FXチャート実践帳

取引ルールと仕組み

取引ルールと仕組み
イッツヒーローの機能

海外取引の基本ルール

言葉としては誰もがよく知る「貿易」「輸出・輸入」ですが、日頃携わっていないと、いざ現実問題に直面したときに困惑することが多々あるのではないでしょうか。
グローバル化が言われて久しく、海外市場獲得が重要課題になったり海外に製造や営業の拠点を設けて運営することが必要になったりと、業界を問わず海外との取引の問題は避けて通れないものとなってきました。
今回はこのようなビジネス環境に鑑み、海外との取引に関する基礎的な知識をご紹介して業務にお役立てていただくことを目的といたしました。

「貿易」と「輸出・輸入」

貿易(輸出・輸入)には国内取引とは
異なるリスクも考える必要があります。

  1. 商品貿易:「財」の国際取引
  2. サービス貿易「サービス」の国際取引
    例)運送、情報、通信、旅行、建設、金融・保健など
  3. 技術貿易
    特許権や実用新案権などの知的所有権や技術の国際取引

貿易と国内取引の違いとリスク

  • ・輸出者の場合
    輸入者が商品代金を対して支払ってくれるか。
  • ・輸入者の場合
    代金支払いに対してちゃんと商品を送ってくれるか。
  • ・納期や品質などの点での見解の相違が、トラブルや損害につながりかねない。
  • ・取引に付帯する経費の負担者など、国内での商習慣や常識との違いからトラブルになりかねない。
  • ・原則として、返品ができない。
  • ・代金支払い、受取りのいずれの場合も、外貨と邦貨の交換が必要であるため、為替変動により金額が変わる。
  • ・運送中に出くわす事故や盗難といったトラブルに遭う可能性のある期間が長い。
  • ・時間の経過により、商品が「変質」「減損」「損傷」する可能性がある。
  • ・運送に時間がかかっている間に、その商品の商機を逃してしまう可能性がある。
  • ・輸出者の場合
    通常、代金の受け取りは出荷後のため、商品の仕入れ・製造に費やした資金を負担しなくてはいけない。
  • ・輸入者の場合 取引ルールと仕組み
    通常、代金の支払いは販売前のため、輸入した商品が売れるまで資金を負担しなくてはいけない。
  • 海外でも活躍の
    制御盤用クーラーはこちら
  • 制御盤用クーラーの
    商品カタログダウンロードはこちら

生産性向上・環境改善に役立つ情報をお届けします。メルマガ登録

Copyright © Apiste Corporation All Rights Reserved.

【ビジネスSNSの決定版】I'tHERO(イッツヒーロー)『ネットショップ』『電子契約』の機能を加えて正式提供を開始

費用をかけずに売上を倍増。つながっている強みを活かせる【SNS×ネットショップ×グループウェア】を統合したサービスです。

イッツヒーローイメージ

イッツヒーローイメージ


■ビジネスSNSのイッツヒーローは、【SNS×ネットショップ×グループウェア】が統合されたアプリ

会話のやりとりで決まった作業代や工事代金等の役務の決済もクレジット決済できますので、 『うちには売る商品が無いからネットショップは関係ないよ~』 と考えていた方にこそ、【物品が無くても決済】できる仕組みです。


■「会社」も「組合」も「PTA」もこれ一つ
ある時は会社の社長、ある時は組合の役員、ある時は英会話スクールに通う生徒、ある時は小学校のPTAメンバー。誰しもその時々に応じて立場や顔を変えて生活しています。 取引ルールと仕組み
ビジネスSNSのイッツヒーローは、現実社会の仕組みをデジタル空間上に、ワンタッチで組織の切り替えを可能にしたシステム。
個人のアカウント(RIO)から複数の組織(NEO)に属することができ、ワンタッチで組織の切り替えができるシステムです。

■イッツヒーローの使い方・利用シーン

  1. 会員さんとのやりとりは、メールかFAXである。
    ┗イッツヒーローを利用すると、チャットで連絡が取れます。
  2. 会議やイベントの参加有無が開催してみないとわからない。
    ┗イッツヒーローを利用すると、出席状況の把握が可能です。
  3. 決裁が欲しい書類がある時は、出社してハンコをもらいにいく。
    ┗イッツヒーローを利用すると、決裁が欲しい書類にハンコ不要で回覧できます。
  4. 会議の議事録や総会資料などは紙で配布している。
    ┗イッツヒーローを利用すると、文書管理機能に一元管理されています。
  5. 新入社員がわからないルールやマニュアルは、上司に聞かないとわからない。
    ┗イッツヒーローを利用すると、ナレッジ機能で写真や動画でも情報共有されます。
  6. 会社でグループウェアの仕組みが無くExcelで請求書を作ってる。
    ┗イッツヒーローを利用すると、スマホで見積書や請求書が作れます。
  7. 組合や団体等の会員組織で会員を増やしたい。
    ┗イッツヒーローを利用すると、会員見込客とグループを組めて情報共有できます。
  8. スクールや学会等の組織で会費は振込だけである。 取引ルールと仕組み
    ┗イッツヒーローを利用すると、会費も物品もクレジット決済が可能になります。
  9. 新規のお客様から工事を受注したけど掛け売りが怖い。
    ┗イッツヒーローを利用すると、会話の中で決まった作業代・工事代金もクレジット決済可能
  10. まずは仲間内に買ってもらうためのネットショップを開きたい。
    ┗イッツヒーローを利用すると、初期費用・月額料金が無料。売上の5%のみ。
  11. 電子契約に興味はあるが月額1万円を払うまで頻度が少ない。
    ┗イッツヒーローを利用すると、初期費用・月額料金が無料。1回1,000円のみ。 取引ルールと仕組み

8月31日までは、どのプラン・オプションも月額料金を【無料】とさせて頂きます。
ぜひこの機会に『ネットショップ』や『帳票』機能をお試しください。
電子契約も20回まで無料(有効期限12月31日まで)とさせていただきます。

新規アカウント開設キャンペーン

取引ルールと仕組み 新規アカウント開設キャンペーン

  • 6月2日から帳票機能も利用できるようになります。見積書や請求書をExcelで作っている方や、電子帳簿保存法や、インボイス制度に対応したシステムをご検討中の方はぜひお試しください。
  • 6月2日からネットショップ機能が拡充され、クレジット決済機能が搭載されます。これにより、チャットや口頭などの会話で決まった代金を、クレジット決済できるようになり、現在クレジット会社さんと契約が無くても、イッツヒーローを利用することでお客様からの集金をクレジットカードで承ることができるようになります。工事代金や作業代など、役務でもクレジット決済で承ることが可能になります。

イッツヒーローの機能

イッツヒーローの機能

  1. ワンタッチで組織や個人の切り替えを可能にしたビジネスの成長を促すDXシステム
  2. ネットショップ機能が【初期0円】【月額0円】【システム利用料0円】と固定費がかからず、売上金額の一律5.0%と業界最安値に設定
  3. 社内外の人とのチャット機能のSNSとグループウェアのアプリ同士を連携させ、めんどうな作業を極力排除した一気通貫されたクラウドツール

■「I'tHERO」製品概要 取引ルールと仕組み
個人会員:0円~ 5,000円/月(1名)
組織会員:0円~30,000円/月(1名~300名)
提供方法:スマホやパソコンからクラウドにブラウザでログインし利用

  • 【SMS配信】:CM.com Japan株式会社
    ┗I'tHEROアカウント登録の本人確認としてAPI連携
  • 【CMサイン】:CM.com Japan株式会社
    ┗I'tHEROの電子契約機能としてAPI連携
    規定回数以内無料。以降1件1,000円でご提供
  • 【クレジット決済】:ストライプジャパン株式会社
    ┗I'tHEROのネットショップの決済機能としてAPI連携
    初期費用・月額費用・システム利用料の手数料が無料で
    決済手数料を売上金額の 一律5.0% に設定

■ベストプランナー合同会社について
企業の『IT参謀』として2010年10月に設立後、「お客様以上を叶えるありがとうの創造」を経営理念に掲げ、パソコンやサーバーの自動バックアップや保守サポートから得られたノウハウから、2016年に業界初の着信課金システムでビジネスモデル特許認定。
2018年4月ITコーディネーターとして登録し、同年10月には経済産業省Smart SME Supporterを1号認定され、 2017年から連続してIT導入補助金の支援事業者として活動中。
2019年4月から始まった働き方改革に対して、中小企業支援に特化するため、同年【在宅勤務のテレワーク】【マニュアル作成代行】【パソコン業務の効率化をするRPA】の提供を初めた矢先に、新型コロナウイルスが世の中を騒がせ始め、緊急事態宣言が出された2020年4月8日から現在もなお全社員で在宅勤務を毎日継続中。
令和2年度 テレワーク推進企業等 厚生労働大臣表彰 輝くテレワーク賞「特別奨励賞」を受賞し現在に至る。

取引ルールと仕組み

帳合とは?小売流通業における意味と役割、メリット・デメリットなどを解説

流通業界でよく耳にする用語に「帳合」がある。もともとは会計用語の「帳簿合わせ」を意味するが、卸売・小売業においては「帳合取引」を指す。 日本では昔から帳合取引が行われており、小売業者はもちろん、メーカー側にとっても様々なメリットがある。ここでは、流通業で使われる帳合という用語の意味と帳合取引を行うメリット・デメリットについて解説する。 目次1 帳合(ちょうあい)とは?用語の意味・仕組みを解説1.1 会計用語で勘定と帳簿を照合・確認すること1.2 卸売・小売業界では取引関係があること1.3 帳合先や帳合取引の意味と仕組2 帳合取引の役割とは?採用される理由2.1 信用ある業者間で安定的に取引を行…

4Mとは?品質管理における意味や、5M+1Eや6Mについて解説

製造業をはじめとした生産現場の品質管理における重要な要素として「4M」がある。4Mは問題発生時の分析や課題の解決など、多くの場面で活用されている。 近年では現場や社会情勢の変化によって4Mにさらに要素を加えた「5M+1E」や「6E」という概念も誕生した。この記事では、4Mを構成する要素や活用方法、似ている言葉の意味について解説する。品質管理における課題解決や生産性の向上のために4Mをぜひ役立ててほしい。 目次1 4Mとは?概要と4つの構成要素について1.1 Man(人)1.2 Machine(機械)1.3 Material(材料)1.4 Method(方法)2 5M+1Eと6Mとは2.1 5M…

センシングとは?概要や種類、メリット、ビジネスや各分野での技術を解説

ビジネスや産業における各業種でのIoTを導入した技術革新から、人口減少や環境などの社会問題解決まで、大きな意義を持つ技術として広く活用されているのが「センシング」だ。センシングは製造業を中心に、医療や看護、農業と幅広い分野へ導入されている。 将来的なICT技術と人間との共存に欠かせない、センシングの概要や種類、導入メリット、に加えてビジネスをふくめた各分野で導入されているセンシング技術について解説する。 目次1 センシングの言葉の意味や仕組み、種類を解説1.1 センシングとは1.2 センシングの仕組み1.3 センシングの種類2 センシングのメリット2.1 現場や状況のリアルタイム可視化2.2 …

取引ルールと仕組み 日配品とは?意味や由来、該当する商品などを解説

「日配品」とは、主に小売・流通業界で使われる用語で、店舗に毎日配送される商品のことを指す。名前の由来は「毎日店舗に配送される食品」の略からきており、デイリーフーズ、デイリー食品、デイリーなどと呼ばることもある。 卵、牛乳・乳製品、パン、豆腐、納豆、漬物、練り物、ハム・ウィンナーなどの畜産加工品、チルド飲料、生麺類、生菓子など、日持ちがしない、冷蔵を必要とする食品などが該当する。生鮮食品は基本的にふくまれない。 日配品は、基本的に賞味期限や消費期限が短い商品が多いため、閉店時間が近くになるにつれて値引きされることも多い。

PI値とは?意味や計算方法、活用方法などを基礎から解説

PI値とは「Purchase Index(パーチェイス・インデックス)」の略で、小売店舗などで用いられる来店客1000 人当たりの購買指数を表す。 購入金額や、個数、人数に対して用いられ、商品単位やカテゴリー単位などで計算される。PI値が高いほど、商品の購入可能性が高いといった予測ができる。 PI値は、下記のような計算式で算出することができる。 販売金額(販売数量・人数)÷ レジを通過した客数 × 1000 例えば、ある特定の期間のオレンジジュースの販売数量が100個で、レジを通過した客数が10000人であればPI値は10となる。 来店客数1000人あたりの換算することで、店舗の規模や曜日など…

お役立ち資料データ

顧客を知り尽くした究極の1to1マーケティングとは

今の時代消費者は”個人”取引ルールと仕組み を中心に動いています。 コロナを経て、「ニューノーマル」といわれる現在、日常生活におけるオンライン時間は急激に増えています。多くの製品をインターネットで見つけることができ、購買に至るまでの検討期間が長くなっています。さらに簡単には店舗来店がなく、直接接客も難しくなっています。個人の行動をリアルタイムに把握しなければ、本当に顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉えることは難しいのではないでしょうか。 では、どうすれば企業は顧客が「欲しい」と願ったタイミングを捉え、コミュニケーションを図ることができるのでしょうか? 本資料では、どのようにお客様の行動を理解し、オンラインとオ…

小売業が顧客体験戦略を進化させるための4つのテーマとは?

新型コロナウイルスの拡大により、ブランドや小売業者が急ぎ導入した短期的なソリューションは、ショッピング体験に大きな影響をあたえています。結果として、消費者はこれまでにないほど多数のチャネルと選択肢を持ち、小売業者に対して高い期待を抱くようになりました。 Salesforceでは、高まる消費者の期待と小売業界の置かれた現状を分析。世界1,600人の消費者と、1,000人以上の小売業界幹部に調査を実施した結果、以下のことが明らかになりました。 ●顧客対応に関する消費者の期待は増々上がっている ●ブランドを差別化するための新たなポイントはロイヤルティ ●ブランドや小売業者は、顧客体験戦略を進化させつ…

Googleマップ対策で集客向上!有名企業8社の成功事例集!

【PR】株式会社カンリー 「PRONTO」「パリミキ」「てもみん」など、飲食・小売・サービス業における有名店舗も実施!Googleマップの店舗情報を一括管理することで、店舗集客の向上や業務効率化に繋がった事例を8社分ご紹介。 「Canly(カンリー)」は2万店舗以上でご利用いただいている、Googleマップ・SNS・HPの一括管理サービスです。複数店舗を運営する企業様に集客向上・業務効率化を目的としてご活用いただいています。本資料では、Canlyを活用し成果の出た企業様の事例をご紹介します。 ▶︎掲載している企業 【飲食業】 ・ニラックス様(すかいらーくグループで70店舗運営) …

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる