基本情報

ストップロスとしての逆指値注文とは

ストップロスとしての逆指値注文とは
例:買いの新規を99.5円で注文した場合

「ストップロス」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「ストップロス」の意味は以下の通りとなります。
(1)指値注文の「リミットオーダー」と逆な考えで、新規注文の場合なら指定した価格よりも高くなったら買い注文、又下がったら売り注文を入れる方法。
(2)株やFX取引の際、新規注文なら相場の勢いに乗って注文ができ、決済注文なら損失限定や利益確定の手段として好まれる取引方法。
(3)日本語訳では「逆指値注文」で、「損切りライン」や「損切りオーダー」等と同義扱い。
逆指値注文「ストップロス」の理屈は、指値注文「リミットオーダー」と比較すると分かり易いです。例えば、株やFX取引の場合で、これから新規の買い注文を入れるとします。買い注文とは、これから値が上がると予想するもので、その後実際に値を上げたならある程度のところで決済すると利益になります。買い注文を入れる時に、投資家の考える方法は二つです。一つは指値注文「リミットオーダー」で、価格が少し下がったところに注文を入れて、その後決済をする。しかし、この注文だと下がるというのは勢いがない場合もあるので、そのままズルズルと下がる可能性も秘めています。対する、今回の逆指値注文「リミットオーダー」は、価格がさらに上がったところで注文を入れているので、「高い値段を勢いに乗って買う」という考えになります。理屈としては、そのままさらに価格が上がると思っているので、買い注文を入れたのです。もちろん、先ほど同様に買い注文が通った後に一転して下がる事もあるので、どちらの取引方法が正しくて間違っているとは言えません。しかし、相場の勢いに乗る所謂「ブレイク」を狙った方法である「ストップロス」は、変動が激しい相場の時にはこちらを好む投資家も大勢います。

ストップロスの由来

ストップロスの文章・例文

例文1. ストップロスとリミットオーダーを駆使して、今年の相場に参戦したが、無残にも失敗続きと損失膨らみで退場した。
例文2. ストップロスとはブレイクアウトを狙った手法であり、勝率は低くなるが一度の利益は大きくなり、長期的には有効な方法とされている。 ストップロスとしての逆指値注文とは
例文3. ストップロスは下げ相場で新規注文を入れるのが、合っている気がする。
例文4. ストップロスを組み合わせたOCO注文がより実践で使える。
例文5. FX取引ではストップロスやリミットオーダーは、最早定番中の定番注文である。

ストップロスとしての逆指値注文とは

「指値は分かるけど、逆指値って何?」

「どんなときに逆指値を使うの?」

「逆指値の設定方法がわからない」

逆指値注文とは、 現在より不利なレートを指定して発注する 注文方法です。

それは損失を拡大させないための「損切り」がFXにおいて重要だからです。

FXにおける逆指値注文の重要性

FXで損失を出してしまう理由の 56.5% が「損切りができなかったから」となっています。

FXの基本は「損を小さく」「利益は大きく」だ。

逆指値注文とは?

FXの逆指値注文の基本

逆指値注文は、 自分にとって不利なレートで注文する 方法です。

・高く買って、高く売る
・安く売って、安く売る
・買ったレートより安く売る
・売ったレートより高く買う

逆指値の活用方法

・新規注文=トレンドフォローをするため
・決済注文=利確・損切りをするため

新規注文の場合は、 今のレートより不利なところで取引しても更なる利益が見込めるとき です。

決済注文では、 ポジションが今より不利なレートになっても利益を確保したい、または損失を限定したいとき に使います。

新規注文(トレンドフォロー)

新規注文で逆指値注文を使うときは、 トレンドフォロー の場面で使います。

【例 トレンドフォローで逆指値注文を使う】

トレンドフォローで逆指値注文を使う例

ポジションを持っているとき(利確・損切り)

ポジションを持っているときは、逆指値注文を 「利確・損切り」 のために使います。

【例 利益確定で逆指値注文を使う】

利益確定で逆指値注文を使う例

  • 現在のレートで売ると「100-98=2円」の利益
  • 相場が98円より下に下がると損失が発生

【例 損切りで逆指値注文を使う】

損切りで逆指値注文を使う例

買ったレートよりも、 レートが下落したときに損失が拡大するのを防ぎます。

FXでは、一度の取引でどこまでリスクを取るのかを決めておくのが大事です。

リスクの幅は人によって変わりますが、およそ 資金の2% が損失の目安と言われています。

ストップロスとしての逆指値注文とは
【資金10万円】各損切り目安の場合、何回の失敗で0円になる?
損切り目安 2% 5% 10%
1回あたりの損失額 2,000円 5,000円 1万円
0円になるまでの失敗回数 50回 20回 10回

成行・指値・逆指値注文の違いは?

・成行注文
・指値注文
・逆指値注文

新規買いの各注文イメージ

新規売りの各注文イメージ

決済売りの各注文イメージ

決済買いの各注文イメージ

まずは、 基本となる3つの注文方法 を理解して適切に使えるようにしましょう。

逆指値も含まれるIFD注文

逆指値も含まれるOCO注文

逆指値も含まれるIFO注文

逆指値も含まれるトレール注文

逆指値注文の注意点は?

・相場を見極めるのが初心者には難しい
・指定したレートで約定しない場合がある
・初心者は損切り設定が難しい

相場を見極めるのが初心者には難しい

逆指値注文で、新規注文をするときは 相場の見極め が重要です。

相場は主に「上昇、下降、レンジ」の3つに分けられます。

レンジ相場で逆指値注文を使う際の注意点

指定したレートで約定しない場合がある

逆指値注文は、主にポジションの損失幅を限定するための 「損切り」 で使います。

しかし、相場が急落・急騰したときは、指定したレートで決済注文が約定しない「スリッページ」が起こることもあるんです。

逆指値注文を使う際はスリッページに注意

急落、急騰のリスクより、 逆指値を入れずに損失拡大するリスク のほうが高いです。

初心者は損切り設定が難しい

初心者にとって損切り設定は、正直難しいと言えます。

なぜなら、 初心者は相場の動きに慣れていない からです。

逆指値注文が使いやすい、おすすめのFX会社3選

取引の際、スムーズに注文を行うためには ツールの使いやすさ が重要です。

この項目では、注文機能が優れていて初心者でもツールが使いやすいFX会社を3社紹介するので、口座選びの参考にしてみてくださいね。

FX取引高 世界第1位「GMOクリック証券」

GMOクリック証

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨 300,000円

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

取引高 世界第1位 からもわかる通り、皆が使っているFX会社だ。

100円からできるFX「松井証券」

松井証券

ストップロスとしての逆指値注文とは
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.1銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨
マイナススワップが大きい
500,000円

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者向けセミナー動画が充実

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、 1通貨(ドル/円なら5円) から取引が可能!

レバレッジ1倍なら100円、25倍なら5円という少額で取引ができるのが最大の特徴よ。

取引コストが安く、初心者向きの「DMM FX」

DMMFX

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.ストップロスとしての逆指値注文とは 5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨
マイナススワップが大きい
200,000円

最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者からプロまで対応する高機能チャートが無料で使える ストップロスとしての逆指値注文とは ストップロスとしての逆指値注文とは
・取引結果を自動分析してくれるので、トレードの実力がUPしやすい

初心者でも使いやすく、プロもうなる高機能チャートが有名!

スプレッドが安いので、デイトレなどの取引回数が多くなるトレードでも取引コストを安くすることができるよ。

取引結果を自動で分析してくれるので取引の実力が伸びやすく、初心者に一番おすすめのFX口座。

まとめ 逆指値で損切りできるようになろう

逆指値注文は、 自分にとって不利なレートで注文する 方法です。

新規注文ではトレンドフォローに、決済注文では利確・損切りに役立ちます。

特に損切りを設定するときに有効な注文なので、この記事で解説した「逆指値の活用方法」を実践して損失を限定させられるようになりましょう。

・逆指値注文は自分にとって不利なレートで注文する方法
・新規では トレンドフォロー 、決済では 利確・損切り ストップロスとしての逆指値注文とは に使う
・活用するには 相場の見極め が重要
・指定したレートで約定しないことがある
・損切りの設定は初心者には難しいが、経験を積んで慣れよう
・逆指値注文が使いやすいFX会社は、 GMOクリック証券 、 MATSUI FX 、 DMM FX

ストップロスとしての逆指値注文とは

ポジションを開いた履歴はチケットで追跡できます。

取引操作の一般的な枠組み

  • 指定されたパラメータとの約定を実行するために注文が取引プラットフォームからブローカーに送信されます。
  • サーバで注文の正しさ(価格等の正確性、口座資金の利用可能性)がチェックされます。
  • チェックに合格した注文は取引サーバ上で処理されるのを待ちます。その後注文は
    ストップロスとしての逆指値注文とは
  • 実行される(ディーラーによって実行モードのいずれかで)
  • 失効に伴って取り消しされる
  • 拒否される(資金不足、マーケットで適切なオファーがない、ディーラー拒否)
  • トレーダによって拒否される
  • 約定とは成行注文の実行または未決注文のトリガです。
  • 銘柄がポジションを持たない場合、約定の締結の結果としてポジションが開かれます。銘柄がポジションを持つ場合、約定はポジション数量を増減、ポジションを決済、または反転できます。

注文作成からブローカーによる実行までの取引操作の枠組み

ポジション会計システム #

ネッティングシステム #

  • 銘柄の既存ポジションと同じ方向に取引を実行すると、このポジションの数量が増加します。
  • ストップロスとしての逆指値注文とは
  • 約定が逆方向に実行された場合、既存のポジションの数量が減少する、ポジションが決済される(取引量がポジション数量に等しい場合)または反転される(取引量がポジション数量より大きい場合)ことがあります。

成生注文の実行や未決注文 のトリガなど、何が 反対方向の約定を引き起こしたかは重要ではありません。

2つの買い約定の実行は1つのネットポジションをもたらしました。

ヘッジシステム #

2つの買い約定の実行は2つのトレーディングポジションをもたらしました。

選択されたシステムの影響

  • 決済逆指値及び決済指値の継承ルールが変わります。
  • ネッティングシステムでのポジション決済では、同じ銘柄と数量で反対方向の取引操作が行われるべきです。ヘッジシステムでのポジション決済には、ポジションのコンテキストメニューで明示的に「ポジション決済」コマンドを選択します。
  • ヘッジシステムではポジションは反転することはできません。この場合、現在ポジションが決済され、残りの数量を持つ新しいポジションが開かれます。
  • ヘッジシステムでは、ヘッジ対象証拠金という、新しい証拠金計算の条件が使用可能です。

注文の種類 #

  • 指値買い — 注文で指定された価格以下の買値(アスク)での買いの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より高いです。通常、この注文は、株価が一定水準に下落した後に上昇することを予想して出されます。
  • 逆指値買い — 注文で指定された価格以上の買値(アスク)での買いの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より低いです。通常、この注文は、株価が一定水準に達した後に上昇を続けることを予想して出されます。
  • 指値売り — 注文で指定された価格以上の売値(ビッド)での売りの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より低いです。通常、この注文は、株価が一定水準に上昇した後に下落することを予想して出されます。
  • 逆指値売り — 注文で指定された価格以下の売値(ビッド)での売りの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より高いです。通常、この注文は、株価が一定水準に下落した後に下落を続けることを予想して出されます。
  • ストップリミット買い — 逆指値注文であって指値買い注文を出すこのタイプは、最初の2つのタイプを組み合わせたものです。買値(アスク)が注文 (価格フィールド)に示されている逆指値レベルに達すると、Stop Limit price フィールドで指定された値段で買い指値注文が出されます。逆指値レベルは現在の買値(アスク)を超えて設定され、ストップリミット価格は逆指値レベル未満で設定されます。
  • ストップリミット売り —逆指値注文であって指値売り注文を出します。売値(ビッド)が注文 (価格フィールド)に示されている逆指値レベルに達すると、Stop Limit price フィールドで指定された値段で売り指値注文が出されます。逆指値レベルは現在の売値(ビッド)未満で設定され、ストップリミット価格は逆指値レベルを超えて設定されます。
  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsを持つ銘柄の計算モードでは、全ての種類の未決注文は、取引が行われる交換の規則に従ってトリガされます。通常、最終価格(最後に行われたトランザクションの価格)が適用されます。言葉を変えると、注文は直近価格が注文で指定されて価格になるとトリガされます。しかし、注文のアクティベーションよる売買は、常にビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。
  • 「エクスチェンジ実行」モードでは、指値注文を出す時に指定される価格は検証されません。これは、(買い指値注文の場合)現在の買値(アスク)を超えるか(売り指値注文の場合)売値(ビッド)未満で指定することができます。このような価格で注文を出すと、それはほとんど即座にトリガされ、成行注文になります。しかし、トレーダが非指定の現在の市場価格で取引を行うことに同意する成行注文とは違って、未決注文は指定されたものよりも悪くない価格で実行されます。
  • 未決注文のアクティベーション中に対応する市場操作が実行できない場合(たとえば、口座の余剰証拠金が不十分)、未決注文はキャンセルされて「拒否」ステータスで履歴に移動されます。

未決注文の種類

逆指値注文 #

決済逆指及び決済指継承の規則(ネッティング): #

  • ポジション数量が増加したりポジションが逆転されると、決済逆指及び決済指注文がその最新注文(成行またはトリガされた未決注文)に従って出されます。つまり、同じポジションの各後続の注文の逆指値レベルが以前のものから変わります。注文にゼロ値が指定されている場合は、ポジションの決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • ポジションが部分的に決済された場合、決済逆指及び決済指値は変わりません。
  • ポジションが完全に決済された場合、それに関連付けられていて独自に存在できないため決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • ポジションが存在する銘柄の取引操作が実行された場合、ポジションの現在の決済逆指及び決済指は自動的に注文ウィンドウに挿入されます。これは、現在の逆指値注文の誤操作による削除を防止することを目的とします。
  • ポジションを持つ銘柄のワンクリック取引操作(チャートパネルや気配値表示 )では、現在の決済逆指及び決済指は変更されません。
  • OTC ストップロスとしての逆指値注文とは 市場(外国為替、先物)では、ポジションが次の取引日に移動された場合(スワップ、再度のオープンに寄ったものを含む)、決済逆指及び決済指は変更されません。
  • 為替市場では、ポジションが次の取引日に移動した場合(スワップ)、また別のアカウントに移動された場合や決済中に決済逆指及び決済指は初期化されます。

決済逆指及び決済指継承の規則(ヘッジ):

  • ポジションが部分的に決済された場合、決済逆指及び決済指値は変わりません。
  • ポジションが完全に決済された場合、それに関連付けられていて独自に存在できないため決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • t0>ワンクリック取引操作(チャートのパネルまたは板情報)では、決済逆指及び決済指は設定されません。
  • トレール注文は決済逆指値が自動的に価格とともに変動させるのに使用されます。
  • 決済逆指及び決済指のアクティベーションはポジションの完全な決済につながります。
  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsを持つ銘柄の計算モードでは、逆指値注文と指値注文は、取引が行われる交換の規則に従ってトリガされます。通常、最終価格(最後に行われたトランザクションの価格)が適用されます。言葉を変えると、逆指値注文は直近価格が注文で指定されて価格になるとトリガされます。しかし、逆指値注文のアクティベーションよる売買は、常にビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。

トレール注文 ストップロスとしての逆指値注文とは #

トレール注文を有効にするには、ポジションのコンテクストメニューを開いて値を指定します。

トレール注文操作の枠組み

  • 新しい相場が出現すると、プラットフォームはポジションが有益かどうかをチェックします。
  • ポイントでの利益が示したレベル以上になると、現在の価格から指示された距離でストップロスを配置する自動コマンドが生成されます。
  • 価格が移動してポジションの利益が増える場合は、「ストップロス」は自動的に価格と共に移動します。
  • 他の場合、注文は変更されません。このように、取引ポジションの利益が自動的に固定されています。
  • ポジションにストップロスが設定されている場合、それはポジション利益が増加した場合は価格とともに移動し、減少した場合には変化しません。
  • 未決注文がトリガされると、同じ銘柄の現在のポジションのトレール注文が注文に指定されたトレール注文で置き換えられます。
  • 未決注文の結果として実行された約定が銘柄の現在ポジションと逆方向で、数量がそれ以下の場合、トレール注文は置き換えられません。

トレール注文を無効にするには「 なし」パラメータをコントロールメニューで設定します。「 全てを削除」 コマンドはポジションと未決注文のトレール注文をすべて無効にします。

ストップロスとしての逆指値注文とは

指値注文は 注文価格で約定 しますが、逆指値注文は 取引開始時の価格で約定 します。
※逆指値注文については、注文価格と約定価格に価格差(スリッページ)が発生する場合があります。

【指値注文】・・・・・・ 価格が指値注文価格に到達したら、必ず注文価格で注文が約定します。
【逆指値注文】・・・ 価格が逆指値注文価格(条件)に到達したら、条件を満たす最新の価格で約定します。そのため、逆指値注文では、逆指値の注文価格と実際の約定価格にスリッページが発生する場合があります。

例:買いの新規を99.5円で注文した場合

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

━リスク警告

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本は保証されません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は取引額の4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。なお、EA/スクリプトを使用したお取引にはEA/スクリプト取引手数料がかかります。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

Copyright © Goldenway Japan Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社

第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第258号
一般社団法人 金融先物取引業協会 加入
一般社団法人 日本投資顧問業協会 加入

注文手法について

「今表示されている価格以下で買いたい(この価格より高い価格では買いたくない)」、「今表示されている価格以上で売りたい(この価格より低い価格では売りたくない)」というときに使います。
ストリーミング注文は価格パネルに提示されたクリックし、クリックしたときの価格を指定して発注する注文です。
取引所で受け付けたときの価格が指定した価格を含めそれより有利な価格であれば取引所の提示する価格で約定し、不利な価格であれば失効となります。

逆指値注文

  • ※ 指定した逆指値価格に達すると「成行」で執行します。 そのため、必ずしも指定した価格で約定するわけではありません。
  • ※ 提示されている価格以下の逆指値価格で買い逆指値注文を発注すると、注文時に提示された価格で即時に約定する可能性があります。
  • ※ 提示されている価格以上の逆指値価格で売り逆指値注文を発注すると、注文時に提示された価格で即時に約定する可能性があります。
    ストップロスとしての逆指値注文とは
  • ※ 逆指値注文の価格にはプライスリミットがございますのでご注意ください。

ストップリミット注文

  • ※ 指値注文と逆指値注文をセットで発注するOCO注文とは異なります。

トリガ指値注文 買いの注文例

  • ※ 通常、買いストップリミット注文は、提示されている価格より高い価格をストップ価格に入力し、リミット価格には買う際の上限価格を入力します。

トリガ指値注文 売りの注文例

  • ※ 通常、売りストップリミット注文は、提示されている価格より低い価格をストップ価格に入力し、リミット価格には売る際の下限価格を入力します。
  • ※ 注文の変更はできません。変更する場合は、いったん注文を取り消していただく必要がございます
  • ※ ストップリミット注文の価格にはプライスリミットがございますのでご注意ください。

If Done 注文

  • ※ IfDone注文はIf注文が約定するまでは価格変更などの注文の訂正は可能ですが、If注文約定後は注文変更できません。変更される場合は、一度は注文を取り消してください。

OCO注文

現在日経225の売値(Bid)が9,000円。
9,000円の買いポジションを反対売買するにあたり、価格が9,100円以上になったら利益を確定する指値注文と、 価格が8,900円以下になったら損切りする逆指値注文を同時に出しておきたい。

  • ※ 決済注文だけでなく、新規注文でも利用することができます。
  • ※ 同じ銘柄での条件設定となります。
  • ※ OCO注文の変更について詳細は操作マニュアルからご確認ください。

If Done OCO注文

  • ※ 1.IfDoneOCO注文はIf注文が約定するまでは価格変更などの注文の訂正は可能ですが、If注文約定後は注文変更できません。変更される場合は、一度は注文を取り消してください。

「日経225の新規の買い指値注文が約定したら、DAXの新規買い指値注文を発注したい」というときなどに使います。
最初の注文が約定すると、予約しておいた次の注文が自動的に発注される注文です。
単一注文とOCO注文を次の注文として予約することができます。

  • ※ くりっく株365の連続注文は約定していない注文に対する決済注文を出すことはできません。
  • ※ 先行する連続注文を取り消した場合、後続の注文すべてが取り消されます(注文の失効も同様です)。
  • ※ 建玉整理には、手数料がかかりません。
  • ※ 通常、保有している買い建玉、売り建玉をそれぞれ成行注文等で決済しようとすれば価格変動がなくてもスプレッド分のマイナスが生じますが、建玉整理は、建玉同士を相殺することで決済をおこなうため、スプレッドによるマイナスが生じません。
  • ※ ストップロスとしての逆指値注文とは 決済価格は中間値となっております。

【ご注意事項】
「両建て」は経済的合理性を欠く恐れがあることから当社では推奨しておりませんので、お客様ご自身の判断でお取引を行ってください。

注文に関する注意事項

反対売買による決済の方法

注文の有効期限

DAY
注文を発注いただいた取引日の、取引終了まで有効となる注文です。
取引が終了するまでに注文が成立しない場合、自動的にその注文は取消されます。

WEEK
注文を発注いただいた週の最終営業日まで有効となる注文です。
取引が終了するまでに注文が成立しない場合、自動的にその注文は取消されます。

GTC(無期限)
無期限(GTC Good Till Cancel) その注文が取消されるまで有効となります。

プライスリミットについて

商品の費用・リスクについて
当社ホームページに記載の金融商品へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等をご負担いただく場合があります。また、各商品は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。
当社は各商品の有効証拠金比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、お取引には預託すべき証拠金以上の取引が可能なため急激な相場変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生する場合があります。なお、商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、当該商品等の「契約締結前交付書面」、「契約締結時交付書面」および「取引説明書」等をよくお読みいただき、それら内容をご理解の上、ご自身の判断と責任においてお取引を行ってください。

商号等/インヴァスト証券株式会社 証券コード8709 金融商品取引業者 登録番号/関東財務局長(金商)第26号
加入協会/ 一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会
当サイトは投資判断の参考となる情報の提供を目的としておりますが、投資の際の最終決定はご自身の責任と判断でなされるようお願いいたします。
当サイトは当社が信頼できると判断した情報をもとに作成しておりますが、その情報の正確性、完全性を保証するものではありません。

All Rights Reserved,Copyright(C)INVAST Securities Co.,Ltd.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる