FXビギナーズガイド

為替変動の要因

為替変動の要因

足もとでの投機筋のポジションとドル円を見比べてみると、方向感が乖離しています。投機筋は2021年11月頃のピークから円高方向にポジションを移している(わかりやすくいえば、円の保有を増やす=円高方向に動いている)にもかかわらず、ドル円相場では円安が進行しています。

為替変動の要因

  • 運用リスク管理担当部門が運用状況をモニタリングし、リスク、パフォーマンスの分析・評価、および投資制限等遵守状況・売買執行状況の事後チェックを行います。運用リスク管理担当部門は、そのモニタリング結果を運用担当部門に連絡するとともに社内で定期的に開催される会議で報告します。運用担当部門はその連絡・報告を受けて、必要に応じてポートフォリオの改善を行う等の投資リスクを適正に管理する体制をとっています。

投資対象ファンド(国内籍投資信託証券を除く)の信用リスク管理方法
  • 投資対象とする外国投資信託証券の運用会社等は、同証券において、欧州委員会が制定した指令(以下「UCITS指令」といいます)に定めるリスク管理方法に基づき信用リスクを管理しています。
    同証券の運用会社等は、前記信用リスクに対する管理体制を構築していますが、委託会社(ニッセイアセットマネジメント株式会社)においても当該運用会社等における信用リスクの管理体制や管理状況等をモニタリングしています。
    なお、UCITS指令に定める信用リスク管理方法においては、明示的な政府保証がないファニーメイおよびフレディマックについて投資比率制限の対象外となるなど、有価証券等ごとに一般社団法人投資信託協会が定める投資比率制限と異なる制限が適用されている場合があります。

ご投資にあたっての留意点

【投資信託に関する留意点】

  • 投資信託はリスクを含む商品です。運用実績は市場環境等により変動し、運用成果(損益)はすべて投資家の皆様のものとなります。元本および利回りが保証された商品ではありません。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等に投資します(また、外国証券に投資するファンドには為替変動リスクもあります。)ので基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。
  • 投資信託は保険契約や金融機関の預金と異なり、保険契約者保護機構、預金保険の対象となりません。証券会社以外の金融機関で購入された投資信託は、投資者保護基金の支払い対象にはなりません。
  • ご購入の際には必ず投資信託説明書(交付目論見書)をお受け取りになり、内容をご確認の上ご自身でご判断ください。

【投資対象とする投資信託証券について】

  • 「外国投資信託証券」「指定投資信託証券」については、各ファンドの交付目論見書「投資対象とする投資信託証券の概要」をご覧ください。

【当資料に関する留意点】

  • 当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料のグラフ・数値等はあくまでも過去の実績であり、将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入で処理しています。

商号:ニッセイアセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第369号

Copyright © 為替変動の要因 2022 NissayAsset Management Corporation. All Rights Reserved.

投資信託(ファンド)を知りたい

景気後退期には、利下げ観測から国債利回りは低下(価格が上昇)するが、企業の信用力が悪化することから社債スプレッドが拡大し、社債利回りは上昇(価格が下落)する。
景気拡大期には、利上げ観測から国債利回りは上昇(価格が下落)するが、企業の信用力が改善することから社債スプレッドが縮小し、社債利回りは低下(価格が上昇)する。
この傾向は低格付の企業(社債スプレッドが大きい企業)ほど顕著に表れる。一方、高格付の企業は国債の値動きに準じるのでこの関係は成立しにくいことが多い。

デュレーションと景気の関係

Point3

デュレーションは長いほど価格の変動幅が大きい。
景気後退期には、デュレーションを長期化することで、債券価格の上昇を享受できる。
景気拡大期には、デュレーションを短期化することで、債券価格の下落を低減できる。

為替ヘッジの効果

Point4

為替ヘッジは、為替変動リスクを回避するための手法である。
為替ヘッジをすると、将来の為替変動リスクを回避することができる。特に、将来の円高が予測される場合には、コストのみで為替差損を回避できるので為替ヘッジは有効である。
為替ヘッジをしないと、将来の為替変動の影響を直接的に受けることになる。将来の円安による為替差益は享受できるが、将来の円高による為替差損を避けることができない。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる