Web取引ガイド

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
03-5219-6552

tel

03-5219-6552

2020年2月26日 2021年12月24日 投資

投資の勉強方法や内容は?初心者向けに徹底解説!

サービス提案画像

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら無料相談はこちら

投資の勉強をする5つの方法

投資に関する書籍を読む

投資の勉強を始めるにあたり、まずできることは投資に関する書籍を読むことです。投資に関する書籍はたくさん出版されています。そのような書籍を読むことで、投資に関する考え方やノウハウを学ぶことが可能です。
投資を始める前に書籍を読み、最低限の基礎知識を身につけましょう。最低限の正しい知識を身につけるだけでもほかの初心者の方とは差がつきます。
正しい投資を行うためには、正しい知識が必要といえます。なかでも、ベストセラーになっているような本や長く読み続けられているような本を選ぶとよいでしょう。書籍はのちのち振り返るのが容易な点でもおすすめです。

投資の勉強会で学ぶ

投資の勉強会に参加することもひとつの方法です。投資の勉強会やセミナーなどは各地で開催されています。 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
ひとりで書籍を読んで勉強しているだけでは、どうしても誤解が生まれたり知識の偏りができてしまったりするものです。勉強会に参加してプロの話を聞くことで、そのような偏りをなくしてより深く理解できるでしょう。
勉強会はさまざまな内容、レベルのものが開かれています。たとえ勉強会自体の質が高くても、自分の知識が追いついていないと効果も薄くなってしまいます。勉強会に参加するときは、自分のレベルに合っているか確認してから参加するとよいでしょう。

証券会社の学習ページを利用する

投資の初心者に必要な基礎的な情報は、インターネットのWebサイトでも集められます。特に証券会社の公式サイトでは初心者のために投資の基礎知識がまとめられていることも多く、場合によっては書籍を読むよりもわかりやすいこともあります。
こうした公式サイトは口座を開設しなくても無料で閲覧できることがほとんどです。どこの証券会社も顧客を増やすために、さまざまな有用な情報をサイトに載せています。初心者向けに詳しくまとめられたページがある証券会社も多いため、自分が読みやすく理解しやすい証券会社のページを参考に勉強することもひとつの方法です。
投資を始めるにあたり基本を知っているかどうかでも成果に大きな差が出ます。こうした無料サイトを使う方法は、手軽で便利な方法といえます。

ニュースやテレビから情報を得る

経済や投資に関する情報は、毎日のようにテレビなどでニュースとして流れています。今日の株式市場の状況であったり為替の値動きであったり、そのようなニュースを目にすることも多いでしょう。
新聞の経済記事を読むことでも、情報収集ができます。新聞には株価などの金融関連の記事がたくさん掲載されています。初心者が必要な情報だけを選び出すことは難しいかもしれませんが、こうしたニュースをさらうことでも、経済の情勢や投資の情報に詳しくなれるでしょう。
今までは気にせずに聞き流していたニュースであっても、投資を始める意識をもって見聞きするだけで、さまざまな情報を得られます。初めはよくわからなくても、継続してニュースを読み続けることで得られる知識は多くなるでしょう。

実際に経験して学ぶ

投資で重要なことは知識を学ぶことだけではありません。実際にその知識をもとに経験することで、学べることも多くあります。
たとえば株式投資を始めたとしても、最初のうちはうまく儲けが出ないこともあるでしょう。書籍などで学んだ知識だけでは、実際の取引ではうまくいかないことも多くあります。
ある会社の株式を購入したら株価が下がってしまったという経験を得ることで、なぜ株価が下がったのかまたは株価が下がる予兆はあったのかなど、実践的に学べます。
投資は成功したり失敗したりを繰り返すものです。実際に成功した経験や失敗した経験を積むことで、なぜうまくいったのか、またはなぜうまくいかなかったのかということを学べます。こうした繰り返しを続けていくことで、投資に関する知識が身についていくでしょう。

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら無料相談はこちら

投資のノウハウを身につけるための勉強内容

市場の仕組みを学ぶ

株式やFX、仮想通貨などの投資を始めるときは、まずは市場の仕組みを理解する必要があります。
たとえば株式市場とは、売り手と買い手とが特定の商品である「株式」を取引する場所のことです。金融の世界には、特定の商品を取引する市場に名前がつけられています。株式市場のほかにも、債券市場や為替市場といった市場があります。
株式や債権のように取引する市場があるものは、まず市場の仕組みを理解することが重要です。市場でどのように取引が行われ、取引の結果どのように利益が得られるのかを知ることが大切です。

取引方法や利用方法を学ぶ

市場での売買は、一定のルールにもとづいて行われています。そのため株式などを取引するには市場での取引方法や手順を理解することが必要です。
株式以外にもFXや仮想通貨、債権や為替など市場のあるものについては、その市場の取引方法を学ばなければなりません。取引はそれぞれのルールに則って行われているからです。
また、外貨預金や投資信託を始める場合も、その利用の仕方を学ぶ必要があります。どこで扱われていてどのように売買できるのか、仕組みを理解していなければ取引ができません。

専門用語について学ぶ

投資を始めるのであれば、最低限知っておかなければならない専門用語を覚えておく必要があります。 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
たとえばニュースで株価が「ストップ安」だといわれても、初めて聞くのでは何を意味しているのか分かりません。用語が分からなければそれが投資をするべきタイミングなのか、避けるタイミングなのかも判断できないでしょう。
初めて聞く用語があった場合は、用語集やインターネットなどで調べて少しずつ覚えていくようにしましょう。

ツールの使い方を学ぶ

投資のポイントを学ぶ

投資に役立つ資格取得のための勉強をする

資産運用・相続対策ウェブセミナー申込はこちら無料相談はこちら

投資の勉強に役立つおすすめの資格5選

ファイナンシャルプランナー

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • リスク管理
  • 不動産
  • 相続・事業承継

DCプランナー

DCプランナーのDCとは、Defined Contribution(確定拠出年金)のことです。DCを中心に年金制度全般にわたる専門的な知識に加え、投資やライフプランに関する知識まで得なければとれない資格がDCプランナーです。
試験は1級と2級にわかれ、2級はどのような方でも受験できます。1級または2級認定試験合格者で所定の登録手続きを行った方を、「DCプランナー(企業年金総合プランナー)」として認定しています。
DCプランナーは銀行員や証券会社の社員が取ることも多い資格です。ファイナンシャルプランナーの上位資格として取る方もいます。投資と関連性のある年金制度に強いDCプランナーの勉強をすることで、投資を始めるための基礎的な知識を学べるでしょう。

日商簿記は一般的に経理や財務を担当する際に必要な資格であると認識している方もいるかもしれませんが、実際はビジネスで求められる基礎的な知識を身につけられる資格です。
投資においても日商簿記の知識は役に立ちます。財務諸表の知識があるということは、投資先の会社の経営成績や財政状態がわかるようになるということです。
日商簿記検定を勉強すると貸借対照表や損益計算書など企業の決算書が読めるようになるため、株式投資に役立ちます。企業の業績がよいのか悪いのか、過去の決算書から来期はどのようになるのかなどを予測できるようになるため、株式投資の勝率を上げられるでしょう。

FXとはなにか?利益や損失が出る仕組みをわかりやすく解説

京都大学公共政策大学院 修士課程修了。トレーダーとして法人の資産運用を担う。その後、フィスコのアナリスト、FUNDINNOで日本初のECFアナリストとして政策提言に関わる。フジテレビ、日経CNBC、プレジデント、ダイヤモンド、Forbes JAPAN、SPA!などで活動。
■フジテレビLiveNEWSαレギュラー出演
■Yahoo!公式コメンテーター
■書籍『5万円からでも始められる! 黒字転換2倍株で勝つ投資術』
Twitter : https://twitter.com/marikomabuchi
オフィシャルサイト:https://mabuchimariko.jp/

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。
Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

FXとは何か?その仕組みを簡単に解説

FXとはForeign Exchangeの略称であり、日本語で外国為替証拠金取引を指している。 資金を証拠金=担保としてFX会社に預け、それを元に2ヵ国の通貨を交換して取引をおこなう。

このように証拠金を元に取引をするため、いきなりドルを売って円を買うこともできる。

24時間取引が可能

そのため、為替市場は一日のうち、ほとんどの時間取引が可能となっている。

また、通貨は採用している国(ドルであれば米国など)が日中である時間帯は値動きも活発になることから、時間帯によって臨機応変に取引通貨を切り替えられることも大きな利点の一つである。 ちなみに○○市場というのはその時間帯に取引量が多い場所を表している。そのため、各市場の取引時間は明確に決まっているわけではない。

基本的な取引手数料が無料

ただし、一定期間以上取引をしない場合は口座維持手数料がかかるFX会社もある。

FXではどのように利益や損失が出るのか

  • 為替差損益
  • スワップポイント

為替差損益

為替差損益(かわせさそんえき)とは、異なる通貨同士の価格変動によって生まれる利益、あるいは損失のこと。

FXは実際に通貨を保有しているわけではないため、トレーダーの注文に基づいてFX会社が「通貨を持っている」と仮定して取引し、為替差損益で生じた分だけを実資金に反映させる「差金決済」という仕組みを採用している。

スワップポイント

FX特有のスワップポイントとは、二ヵ国間の通貨にそれぞれ定められた金利の差額を調整するための仕組み。

一方、逆のケースではFX会社から差額分が徴収されることになるため、長期保有する場合は事前にどの程度の金利差が発生するかを確認しておこう。

  • トルコリラ
  • メキシコペソ
  • 南アフリカランド

FXで大きな特徴のレバレッジとは?

レバレッジとは証拠金として預けている金額の何倍もの金額をトレードすることができる仕組み。 外貨預金のような現物売買の場合、10万円の日本円を保有しているとすると、10万円分の外貨を購入することしかできない。

レバレッジのメリットと注意点

  • 1ドル:100円のタイミングで1,000ドル(10万円)を購入
  • 1ドル:101円に上昇→1000円の利益
  • 1ドル:99円に下落→1000円の損失
  • 1ドル:100円のタイミングで25,000ドル(250万円)を購入
  • 1ドル:取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 101円に上昇→25,000円の利益
  • 1ドル:99円に下落→25,000円の損失

レバレッジをかければ得られる利益が大きくなるが、同じだけリスクも拡大する点は注意が必要だ。

レバレッジから見た証拠金の計算方法

  • 取引通貨量÷レバレッジ×為替レート=必要証拠金

たとえば1ドル100円と仮定し、レバレッジを5倍にして1,000ドル(10万円)購入する場合に必要な証拠金は 1,000ドル÷5×100=20,000円となる。

FXを始める際に知っておきたい用語

スプレッド

  • 買値と売値の価格差
  • 実質的な手数料といえる

スプレッドはFX会社によって設定幅が異なるため、とくに短期で何度も取引を繰り返す場合は可能な限り狭いところを選ぶとよいだろう。

暗号資産(仮想通貨)を始める前に知っておくべきレバレッジ取引のデメリット

暗号資産レバレッジ

証拠金維持率の計算式


<計算式>

証拠金維持率(%)= 有効証拠金(純資産)÷ 設定中レバレッジコースの必要証拠金 × 100

よって証拠金維持率を計算すると有効証拠金300(万円) ÷必要証拠金100(万円) × 100 = 300(%)になります。

レバレッジ取引と現物取引の違い

レバレッジ取引と現物取引の違い

レバレッジ取引と先物取引・信用取引・暗号資産FXは同じ

レバレッジ取引と信用取引と先物取引と暗号資産FXの違い


先物取引、信用取引、暗号資産FXはどれもレバレッジ取引が可能です。元手よりも大きな金額で取引ができるところが共通点でしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる