海外FXガイド

FX取引の利点

FX取引の利点

先物取引、信用取引、暗号資産FXはどれもレバレッジ取引が可能です。元手よりも大きな金額で取引ができるところが共通点でしょう。

暗号資産(仮想通貨)を始める前に知っておくべきレバレッジ取引のデメリット

暗号資産レバレッジ

証拠金維持率の計算式


<計算式>

証拠金維持率(%)= 有効証拠金(純資産)÷ 設定中レバレッジコースの必要証拠金 × 100

よって証拠金維持率を計算すると有効証拠金300(万円) ÷必要証拠金100(万円) × 100 = 300(%)になります。

レバレッジ取引と現物取引の違い

レバレッジ取引と現物取引の違い

レバレッジ取引と先物取引・信用取引・暗号資産FXは同じ

レバレッジ取引と信用取引と先物取引と暗号資産FXの違い


先物取引、信用取引、暗号資産FXはどれもレバレッジ取引が可能です。元手よりも大きな金額で取引ができるところが共通点でしょう。

FXチャートの見方とは?初心者向けの基本的なチャート分析方法

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。 FX取引の利点
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

外貨預金のリスクとメリット

外貨預金は、米ドル・オーストラリアドル(豪ドル)などの外貨で預け入れる預金のことです。手持ちの円を外貨に替えるときや、外貨から円に戻すときに、その都度、その時点の為替レートが適用されて、為替の影響を受けます。
為替レートは常に変動していますから、預入時と引出時の為替レートに差があれば、最終的な円での受取額に反映されます。大きく増える可能性もあれば、元本割れしてしまう可能性もあるのです(なお、為替レートが変動しなくても手数料によって元本割れとなるケースもあります)。これは円の預金にはないリスクです。
まずは外貨預金のリスクから把握しましょう。

外貨預金のリスク:円高による元本割れ

政治の混乱や災害

通貨ごとの変動要因

オーストラリアドル
(豪ドル)

ニュージーランドドル

外貨預金のリスクに対処する方法は?

なるべく長期で保有できる金額の範囲で運用する

複数の通貨を保有してリスクを分散させる

預け入れるタイミングをずらしてリスクを分散させる

外貨預金のメリット

日本は食糧をはじめ原油、鉄鉱石といったエネルギー資源などを輸入しているので、円安が進み、輸入品の値段が上がると、生活は苦しくなります。
日本は人口が減っていますから、一人当たりの経済活動に変化がなければ、国全体としては経済力が低下して、世界の国々と比べても低くなる可能性があります。これは円安につながります。
日本の経済成長が期待できないと考えるのであれば、経済成長が期待できる国の通貨を持つことで、円安への備えになります。実際にその国の通貨が高くなれば、資産全体の価値の保持につながります。

執筆者: ファイナンシャル・プランナー坂本 綾子
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定 CFP ® 認定者
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる