FXトレード

バイナリ とは

バイナリ とは
比較する 2 つのファイルを選択したら、リボンにある 開始/再比較 ボタンをクリックするか、またはファイル名入力フィールドのいずれかにフォーカスがあるときに Enter キーを押して、比較を実行します。

バイナリデータの送信と受信

XMLHttpRequest オブジェクトの responseType プロパティで、サーバーに期待する応答の種類を変更することができます。設定可能な値は空文字列 (既定), "arraybuffer" , "blob" , "document" , "json" , "text" です。 response プロパティにはエンティティの本体が responseType に応じて ArrayBuffer , Blob , Document , JSON または文字列で格納されます。要求が不完全であったり成功しなかった場合は null になります。

上記の方法の代わりに Blob インタフェースを利用して arraybuffer データから直接 Blob を構築します。

古いブラウザーでのバイナリデータの受信

下に示す load_binary_resource() 関数は、指定した URL からロードしたバイナリデータを関数の呼び元に返します。

マジックは5行目で、 MIME タイプを上書きしてブラウザーに強制的に、ユーザー定義の文字セットを使用したプレインテキストとして扱わせます。これにより、ブラウザーはこれを解釈せず、未処理のままバイト列を通します。

上記のサンプルでは、ロードしたバイナリデータ内のオフセット x のバイトを取得します。 x の有効範囲は 0 から filestream.length-1 バイナリ とは バイナリ とは です。

バイナリデータの送信

XMLHttpRequest の send メソッドが拡張され、 ArrayBuffer , Blob , または File オブジェクトを受け付ける事でバイナリデータの送信が容易になりました.

続くサンプルはその場で作ったテキストファイルを POST メソッドで "file" をサーバーに送信します。このサンプルはプレインテキストを使っていますが、代わりにデータがバイナリファイルだとイメージする事も出来ます。

バイナリデータとして型付き配列を送信

同等にバイナリデータとして JavaScript の型付き配列を送信することもできます。

これは 8ビット整数の 512 バイトの配列を構築して送信します。勿論、好きな任意のバイナリデータで使えます。

メモ: XMLHttpRequest を使った ArrayBuffer オブジェクトの送信サポートは Gecko 9.0 (Firefox 9.0 / Thunderbird 9.0 / SeaMonkey 2.6)で追加されました。他のブラウザーのサポート情報をここに追記して下さい。

フォーム送信とファイルアップロード

Firefox 独自のサンプル

このサンプルでは非同期にバイナリコンテンツを送信するのに POST メソッドと Firefox にある非標準の sendAsBinary() を使います。

4行目で Content-Length ヘッダに 741 をセットするのは、データが 741 バイト長である事を示します。送信データの実際のサイズに応じてこの値を変更する必要があります。

5行目では sendAsBinary() メソッドを使ってリクエストをはじめます。

メモ: この sendAsBinary メソッドは標準外であり、 Gecko 31 (Firefox 31 / Thunderbird 31 / SeaMonkey 2.28) で非推奨扱いになって、まもなく削除されるでしょう。上で説明したように、標準の send(Blob data) メソッドを使用することができます。

また、 バイナリ とは nsIFileInputStream のインスタンスの send() を通す事でバイナリコンテンツを送信できます。この場合は、あなた自身が Content-Length ヘッダセットしてはならず、この情報はストリームから自動的に取得されます。

バイナリ とは

バイナリログには、テーブル作成操作やテーブルデータへの変更などのデータベース変更を記述する 「 イベント 」 が格納されます。 また、行ベースのロギングが使用される場合を除き、(バイナリ とは バイナリ とは 一致する行のない DELETE などの) 潜在的に変更を行おうとしたステートメントについてのイベントも格納されます。 バイナリログには、データを更新した各ステートメントに要した時間に関する情報も格納されます。 バイナリログには 2 つの重要な目的があります。

レプリケーションの場合、レプリケーションソースサーバー上のバイナリログは、レプリカに送信されるデータ変更のレコードを提供します。 ソースは、バイナリログに含まれている情報をレプリカに送信します。このレプリカは、それらのトランザクションを再現して、ソースで行われたものと同じデータ変更を行います。 セクション17.2「レプリケーションの実装」を参照してください。

ある特定のデータリカバリ操作には、バイナリログの使用が必要です。 バックアップがリストアされたあと、バックアップが実行されたあとに記録されたバイナリログ内のイベントが再実行されます。 これらのイベントは、データベースをバックアップのポイントから最新の状態に持って行きます。 セクション7.5「Point-in-Time (増分) リカバリ」を参照してください。

バイナリログは、データを変更しない SELECT や SHOW などのステートメントでは使用されません。 (問題となるクエリーを特定するなどのために) すべてのステートメントをログに記録するには、一般クエリーログを使用します。 セクション5.バイナリ とは 4.3「一般クエリーログ」を参照してください。

MySQL 8.0.14 からは、バイナリログファイルとリレーログファイルを暗号化できるため、これらのファイルとそれらに含まれる潜在的機密データを、外部の攻撃者による誤用から保護したり、格納されているオペレーティングシステムのユーザーによる不正な表示から保護したりできます。 MySQL サーバーで暗号化を有効にするには、 binlog_encryption システム変数を ON に設定します。 詳細は、セクション17.バイナリ とは 3.2「バイナリログファイルとリレーログファイルの暗号化」を参照してください。

バイナリロギングはデフォルトで有効になっています ( log_bin システム変数は ON に設定されています)。 ただし、バイナリロギングがデフォルトで無効になっているが、 --log-bin オプションを指定して有効にできる場合は、 mysqld を使用して、 --initialize または --initialize-insecure オプションを指定してデータディレクトリを手動で呼び出してデータディレクトリを初期化することは例外です。

バイナリロギングを無効にするには、起動時に --skip-log-bin または --disable-log-bin オプションを指定できます。 これらのオプションのいずれかが指定され、 --log-bin も指定されている場合は、後で指定するオプションが優先されます。

--log-slave-updates および バイナリ とは --slave-preserve-commit-order オプションにはバイナリロギングが必要です。 バイナリロギングを無効にする場合は、これらのオプションを省略するか、 --log-slave-updates=OFF および --skip-slave-preserve-commit-order を指定します。 --skip-log-bin または --disable-log-bin が指定されている場合、MySQL はこれらのオプションをデフォルトで無効にします。 --log-slave-updates バイナリ とは または --slave-preserve-commit-order を --skip-log-bin または --disable-log-bin とともに指定すると、警告またはエラーメッセージが発行されます。

バイナリログファイルのベース名を指定するには、 --log-bin[= base_name ] オプションを使用します。 --log-bin オプションを指定しない場合、MySQL はバイナリログファイルのデフォルトのベース名として binlog を使用します。 以前のリリースとの互換性のために、文字列なしまたは空の文字列を指定して --log-bin オプションを指定した場合、ベース名はホストマシンの名前を使用して host_name -bin にデフォルト設定されます。 ホスト名が変更された場合でも、同じバイナリログファイル名を簡単に使用できるように、ベース名を指定することをお勧めします (セクションB.バイナリ とは バイナリ とは 3.7「MySQL の既知の問題」 を参照)。 ログ名に拡張子を指定した場合 ( --log-bin= base_name.extension など)、拡張子は暗黙的に削除されて無視されます。

mysqld は、バイナリログベース名に数値拡張子を付加してバイナリログファイル名を生成します。 数値はサーバーが新しいログファイルを作成するたびに増加し、順序付きの一連のファイルが作成されます。 サーバーは、次のいずれかのイベントが発生するたびにシリーズに新しいファイルを作成します:

現在のログファイルのサイズが max_binlog_size に達しました。

大きなトランザクションを使用する場合、トランザクションがひとまとまりでファイルに書き込まれて、複数のファイルに分割されないため、バイナリログファイルが max_binlog_size を超えることがあります。

使用されたバイナリログファイルを追跡するために、 mysqld はバイナリログファイルの名前を含むバイナリログインデックスファイルも作成します。 デフォルトでは、これはバイナリログファイルと同じベース名を持ち、拡張子は '.index' です。 バイナリログインデックスファイルの名前は、 バイナリ とは --log-bin-index[= file_name ] オプションを使用して変更できます。 mysqld の動作中にこのファイルを手動で変更しないでください。変更すると、 mysqld を混乱させることになります。

「 バイナリログファイル 」 という用語は一般的に、データベースイベントを格納する、番号付けされた個々のファイルを指します。 「 バイナリ とは バイナリログ 」 という用語は、番号付けされたバイナリログファイルとインデックスファイルのセットをひとまとめにしたものを指します。

バイナリログファイルとバイナリログインデックスファイルのデフォルトの場所は、データディレクトリです。 ベース名に先頭の絶対パス名を追加して別のディレクトリを指定することで、 --log-bin オプションを使用して別の場所を指定できます。 サーバーは、使用されたバイナリログファイルを追跡するバイナリログインデックスファイルからエントリを読み取るときに、エントリに相対パスが含まれているかどうかを確認します。 その場合、パスの相対部分は、 --log-bin オプションを使用して設定された絶対パスに置き換えられます。 バイナリログインデックスファイルに記録された絶対パスは変更されません。このような場合は、新しいパスを使用できるようにインデックスファイルを手動で編集する必要があります。 バイナリログファイルのベース名と指定されたパスは、 バイナリ とは log_bin_basename システム変数として使用できます。

MySQL 5.7 では、バイナリロギングが有効になっているときにサーバー ID を指定する必要がありました。そうしないと、サーバーが起動しません。 MySQL 8.0 では、 server_id システム変数はデフォルトで バイナリ とは 1 に設定されています。 バイナリロギングが有効になっている場合、このデフォルト ID でサーバーを起動できますが、 server_id システム変数を使用してサーバー ID を明示的に指定しないと、情報メッセージが発行されます。 レプリケーショントポロジで使用されるサーバーの場合、サーバーごとにゼロ以外の一意のサーバー ID を指定する必要があります。

制限付きセッションシステム変数を設定するのに十分な権限を持つクライアント (バイナリ とは セクション5.1.9.1「システム変数権限」 を参照) は、 SET sql_log_bin=OFF ステートメントを使用して独自のステートメントのバイナリロギングを無効にできます。

デフォルトでは、サーバーはイベント自体だけでなくイベントの長さもログに記録し、イベントが正しく書き込まれたことを検証するためにこれを使用します。 また、 binlog_checksum システム変数を設定することによって、サーバーがイベントのチェックサムを書き込むようにすることもできます。 バイナリログから読み取る場合、ソースはデフォルトでイベント長を使用しますが、使用可能な場合は、 master_verify_checksum システム変数を有効にすることによってチェックサムを使用するようにできます。 レプリカ上のレプリケーション I/O スレッドは、ソースから受信したイベントも検証します。 slave_sql_verify_checksum システム変数を有効にすることで、レプリケーション SQL スレッドがリレーログから読み取るときにチェックサムを使用できるようにすることができます。

バイナリログに記録されるイベントの形式は、バイナリロギング形式に依存します。 3 つの形式タイプがサポートされています: 行ベースロギング、ステートメントベースロギングおよび混合ベースロギング。 バイナリ とは 使用されるバイナリロギング形式は、MySQL のバージョンに依存します。 ロギング形式の一般的な説明については、セクション5.4.4.1「バイナリロギング形式」を参照してください。 バイナリログの形式についての詳細な説明は、「MySQL Internals: The Binary Log」を参照してください。

サーバーは、 --binlog-do-db および --binlog-ignore-db オプションを評価する際、それが --replicate-do-db および --replicate-ignore-db オプションを評価する場合と同じ方法で行います。 これを行う方法については、セクション17.2.5.1「データベースレベルレプリケーションオプションおよびバイナリロギングオプションの評価」を参照してください。

レプリカは、デフォルトで有効になっている log_slave_updates システム変数を使用して起動されます。つまり、レプリカは、ソースから受信したデータ変更を自身のバイナリログに書き込みます。 この設定が機能するには、バイナリログが有効になっている必要があります (セクション17.1.6.3「Replica Server のオプションと変数」 を参照)。 この設定により、レプリカを他のレプリカのソースとして機能させることができます。

RESET MASTER ステートメントですべてのバイナリログファイルを削除したり、 PURGE BINARY LOGS でそのサブセットを削除したりすることができます。 セクション13.7.8.6「RESET ステートメント」およびセクション13.4.1.1「PURGE BINARY LOGS ステートメント」を参照してください。

レプリケーションを使用している場合は、レプリカがまだそれらを使用する必要がないことを確認するまで、ソース上の古いバイナリログファイルを削除しないでください。 たとえば、レプリカが 3 日を超えて実行されることがない場合、1 日に mysqladmin flush-logs をソースで実行してから、3 日以上経過したログを削除できます。 ファイルを手動で削除することができますが、 PURGE BINARY LOGS を使用することが推奨され、この操作によってバイナリログインデックスファイルも安全に更新されます (さらに日付引数を使用できます)。 セクション13.4.1.1「PURGE BINARY LOGS バイナリ とは バイナリ とは ステートメント」を参照してください。

mysqlbinlog ユーティリティーを使用して、バイナリログファイルの内容を表示できます。 これはリカバリ操作のためにログ内のステートメントを再処理するときに役立ちます。 たとえば、次のようにしてバイナリログから MySQL Server を更新できます。

mysqlbinlog は、バイナリログファイルと同じ形式で書き込まれるため、レプリカ上のリレーログファイルの内容を表示するためにも使用できます。 mysqlbinlog ユーティリティーとその使用方法についての詳細は、セクション4.6.8「mysqlbinlog — バイナリログファイルを処理するためのユーティリティー」を参照してください。 バイナリログおよびリカバリ操作の詳細については、セクション7.5「Point-in-Time (増分) リカバリ」を参照してください。

コミットなしのトランザクション内では、 InnoDB テーブルなどのトランザクションテーブルを変更するすべての更新 ( UPDATE 、 DELETE 、 INSERT ) は、サーバーによって COMMIT ステートメントが受け取られるまでキャッシュされます。 その時点で、 COMMIT が実行される前に mysqld はトランザクション全体をバイナリログに書き込みます。

非トランザクションテーブルへの変更はロールバックできません。 ロールバックされるトランザクションに非トランザクションテーブルへの変更が含まれている場合は、非トランザクションテーブルへの変更が確実にレプリケーションされるようにするために、最後に ROLLBACK ステートメントを使用してトランザクション全体がログに記録されます。

トランザクションを処理するスレッドが開始すると、スレッドは binlog_cache_size のバッファーをバッファーステートメントに割り当てます。 ステートメントがこれより大きい場合、スレッドはトランザクションを格納する一時ファイルを開きます。 スレッドが終了すると、一時ファイルは削除されます。 MySQL 8.0.17 から、バイナリログの暗号化がサーバー上でアクティブな場合、一時ファイルは暗号化されます。

Binlog_cache_use ステータス変数は、ステートメントを格納するために、このバッファー (および場合によっては一時ファイル) を使用したトランザクションの数を表示します。 Binlog_cache_disk_use ステータス変数は、それらのトランザクションのうち、実際に一時ファイルを使用する必要があったものの数を表示します。 バイナリ とは これらの 2 つの変数は、一時ファイルの使用を避けるために十分な値になるよう binlog_cache_size を調整するために使用することができます。

max_binlog_cache_size システム変数 (デフォルトは最大値の 4G バイト) を使用して、複数ステートメントのトランザクションをキャッシュするために使用する合計サイズを制限することができます。 トランザクションがこのバイト数より大きくなると、失敗してロールバックします。 最小値は バイナリ とは 4096 です。

バイナリログおよび行ベースのロギングを使用している場合、並列挿入は CREATE . SELECT または INSERT . SELECT ステートメントの一般的な挿入に変換されます。 これは、バックアップ操作中にログを適用することでテーブルの正確なコピーを確実に再作成できるようにするために行われます。 ステートメントベースのロギングを使用している場合、元のステートメントがログに書き込まれます。

MySQL 8.0 のバイナリログ形式は、レプリケーションの機能拡張により以前のバージョンの MySQL とは異なることに注意してください。 セクション17.5.2「MySQL バージョン間のレプリケーション互換性」を参照してください。

サーバーがバイナリログへの書き込み、バイナリログファイルのフラッシュ、またはバイナリログのディスクへの同期を実行できない場合、レプリケーションソースサーバー上のバイナリログに一貫性がなくなる可能性があり、レプリカはソースとの同期を失う可能性があります。 binlog_error_action システム変数は、バイナリログでこのタイプのエラーが発生した場合に実行されるアクションを制御します。

デフォルト設定の ABORT_SERVER では、サーバーはバイナリロギングを停止してシャットダウンします。 この時点で、エラーの原因を特定して修正できます。 再起動時に、予期しないサーバーが停止した場合と同様にリカバリが続行されます (セクション17.4.2「レプリカの予期しない停止の処理」 を参照)。

IGNORE_ERROR の設定では、古いバージョンの MySQL との下位互換性が提供されます。 この設定では、サーバーは進行中のトランザクションを続行し、エラーをログに記録してからバイナリロギングを停止しますが、更新の実行は続行します。 この時点で、エラーの原因を特定して修正できます。 バイナリロギングを再開するには、 log_bin バイナリ とは バイナリ とは を再度有効にする必要があります。これにはサーバーの再起動が必要です。 このオプションは、下位互換性が必要で、バイナリログがこの MySQL サーバーインスタンスで必須でない場合にのみ使用します。 たとえば、サーバーの断続的な監査またはデバッグにのみバイナリログを使用し、サーバーからのレプリケーションやポイントインタイムリストア操作にはバイナリログを使用しないことがあります。

デフォルトでは、バイナリログは各書き込み ( sync_binlog=1 ) でディスクに同期されます。 sync_binlog が有効になっておらず、(MySQL サーバーだけでなく) オペレーティングシステムまたはマシンがクラッシュした場合は、バイナリログの最後のステートメントが失われる可能性があります。 バイナリ とは これを回避するには、 sync_binlog システム変数を有効にして、すべての N コミットグループの後にバイナリログをディスクに同期します。 セクション5.1.8「サーバーシステム変数」を参照してください。 sync_binlog の最も安全な値は 1 (デフォルト) バイナリ とは ですが、これも最も遅くなります。

以前の MySQL リリースでは、 sync_binlog が 1 に設定されていても、クラッシュが発生した場合、テーブルの内容とバイナリログの内容の間に不整合が発生する可能性がありました。 たとえば、 InnoDB テーブルを使用していて、MySQL サーバーが COMMIT ステートメントを処理する場合、多くの準備済みトランザクションをバイナリログに順番に書き込み、バイナリログを同期してから、トランザクションを InnoDB にコミットします。 これらの操作の間にサーバーが予期せず終了した場合、トランザクションは再起動時に InnoDB によってロールバックされますが、バイナリログにはまだ存在します。 このような問題は、XA トランザクションでの双方向コミットの InnoDB サポートを有効にすることで、以前のリリースで解決されました。 8.0.0 以上では、XA トランザクションでの 2 フェーズコミットの InnoDB サポートは常に有効です。

XA トランザクションでの双方向コミットの InnoDB サポートにより、バイナリログファイルと InnoDB データファイルが確実に同期化されます。 ただし、トランザクションをコミットする前にバイナリログと InnoDB ログをディスクに同期するように MySQL サーバーを構成する必要もあります。 InnoDB ログはデフォルトで同期化され、 sync_binlog=1 によってバイナリログが確実に同期化されます。 XA トランザクションおよび sync_binlog=1 での双方向コミットに対する暗黙的な InnoDB バイナリ とは バイナリ とは サポートの効果は、クラッシュ後の再起動時に、トランザクションのロールバックを実行した後、MySQL サーバーが最新のバイナリログファイルをスキャンしてトランザクション xid 値を収集し、バイナリログファイル内の最後の有効な位置を計算することです。 次に、MySQL サーバーは、バイナリログに正常に書き込まれた準備済みトランザクションを完了し、バイナリログを最後の有効な位置に切り捨てるように InnoDB に指示します。 これにより、バイナリログに InnoDB テーブルの正確なデータが反映されるため、レプリカはロールバックされたステートメントを受信しないため、ソースとの同期が維持されます。

バイナリログが、必要な長さよりも短いということを、MySQL Server がクラッシュリカバリ中に検出した場合、正常にコミットされた InnoDB トランザクションが、少なくとも 1 つバイナリログから欠落していることを示しています。 これは sync_binlog=1 の場合は発生するはずがなく、ディスクまたはファイルシステムは、リクエストされた場合は (されない場合もあります) 実際の同期を実行するため、サーバーは 「The binary log file_name is shorter than its expected size」 というエラーメッセージを出力します。 この場合、このバイナリログは正しくなく、レプリケーションはソースデータの新しいスナップショットから再開する必要があります。

sql_mode ( NO_DIR_IN_CREATE モードがレプリケーションされない場合を除きます。セクション17.5.バイナリ とは バイナリ とは 1.39「レプリケーションと変数」を参照してください)

binary マイ単語帳に追加

a system of two stars that revolve around each other under their mutual gravitation.

a pre-compiled, pre-linked program that is ready バイナリ とは to run under a given operating system; a binary for one operating system will not run on a different operating system.

  • the same source code can be compiled to produce different binaries for different operating systems
  • 同じソースコードは、異なるオペレーティングシステム用の異なるバイナリを生じるためにコンパイルされる

of or pertaining to a number system have 2 as its base.

consisting of two (units or components or elements or terms).

  • a binary star is a system in which two stars revolve around each other
  • 連星は、2つの星がお互いに周りを回転する仕組みである
  • a binary compound
  • 二元化合物
  • the binary number system has two as バイナリ とは its base
  • 2進法の基数は2つある

日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License

バイナリ ファイルの比較

新規バイナリ比較ウィンドウ

参照 ボタンをクリックするとファイルの参照ウィンドウが開き、 履歴リストの表示 ボタンをクリックすると過去に比較したファイルのリストが表示されます。このファイル リスト内のエントリ行をダブルクリックすると、対応する各ファイルを読み込んで比較を行います。 Ctrl バイナリ とは キーを押したまま、ファイル リスト内のファイル エントリをダブルクリックした場合は、そのファイルのみが単独で読み込まれます。

SCM システム リポジトリで、入力フィールドで示されるファイルの別バージョンがあり、それが比較に利用可能な場合、 バージョン ボタンはこれらの他のバージョンのリストを表示します。このボタンが有効でない場合は、アプリケーションおよび資格情報オプション ページで関連するオプションを確認してください。

比較する 2 つのファイルを選択したら、リボンにある 開始/再比較 ボタンをクリックするか、またはファイル名入力フィールドのいずれかにフォーカスがあるときに Enter キーを押して、比較を実行します。

また、対象のファイルを Windows エクスプローラーからファイル名入力フィールドまたはファイル ペインまでドラッグ アンド ドロップすることもできます。

バイナリ比較の表示

Merge のインストール ディレクトリには、2 つのサンプル ファイル( test1.バイナリ とは txt および test2.txt )が用意されています。下図は、これら 2 つのファイルのバイナリ比較結果の画面です。

test1.txt と test2.txt の比較結果

2 つのファイル間の変更箇所が、指定の色とリンク線(淡色)を使って強調表示されています。リンク線で変更箇所を結び付けることによって、両ファイルがどのように関連しているかを示しています。変更箇所にマウス ポインターを置くと、その変更箇所とリンク線が強調表示されます。同様に、ファイル ペインがフォーカスされ、そのペインにあるテキスト カーソルが変更箇所内に置かれると、その変更箇所が強調表示されます。

Merge のメイン ウィンドウ下部のステータス バイナリ とは バーに、比較している両ファイルの変更箇所の数が表示されます。最後にフォーカスがあるファイル ペイン内のテキスト カーソルのバイト オフセットも表示されます。

レイアウトの制御

リボンの 2 者間比較(上下) ボタンまたは 2 者間比較(左右) ボタン(または F11 キーおよび F12 キー)を使用すると、ファイル比較ウィンドウの内のファイルのレイアウトを変更して、比較ファイルが上下または左右(デフォルト)に表示されるようにすることができます。

Merge には、ファイルの比較および表示方法をカスタマイズするためのオプションが数多く用意されています。また、最良の結果を出すために Merge のカスタマイズを行うためのヘルプ トピックも用意されているので活用してください。

3 者間ファイル比較

2 者間ファイル比較に加え、Merge Professional Edition では 3 ファイルの比較(および、テキスト ファイルの場合はマージも)が行えます。詳細については、3 者間ファイル比較およびマージを参照してください。Professional Edition はテキスト ファイルの自動マージもサポートしています。

バイナリ比較コントロール

このコントロールはファイル ペインに表示されるデータ要素の列数を指定します。値 0 または 自動 を指定すると、表示可能な最大数の列が表示されます。

このドロップダウン リストの値を使用して、比較で表示するデータの表示スタイルを選択します。データは 16 進、10 進(big または little endian)あるいは浮動小数点数値として表示できます。一部の表示値は、 形式 ドロップダウンからの特定の選択に対してのみ適切です(たとえば、 浮動小数点 を表示させる場合、 2 バイト整数 は不適切です)。比較表示に NaN (not a number)と表示される場合は、比較形式が 表示形式 での選択と合っていません。

このドロップダウン リストは比較されたファイルのデータ要素の大きさと型を選択するために使用します。データ形式として 1、2、4、および 8 バイト整数と、32 ビットまたは 64 バイナリ とは ビット浮動小数点数値を選択できます。デフォルトの要素サイズは 1 バイトです。 適用 ボタンをクリックして、このコントロールへの変更を適用します。

検索サイズ

この値は、比較ファイル間の最小限の変更セットを見つけるために Merge が実行する処理量を決定します。この影響はサイズの大きなファイルではより大きくなります。小さい値を指定すると、一般的に正確性を犠牲にして迅速な比較となり、大きい値を指定すると、より正確ですが遅い比較となります。

一方のファイルでスクロール バーを使ってファイルをスクロールするともう一方のファイルもスクロールされるので、比較する両方のファイルは常に中央で揃えて表示されます。中央のポイント マーカー(リンク線パネルの中央にあるインデントされた線)は、整列している両ファイルで Merge が関連付けようとしているポイントを示します。 Ctrl キーを押しながらスクロールすれば、ファイルを揃えて表示する機能を一時的に解除することができます。 Ctrl キーを離せば、ファイルは元のように揃えて表示されます。

スクロール バーの下部の小さなボタン 前の変更箇所 および 次の変更箇所 ボタンを使用して、中央のポイント マーカーに対して前の変更箇所または次の変更箇所に移動することができます。

左右のペインの垂直スクロールバー内に薄型の概要ストリップがあります。これらのストリップは、比較しているファイル内の変更の位置を示すマークを含んでいます。ストリップ上のマークを Shift キーを押しながらクリックすれば、変更箇所へ迅速にアクセスすることができます。

ファイル内をクリックしてキーボード フォーカスを移してから、カーソル バイナリ とは キーを使って移動することができます。また、下記のショートカット キーを使用することもできます。

  • Ctrl + Page Up (または F7 )で、編集カーソルが前の変更箇所へ移動し、その変更を強調表示します。
  • Ctrl + Page Down (または F8 )で、編集カーソルが次の変更箇所へ移動し、その変更を強調表示します。
  • Ctrl + Home および Ctrl + End で、編集カーソルがファイルの先頭または最後に移動します。
  • Ctrl + G では、指定のバイト オフセットへ移動するためのウィンドウが表示されます。

マウスによる移動

Merge はホイール付きマウスをサポートしています。3 ボタンのマウスを使用している場合、ファイル ペインを中央ボタンでクリックすると移動モードになります。マウスを移動した方向にファイルがスクロールします。移動を停止するには、もう 1 度マウスの中央ボタンをクリックします。ホイール付きマウスを使用している場合、選択しているファイル内での上下スクロールに使用することができます。[フォワード]/[バックワード]ボタンがあるマウスまたはキーボードの場合は、これらのボタンを使って前の変更箇所や次の変更箇所へ移動することができます。

ブックマークおよびコメント

ファイルの比較や編集を行っている際にブックマークを設定しておいて、後でその場所に戻ることができます。 Ctrl + F2 キーを押すか、リボンの ブックマークの切り替え をクリックすると、現在行のブックマークのオン/オフを切り替えることができます。ブックマーク間を移動するには、 F2 または Shift + F2 キーを押すか、リボンの 次のブックマーク ボタンまたは 前のブックマーク ボタンを使用します。

ブックマークにコメントを追加することができ、重要な情報の注釈を付けたり、質問を記録することができます。ブックマークのコメントを編集するには、ブックマークを右クリックして コメントの編集 を選択します。ブックマーク コメントは、マウス ポインターをブックマーク上に置くとツール ヒントとして表示されます。

JFrog、バイナリとソースコードにおける Log4jの利用状況を把握するためのOSSツールをリリース

東京発(2021年12月17日)― 水が流れるようにソフトウェアを継続的にアップデートするLiquid Software(リキッド・ソフトウェア)というビジョンを掲げ、それに基づくJFrog DevOps Platform を提供するJFrog Japan 株式会社(本社:東京都港区、ジャパン・ジェネラル・マネージャー:田中克典)の親会社であるJFrog Ltd.(以下JFrog)(NASDAQ:FROG)は、 現地時間(カリフォルニア州サニーベール)12月16日に、ソースコードとバイナリにおいて、Apache Log4jの存在と利用を検出する開発者向けに特別設計された無料のスキャンツールをリリースしました。新しい4つのツールは、JavaとPythonで、GitHubからダウンロードできます。

新しいツールは、直接または間接的な依存関係のみならず、Log4j が独立したファイルではなくソフトウェアパッケージにバンドルされていて、検出が困難なケースでも特定できる特殊なスキャンを実行します。この新しいツールは、開発者の既存の環境に簡単に統合できるようにコマンドライン・ベースとなっており、オープン・コアであることから、ニーズの変化に応じて機能を進化させ続けることができます。

Check Point Software Technologies 社の調査によると、 世界の企業の約半数が すでにLog4jの脆弱性の影響を受けており、その件数は日に日に増加しています。 オーストリア 、 カナダ 、 ニュージーランド 、 英国 、 米 国 の 政府関 係者も、最近明らかになったこの脆弱性に警鐘を鳴らしており、企業やソフトウェア・プロバイダーに対して、早 急な対応を推奨しています。

Log4jの脆弱性は、11月24日にAlibaba cloudのセキュリティチームにより 発見され、Apacheに報告されたもの です。MITREは、この脆弱性に CVE-2021-44228 を割り当て、その後、セキュリティ研究者によって Log4Shell と呼ばれるようになりました。JFrogのセキュリティ・リサーチ・チームは、現在知られているLog4jの脆弱性を詳述し、その特定と対処方法に関するベストプラクティスをこの ブログで概説しており、継続的に更新 しています。

JFrog Japan株式会社について バイナリ とは
JFrog Japan 株式会社は JFrog Ltd. (JFrog)の日本法人として 2018 年に設立。DevOps プラットフォームを開発した JFrog は、開発者のキーストロークから製品まで、ソフトウェアの流れをシームレスかつ安全に実現する「Liquid Software」というミッションを掲げています。エンドツーエンドでハイブリッドな JFrog バイナリ とは バイナリ とは Platform は、現代のソフトウェア開発組織が DevOps の力を完全に取り入れるために必要なツールと可視性を提供します。JFrog のユニバーサルなマルチクラウド DevOps プラットフォームは、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud 上で、オープンソース、自己管理型、SaaS サービスとして利用できます。JFrogは何百万人ものユーザーと何千人もの顧客に信頼されています。その中には、ミッションクリティカルなソフトウェアデリバリーパイプラインを管理するために JFrog ソリューションをご活用いただいているフォーチュン100企業の大半が含まれています。詳細は jfrog.com/ja をご覧ください。

  • JFrog の名称、ロゴマークおよびすべての JFrog 製品の名称は、JFrog Ltd. の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
バーソン・コーン&ウルフ バイナリ とは 広報代理 担当 阿部/コビリ
TEL: 070-4504-0804 Email: [email protected]

Cautionary Note About Forward-Looking Statements (将来の見通しと注意事項 – 以下英文)
This press release contains “forward-looking” statements, as that term バイナリ とは is defined under the U.S. federal securities laws, including but not limited to statements regarding open-source tools that allow developers to quickly determine exposure and focus remediation efforts to speed time to resolution, our ability to meet customer needs, and our ability to drive market standards. These forward-looking statements are based on our current assumptions, expectations and beliefs and are バイナリ とは subject to substantial risks, uncertainties, assumptions and changes in circumstances that may cause JFrog’s actual results, performance or achievements to differ materially from those expressed バイナリ とは バイナリ とは or implied in any forward-looking statement.

There are a significant number of factors that could cause actual results, performance or achievements, to differ materially from statements made in this press release, including but not limited to risks detailed in our filings with the Securities and Exchange Commission, including in バイナリ とは バイナリ とは our annual report on Form 10-K for the year ended December 31, バイナリ とは 2020, our quarterly reports on Form 10-Q, and other filings and reports that we may file from time to time with the Securities and Exchange Commission. Forward-looking statements represent our beliefs and assumptions only as of the バイナリ とは バイナリ とは date of this press release. We disclaim any obligation to update forward-looking statements.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる