下側にほぼ平行で走るトレンドラインの中でチャートが行き来している。
(上下の平行に走るトレンドラインがチャネルライン。その中の太い赤線は単にチャートの動きを表したもの。)全体的にはロングが優勢な局面である。
ショート側からすれば上のトレンドラインの接点からショートをするのが良く、
ロング側から見れば下のトレンドラインの接点からロングをするのが良い。
最後に下のトレンドラインを割ったあとは、トレンドラインブレイクとなり、
相場は乱高下して混沌としやすい状態となる。
その場合はまたトレンドが定まるまで様子見に徹すること。

下降チャネルライン


上側と下側にはほぼ並行で走るトレンドラインの中でチャートが行き来している。
全体的にはショートが優勢な局面。
ショート側からすれば上のトレンドラインの接点からショートをするのが良く、
ロング側からみれば下のトレンドラインの接点からロングをするのが良い。
チャネルラインの活用法としては、エントリーとエグジットに使います。
例えば上昇チャネルラインの場合は、下のトレンドラインの接点でロングして、
上のトレンドラインの接点で利益確定をすればいいでしょう。
下降チャネルラインの場合は、上のトレンドラインの接点でショートエントリーをして、 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
下のトレンドラインで利益確定をするべきです。これも立派な戦略となります。
チャネルラインの中心部では値動きが激しくなるので、
そこでエントリーをしないように心がけているだけで、損失は少なくなり、
利益を伸ばしていくことができるでしょう。
デイトレードをしなくても、FXで月5万円の利益を生む方法を知りたい人はこちら

・企業情報
決算、設立、上場、特色、連結事業、業種コード、業種名、解説記事、本社、電話番号、従業員、証券、銀行、URL、株式、包括利益、東経業種別時価総額順位、株主・役員構成
・業績
業績(売上、営業利益、経常利益、利益、1株益(円)、1株配(円))、配当、BPS(円)
・財務
指標等(ROE、ROA、調整1株益、最高純益、設備投資、減価償却、研究開発)、
キャッシュフロー(営業CF、投資CF、財務CF、現金等)、財務(総資産、株主持分、株主持分比率、資本金、利益剰余金、有利子負債)、資本異動(年月、内容、株数)、年足株価(高値、安値)、月足株価(高値、安値、出来)

・概要
証券コード、銘柄名、決算期、設立、特色、発行者、住所、電話番号、証券、URL、発行済口数、優待
・投資主
投資主名
・業績
営業収益、純利益、1口配(円)
・配当 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
予想配当利回り
・財務
総資産、純資産
・年足株価
・月足株価

【適時開示】
適時開示履歴

【業績】
進捗状況、進捗状況(経常利益)、財務状況(売上高、営業利益、経常利益、当期利益)

【指標】
基本情報、コンセンサス情報、銘柄属性、財務(連)、テクニカル、テクニカル指標

【業績予測】
業績予想コンセンサス&コメント、レーティング分布、企業分析指標の平均と同業種(サービス業)
他社比較、株価とアナリスト予想の推移、コンセンサスの推移

【株主優待】
権利確定日、優待内容、優待イメージ写真

【参考銘柄】
よく一緒に見られている銘柄(国内株式、米国株式合わせて10銘柄)

お気に入り

楽天証券に口座をお持ちの方
(ログイン時)
楽天証券に口座をお持ちでない方
(未ログイン時)
お気に入り WEB、マーケットスピード、iSPEED for iPadのお気に入り銘柄と連携 端末上のみ登録可能
登録箇所 1ページ国内株式100銘柄+米国株式100銘柄、最大10ページ

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
シンプル 注文種別 プロ
現物買い
現物売り
訂正・取消
通常
× 逆指値付通常
× 逆指値
× セット
× アルゴ注文

PCサイト/モバイルサイト
下記機能についてはPCもしくはモバイルサイトをご参照ください。 リアルタイム入金/出金/手数料コース/通常振込入金口座/信用保証金振替など

楽天証券に口座をお持ちの方
(ログイン時)
楽天証券に口座をお持ちでない方
(未ログイン時)
総合サマリー 各資産の時価評価額を表示
日本株式、米国株式、中国株式、債券、MMF[円建]、公社債投信、株式投信、預り金、信用取引保証金、国内先物OP取引証拠金、海外先物取引証拠金合計、外貨建MMF、外国為替(各通貨毎)、アセアン株式、楽ラップ
-
余力・維持率 現物買付可能額、NISA買付可能額、信用新規建余力、出金可能額、保証金維持率、保証金維持率(リアル)、米国株式 買付可能額(円貨)、米国株式 買付可能額(外貨) -

ウィジェット

Apple Watch

Apple Watchの仕様については、Apple Watchページにてご確認ください。

指数(一覧、チャート)

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
指数名称 指数種別 ログイン時 未ログイン時
日経225 国内株式 リアルタイム 20分
TOPIX 国内株式 リアルタイム 20分
JPX日経400 国内株式 リアルタイム20分
東証プライム市場指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証スタンダード市場指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証グロース市場指数 国内株式 リアルタイム 20分
旧東証市場第一部指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証グロース市場Core指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証マザーズ指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証REIT指数 国内株式 リアルタイム 20分
日経225先物(期近) 国内先物 リアルタイム 20分
225ミニ先物(期近) 国内先物 リアルタイム20分
TOPIX先物(期近) 国内先物 リアルタイム 20分
JPX日経400先物(期近) 国内先物 リアルタイム 20分
東証マザーズ先物(期近) 国内先物 リアルタイム 20分
金先物大阪(中心) 商品先物 リアルタイム 20分
白金先物大阪(中心) 商品先物 リアルタイム 20分
銀先物大阪(中心) 商品先物 リアルタイム 20分
NYダウ30種 米国株式 15分 15分
NASDAQ 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ100 米国株式 リアルタイム 15分
S&P100指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P500指数 米国株式 リアルタイム 15分
VIX指数 米国株式 リアルタイム 15分
VVIXインプライド・ボラティリティ指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ100ボラティリティ指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P素材セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&Pエナジー・セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P金融セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P不動産セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P公益事業セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P一般消費財セレクト・セクター指数 米国株式リアルタイム 15分
S&P通信サービス・セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P資本財セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P生活必需品セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&Pテクノロジー・セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&Pヘルスケア・セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P500 ESG指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ米国大型株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ米国中型株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ米国小型株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ工業株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ銀行株指数米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ保険株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ不動産株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ輸送株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ通信株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQコンピューター株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQバイオテクノロジー株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQヘルスケア株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ CTAサイバーセキュリティ指数 米国株式 リアルタイム 15分
ISE CTAクラウドコンピューティング指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ CTA AI&ロボティクス 米国株式 リアルタイム 15分
BVP NASDAQエマージング・クラウド指数 米国株式 リアルタイム 15分
PHLXゴールド/シルバー・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
PHLX半導体・セクター指数 米国株式 リアルタイム15分
PHLXハウジング・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
PHLX石油サービス・セクター指数 米国株式リアルタイム 15分
PHLX公益事業・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQネクスト・ジェネレーション100指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ金融100 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ100 テクノロジー・セクター 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQゴールデン・ドラゴン・チャイナ指数 米国株式 リアルタイム 15分
上海総合指数 中国株式 15分 15分
上海A株指数 中国株式 15分 15分
上海・香港ストックコネクト 中国株式 15分 15分
ハンセン指数 中国株式 15分 15分
H株指数 中国株式 15分 15分
レッドチップ指数 中国株式 15分 15分
225先物CME(期近) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
225先物SGX(期近) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
mini Dow(期近) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
mini NQ100(期近) 海外先物 リアルタイム FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか ※1 10分
mini S&P500(期近) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
WTI原油先物(NYMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
天然ガス先物(NYMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Gold先物(COMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Silver先物(COMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Cooper先物(COMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Corn先物(CBOT) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Wheat先物(CBOT) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Soybean先物(CBOT) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
為替レート FX リアルタイム リアルタイム

テクニカルチャート(大チャート、小チャート)

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
テクニカル名称 足種 パラメーター設定可能値(デフォルト値)
単純移動平均線分足
日足
2-100 (短期:5、中期:25、長期75)
週足 2-100(短期:13、中期:26、長期52)
月足 2-100(短期:9、中期:24、長期60)
ボリンジャーバンド (※3) 分足
日足
期間:2-100(25)、乖離率σ:1-3(3)
週足 期間:2-100(26)、乖離率σ:1-3(3)
月足 期間:2-100(24)、乖離率σ:1-3(3)
一目均衡表 分足
日足
週足
月足
2-100(基準線:26、転換線:9、スパン:26)
多重移動平均線 分足
日足
期間:2-100(最短:5、最長:75)、本数:2-15(15)
週足 期間:2-100(最短:13、最長:52)、本数:2-15(15)
月足 期間:2-100(最短:9、最長:60)、本数:2-15(15)
指数平滑移動平均線 分足
日足
2-100(短期:5、中期:25、長期75)
週足 2-100(短期:13、中期:26、長期52)
月足 2-100(短期:9、中期:24、長期60)
VWAP 分足
日足
週足
月足
設定項目なし
価格帯別出来高 分足
日足
週足
月足
設定項目なし

テクニカル名称 足種 パラメーター設定可能値(デフォルト値)
出来高 分足
日足
週足
月足
設定項目なし
RSI 分足
日足
週足
月足
2-100(短期:9、長期:14)
RCI 分足
日足
週足
月足
2-100(短期:9、長期:27)
移動平均乖離率 分足
日足
2-100(短期:5、長期:25)
週足 2-100(短期:13、長期:26)
月足 2-100(短期:9、長期:24)
MACD (※4) 分足
日足
週足
月足
2-100(短期:12、長期:26、シグナル:9)
ストキャスティクス 分足
日足
週足
月足
2-100(期間:5、平均期間:3)
DMI 分足
日足
週足
月足
2-100(DI:14、ADX:9)
サイコロジカルライン 分足
日足
週足
月足
期間:2-100(12)
標準偏差 分足
日足
週足
月足
期間:2-100(26)

※2 移動平均および標準偏差の算出に終値を用いています。
(MarketSpeedはTP(ティピカル・プライス:高値,安値,終値の平均値))

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる