海外FXお役立ちガイド

トレードで勝つための極意

トレードで勝つための極意
まずはバイナリーオプションにおける「裁量トレード」とはどういう意味を持っているのかを勉強しておきましょう。辞書的な意味と対照しながら考えてみるとわかりやすくなります。

株のデイトレードを勉強するためにおすすめの本4冊【初心者~中級者向け】

株デイトレード、人気ロングセラーの最新版。目標は月60万円の利益! 少ない資金から大きく儲けるコツがわかる。

始め方から実戦で役立つ知識までを完全図解。勝つための3大ツール(リアルタイムランキング・5分足チャート・板)と、8つのテクニック(リバウンド狙い・波乗りテクニック)の活用術を実例と共に徹底解説。

初心者から再チャレンジ組まで、どんな相場でも利益が出る、株デイトレード、最強の教科書です。

Amazon.co.jp

株のデイトレードを勉強できるおすすめの本②デイトレード入門―短期売買の極意 〈第2版〉 (日経文庫)

株のデイトレードを勉強できるおすすめの本③デイトレード

問題は「どちらが、より賢いのか」という点であり、マーケットの機微を知って、賢い側に立てるように鍛えるアドバイスをする。 『金持ち父さん』の訳者による、歯切れのいい文体も魅力です。

Amazon.co.jp

株のデイトレードを勉強できるおすすめの本④プロになるためのデイトレード入門 1巻 板読みと歩み値を極めてライントレードの精度をあげる編

株式投資で成功するために:その他のテーマのおすすめ本

【参加無料】株式投資で利益獲得の確率を高める有益なセミナー

【無料】おすすめの投資講座:「株式投資スクール」

日本ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールは、無料で受講でき、株式投資の基礎を確実に身につけることが可能で、実際に利益を上げている人も多く口コミでの評判も良いです。

私自身も株式投資スクールの無料体験会に参加してみましたが、株式投資の基本や仕組みが非常に分かり易く、独学よりも有用だと感じました。

株式投資を勉強したい人は受講を検討してみてはいかがでしょうか。無料なので損は無いです。金融商品のセールスや強引な有料セミナーへの勧誘も無く、口座を提供する企業も怪しくありません。

本やセミナーで投資の勉強する時間が無い人へのおすすめ:無料で株価上昇が見込める推奨銘柄をゲット!投資顧問「勝ち株ナビ」

そのような方にとって、有効活用して頂きたいのが投資顧問の「勝ち株ナビ」です。プロが自分の代わりに分析して株価上昇が見込める銘柄を無料で教えてくれます。

「勝ち株ナビ」では株式投資のプロが選定した、値上がりが期待できる推奨銘柄の情報が無料で入手できます。

私が検証した結果、推奨された銘柄の株価推移を追うと現実的で良好な成績を実現していることが分かりました。

勝ち株ナビの推奨銘柄で運用すると、勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。

時間が無い人や投資初心者の方へ:私が実践して利益を得ている積立投資の独自手法・実績

blank

積立投資は、少額から投資が可能で時間的分散投資によってリスクを低減できるので、投資の初心者や資産形成をしたい方には非常におすすめです。

トレードで勝つための極意

●デイトレ本やサイトを鵜呑みにしてはいけない!
●マイルールを設定して本当に意味はあるのか?
●退場寸前に、大勝ちを捨ててコツコツデイトレーダーに変身!
●デイトレに正解はない。順張り、逆張り、スキャルピングに潜む罠!
●「R」オリジナル、ズレ手法で練習しながら利益を出す!
●コツコツドカンとうまく付き合い、損大利小で勝つ!
●デイトレは買値で欲張るのがコツ!

第1章 デイトレーダーの9割以上が負け組という現実
第2章 負け組デイトレーダーとして1年間過ごす トレードで勝つための極意
第3章 デイトレの手法を学ぼう
第4章 ロスカットできなくても勝てる逆張りデイトレード術
第5章 コツコツドカンとうまく付き合っていくコツ
第6章 デイトレーダーという職業について

著:Rょーへー
りょーへー
個人投資家。フィスコソーシャルレポーター。
『デイトレで勝てない人のためのブログ』を運営。
2006年、株のネット取引を開始し、専業トレーダーとなる。
来る日も来る日も負け続け、退場寸前に追い込まれるも、
そこから大勝ちを捨てたデイトレードに光明を見出す。
現在は兼業トレーダーとなり、
毎日コツコツ数万円を着実に利益を積み上げている。
「デイトレで勝てない人のためのブログ」は
1日1000人以上が訪れる人気ブログ。

©2019 一般社団法人 トレードで勝つための極意 日本出版インフラセンター Japan Publishing Organization For Information Infrastructure Development

トレードで勝つための極意

しかし、ときに買い手と売り手のバランスが崩れ、買方が有利になる局面、売方が有利になる局面があります。そういった状態を買いにエッジがある、売りにエッジがあると言います。エッジとは「優位性」、つまり有利な状態のことを指します。

もちろん、トレンドもいずれ終わります。しかし、明日終わるか、明日も継続するかを天秤にかけたとき、圧倒的に明日も継続するという可能性が多い状態がトレンドがあるという状態なのです。だから昔からトレードをする人は「Trend is friend」と言ってトレンドを大事にするのですね。

【トレンドの特長】
継続するという性質を持っている!

3、大循環分析の役割

移動平均線大循環分析(以下「大循環分析」)はそのエッジがある状態を浮き彫りにしてくれます。

移動平均線が上から短期・中期・長期という並び順になって3本の線が右肩上がりな状態が買いにエッジがある状態。上から長期・中期・短期という並び順になって3本の線が右肩下がりな状態が売りにエッジがある状態です。こういう状態を「パーフェクトオーダー」と言います。

チャートに大循環分析を付けたなら、価格変動を3つの状況に分類してください。
1、安定的に上昇している局面
2、安定的に下降している局面
3、それ以外

一般的に個人トレーダーは難しい局面でどう取ろうかというところに頭を悩まし、安定上昇・安定下降の局面を取り逃がすことが多いのです。勝つために必要な心構えは安定上昇局面、安定下降局面をしっかりと取れるかということです。

4、移動平均線大循環とは?

【移動平均線の並び順】
上から
・短期・中期・長期・・・ステージ1
・中期・短期・長期・・・ステージ2
・中期・長期・短期・・・ステージ3
・長期・中期・短期・・・ステージ4
・長期・短期・中期・・・ステージ5
・短期・長期・中期・・・ステージ6

このことを移動平均線大循環と呼び、大循環を使う分析手法ですので、移動平均線大循環分析と呼びます。上記の順番で動くことを「正順」あるいは「順行」と呼び、価格変動のおよそ7割が正順での推移となります。

5、大循環分析の性質を利用する

【大循環分析の性質】
・価格変動の大半が正順の動きでステージが推移する。
・残りのケースは逆順で推移する。
・ステージの変化は正順か逆順のみ。その他の動きはない。
・ステージの変化は正順にしろ逆順にしろ1段階ずつ。ステージ1の次にステージ3が来るような「飛ばし」はない。(※ただし3本の線が1点でクロスする場合は除く)
・逆順は一時的、最終的には正順に戻る。
・逆順は1ステージか2ステージが多い。その後は正順で動く。
・ステージ1、ステージ4は長く続くことが基本。
・ステージ23、ステージ56は移行期(変化期)のため、あっという間に通り過ぎるのが基本。
・ステージ1や4が短く、ステージ2356が長いときは、もみあい状態である可能性が高い。

現在のステージは3本の移動平均線の並び順を見ればすぐにわかります。そして現在のステージがわかれば現在の状況がわかり、そして次の展開も予測出来るわけです。現在がステージ6だとすると、次の展開はステージ1に進むか、ステージ6に戻るかふたつにひとつしかありません。ステージ1に進むなら安定上昇トレンドが発生する可能性がありますので、早めの仕掛けを検討するのです。

6、大循環分析の仕掛けと手じまい

【基本の仕掛けポイント】
買い=ステージ1で3本の線が右肩上がりを確認したらすぐに。
売り=ステージ4で3本の線が右肩下がりを確認したらすぐに。
【基本の手じまいポイント】
3本の線の並び順が変わったら。(変わると予見出来たら)

7、ステージ毎の戦略

ステージ1(上から短期・中期・長期)

長続きして安定上昇になりやすいステージです。
このステージで3本の線が右肩上がりであれば、買いにエッジがある状態です。
このステージが短期で終了したときはもみあい相場入りの可能性があります。

ステージ2(上から中期・短期・長期)

上昇相場が終焉した可能性があります。
ただし一時的な押し目ということがあります。その場合はステージ1に戻ります。
下降トレンドの第1予兆です。売りの試し玉を検討します。

ステージ3(上から中期・長期・短期)

下降相場の入り口です。
短期で終わることが多いのですが、ステージ23が長続きする場合はもみあい相場期の可能性大です。
売りの早仕掛けを検討します。

ステージ4(上から長期・中期・短期)

長続きして安定下降になりやすいステージです。
このステージで3本の線が右肩下がりであれば、売りにエッジがある状態です。
このステージが短期で終了したときはもみあい相場入りの可能性があります。

ステージ5(上から長期・短期・中期)

下降相場が終焉した可能性があります。
ただし一時的戻しということがあります。その場合はステージ4に戻ります。
上昇トレンドの第1予兆です。買いの試し玉を検討します。

ステージ6(上から短期・長期・中期)

上昇相場の入り口です。
短期で終わることが多いのですが、ステージ56が長続きする場合はもみあい相場期の可能性大です。
買いの早仕掛けを検討します。

当コンテンツは為替相場等に関連する一般的な情報の提供を目的としたコラムです。特定の投資方法等を推奨するものではなく、また投資の勧誘を目的とするものでもありません。
コンテンツの内容につきましては万全を期すよう管理しておりますが、その正確性や普遍性を当社や執筆者が保証するものではありません。記載内容に因り万が一損失が発生した場合においても、当社及び執筆者は一切の責任を負うことは出来ませんので、ご了承のうえでご参照ください。
当コンテンツの無断転用や再配布は固く禁じます。

小次郎レポート

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

助手のムサシです。


助手のムサシです。負けない投資家になることを目標にしています。よろしくお願いします。

【構想】
第1章、資金管理(マネーマネージメント)
資金管理とは?
1、投資用資金
2、取引する銘柄の平均的値動きを知る
3、ユニット=1トレードあたりの取引量
4、リスク分散の手法

第2章、リスク管理(リスクマネージメント)
1、リスク管理とは?
2、ロスカットラインの設定法
3、破産の確率

第3章、エッジのある取引
1、トレードエッジの考え方
2、トレードエッジの計算法
3、勝率とリスクリワード比率に関して

第4章、仕掛けのルール
1、タートルズのエントリールール
2、エッジのあるエントリー

第5章、仕切りのルール
1、利益確定をどう決めるか?
2、ロスカットラインをどう設定するか?
3、トレイリングストップをどう活用するか?

第6章、追加のルール(ピラミッティング)
1、ピラミッティングの考え方
2、難平はどう考えるか?

第7章、補足
1、正しい年間目標利益
2、取引する市場・銘柄の決定方
3、トレード記録の付け方
4、特殊ルール

第8章、検証
・トレードルールの検証の仕方
・トレードルールの改良の仕方
・常勝トレーダーへのプロセス
・勝つために必要なこと

第9章、重要なこと
・スリップページとオーバーホリディリスク
・ファンダメンタルズ分析をどうテクニカル分析に生かすか
・トレンドフォローとカウンタートレードその長所と欠点
・勝率からリスクリワード比率へ、そしてトレードエッジへ
・複利運用の光と影

第10章、投資の極意に関するコラム
・行動ファイナンス、同じ失敗を繰り返す東大生が高校生になり幼稚園生になる。
・将来有望な銘柄と将来性のない銘柄とどちらを持ちますか?
・一般投資家は狙われている。

★[小次郎講師]★
そのとおり。
ま、構想を見てもらえばわかるが、伝説のタートルズ流トレード手法を参考に、最終的には自分流のトレードルール(Myルール)を作るというのがこの連載の趣旨だ。もちろんそのトレードルールは勝てるトレードルールでなくてはならない。

小次郎レポート

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

バイナリーオプションの裁量トレードの極意!勝ちパターンを呼び込むポイント&テクニック5選

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションの裁量トレードとは?

まずはバイナリーオプションにおける「裁量トレード」とはどういう意味を持っているのかを勉強しておきましょう。辞書的な意味と対照しながら考えてみるとわかりやすくなります。

裁量トレードとは「自分で考えて判断してエントリーする」こと

この考え方をバイナリーオプションに外挿すると、 裁量とは「自分で考えて判断してエントリーすること」を意味する と言えるでしょう。

取引の仕方を自分で決めていたとしても、最後に 利益か損失かを決める段階で自分なりの考え方で判断しているかどうか が裁量か無裁量かを分けるポイントです。

バイナリーオプションで勝つには裁量が必要不可欠

バイナリーオプションでは、基本的には 裁量を持って取引をしないと勝てるようになりません。

バイナリーオプション取引はランダムにエントリーしたら、勝率は50%になると理論的には考えられます。
ランダムな取引では稼げないようにペイアウト倍率が設定されているので、いかにして勝率を上げるかが重要です。 トレードで勝つための極意

それでもし予想が外れて負けてしまったとしても、自分で基準を決めてエントリーしたなら原因を考えることが可能です。その反省に基づいて もっと勝ちが見込めるエントリーの条件を決めていくと、だんだんと勝率が上がっていく でしょう。

無裁量トレードの危険性

無裁量トレードとは自分で考えて判断せずに取引をする方法 で、システムトレードを指すこともあります。

コンピューターでプログラムされた条件に従ってエントリーしていくのが基本的な仕組みですが、エントリーまで自動化されているときには自動取引ツールと呼ばれることもあります。

そうすると、たった今はそれなりに勝てるルールだったとしても、 社会情勢が変わって為替変動のパターンが変化してしまうと通用しなくなり大損してしまう リスクがあります。

バイナリーオプションの裁量トレードの極意5選

バイナリーオプションの裁量を身につけるには何をしたら良いのでしょうか。

勝ちのロジックを見つける

「こういうときにはエントリーすべきだ」と論理的に考えられる根拠を見つけていき、その根拠に基づいて判断できるようになる ことを目指しましょう。

「この指標が上がったときにはこの条件を満たしているなら勝てる」
「この指標が横ばいのままこのくらいの時間が経過したらエントリーすると勝率が良い」

さらに、そのパターンで勝てるロジックを人に説明しても納得してもらえるようであれば理想的です。理由はわからなくても勝てるという場合もありますが、その ロジックが明らかになると他の勝ちパターンを考えるのにも有効活用 できます。

ロジックを検証する

自分なりに組み立てたロジックは、汎用性があっていつでも適用できるものなのかどうかの確証がないでしょう。

このように、 自分なりのロジックは確実なものかどうかがわからないので、検証して確度を上げていくのが重要 です。勝ちパターンが出てきたときにエントリーしてみて結果を確認し、勝ったなら自信を持ちましょう。

なお、ロジックの検証には バイナリーオプション業者が提供するデモ取引を使うと余計なコストがかかりません。 網羅的にエントリーして取引履歴やチャートを確認し、分析をするといったプロセスをデモ取引で繰り返し行っていくと自身を持って裁量トレードをできるようになります。

情報収集を積極的に行う

バイナリーオプションでは、外国為替のレートを指標にして値動きを予測するのが一般的です。 値動きに影響する可能性がある情報をできるだけたくさん持っていると、それだけ勝てる可能性が高く、負けるリスクが低い判断を下せる ようになります。

値動きにはFX取引をしているトレーダーの売買が大きく影響することが知られていますが、その 取引をする判断材料となっているのは各国の経済状況や社会情勢などの世の中の動き です。

メンタルを強くする

いつでも冷静な判断を下せるような強いメンタルを手に入れることも、バイナリーオプションの裁量トレードをするためには必須です。

それが原因でまた負けてしまい、 焦ってむやみやたらにエントリーしてさらに失敗する というケースも実はよくあります。

チャート分析を覚える

バイナリーオプションではチャートを見て値動きを予測するのが基本中の基本 なので、詳しく分析してこの後はどのように変化していくのかを導き出せるようになりましょう。

FX取引でも同じチャートを使った分析が行われているため、チャート分析のノウハウは世の中に溢れています。
バイナリーオプション取引でもFX取引でも値動きを予測するところまでは同じなので、流用できるテクニックはたくさんあります。

どのようなインジケーターを使うと何がわかるのかを学べば、自分なりの考え方でチャートを見るにはどのインジケーターが必要なのかがわかります。 トレンドラインなどの各種ラインの引き方と意味を理解すると、チャート分析をスムーズに行える トレードで勝つための極意 ようになるでしょう。

バイナリーオプションの裁量トレードに使えるインジケーター5選

裁量トレードを成功させるためには、エントリーする勝ちパターンの条件を詳しく考えていく必要があります。

ボリンジャーバンド

ボラティリティとは相場がどのくらい大きく上下に振れているかを指す言葉で、後述の 移動平均線と標準偏差に基づいて計算されたグラフをチャート上に表示 できます。

このようにボリンジャーバンドの動きを見ることで、 どんな相場の動きが次にやってくるのかを予測 することができます。ボリンジャーバンドにはこの他にも様々な使い方があるので、ボラティリティの概念を理解してうまく活用していきましょう。

バイナリーオプションをボリンジャーバンドで徹底攻略!設定と使い方も解説 バイナリーオプションのテクニカル分析では、様々なインジケーターが活用されています。 その中でもよく登場する指標として「ボリンジャー.

移動平均線

単純移動平均線は終値の平均値を一定期間にわたって計算したもので、例えば5日線なら当日を含めて前5日間にわたる終値を平均した値とその日の指標とします。つまり、 その日以前の数値による影響を大きく受ける平均値をグラフに示したのが移動平均線 の特徴です。

一目均衡表

一目均衡表は、移動平均線と同様にチャートのトレンドを分析するのに適している5本のグラフです。

基準線
転換線
先行スパン1
先行スパン2
遅行スパン

基準線と転換線は、相場がどの方向に動くトレンドを持っているかを見るための線で、 基準線は26日単位の中期的な動き、転換線は9日単位の短期的な動き を示しています。

遅行スパンは終値を26日遅行させて記入しただけのものですが、 実際の値動きとの相対関係からFX取引では売買のタイミングがわかりやすい のでよく用いられています。

ADXとは「Average Directional Movement Index」の略称で、トレンドの強弱を分析するのに適しているインジケーターです。

方向性分析と呼ばれるトレンドが上昇しているか下降しているかを把握するための分析手法の中で用いられる方向性指標DIから算出される値で、端的に行ってしまえば 上昇傾向と下降傾向の差で示される指標 になっています。

RSIとは「Relative Strength Index」の略称で、日本語では「相対力指数」と言われています。

RSIは、表示している通貨ペアがどの程度買われているか、売られているかを大まかに把握するのにわかりやすいインジケーターとしてよく活用されています。 50%を中心として、100%に近いほど買われていて、0%に近いほど売られている と解釈できるのが特徴です。

RSIは 他のインジケーターと組み合わせて使った方が勝率を上げられる でしょう。簡単にわかる魅力はありますが、基本的には単独で値動きを予測するにはリスクが高いインジケーターです。

【バイナリーオプション】RSIを使った逆張り必勝法!CCIやMACDとの組み合わせ技も紹介 バイナリーオプションでは、テクニカル分析によって根拠のある予測をするのが合理的な方策の一つです。 インジケーターによるチャート分析.トレードで勝つための極意

バイナリーオプションの裁量トレードを最短最速で極める方法

バイナリーオプション取引で勝率を上げていくためには、 裁量トレードが重要だとわかっても、本当に勝てるようになるまでの道のりがかなり長そうだ という印象を持った人もいるでしょう。

しかし、 ちょっとした工夫をするだけで簡単にバイナリーオプションの裁量トレードを極められる ので安心して下さい。

その工夫とは何か。
プロ投資家に教われば良い だけです。

プロ投資家としてバイナリーオプション取引で稼いでいる人は、当然のように裁量トレードを身につけて日々実践しています。
それが勝つことにつながるとよくわかっているので、自分なりに勝つ法則を生み出して確度を高めてきています。

失敗の経験も積んでいることから、 裁量トレードをスムーズに成功に導くノウハウを総合的に会得している のです。

もちろん、 登録は無料 です。

私と同じように バイナリーオプションで人生を勝ち上がる”同志” であるあなたから、お金をいただこうなどとは思っていません。

バイナリーオプションでは裁量トレードを身につけることが必要不可欠です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる