タダで投資

選び方を徹底紹介

選び方を徹底紹介

ウイスキーは1,000円台の安価なものから1万円以上、更には10万円以上のものなど、価格がピンキリで迷ってしまいますよね。

Microsoft 365(Office 365)とOffice2021の違いと選び方を徹底紹介

サブスクリプション版の「Microsoft 365」は、2011年に発売されて以来、バージョンアップしながら継続して提供されています。
企業での導入などが進み、2017年には永続ライセンス版の売上を越えたそうです。
以前はOffice365と呼ばれていましたが、2020年に一般ユーザー向けプランを「Microsoft 365」にリニューアルし、現在はOffice365に代わって提供中です。
どんなメリット・デメリットがあるのか、順番に解説します。

常に最新バージョンが使える

Microsoft 365は契約するとインターネットからソフトをダウンロードして使います。
契約後もアップデートにも対応しており、契約期間中は常に最新バージョンを使い続けることができます。
セキュリティのトラブルが見つかったとしても、アップデートで修正されるので安心です。

同時に5台までのパソコン・スマホ・タブレットで使える

Microsoft 365は5台までインストールできます。
Windows・Macはもちろん、スマホやタブレットでも利用可能です。
アプリをダウンロードして、お持ちのアカウントでログインすれば使うことができます。

テクニカルサポートが付いている

技術的な問題や課金などについて、不明な点を問い合わせできるサポートがついています。
契約期間中であればいつでも利用可能なので、困ったら質問してみましょう。
何かあったときに公式サポートが受けられる点は安心です。

デメリット

月額または年額費用がかかる

Microsoft 365はサブスクリプション(定期課金)で契約するOfficeです。
月額1,選び方を徹底紹介 284円、または年額12,984円の継続支払いが必要となります。

  • Officeは使いたいけれど、毎月課金されるのはなんとなくイヤだ
  • 常に最新バージョンのOfficeが使いたいわけではない

ネット接続が必須

Microsoft 365はインターネットへの接続が必要です。
エクセルやワードなどのアプリ自体はネットがなくても利用できますが、Teams(コミュニケーションツール)やOneDrive(クラウドファイル保管ツール)はネット接続が必要です。
また、30日周期でライセンス認証確認が発生するため、このタイミングでネット接続していないと支障が出る可能性があります。
障害が発生し、その影響でアプリが利用できないことがありますが、ごく稀です。

契約終了後は使えない

Office2021のメリット・デメリット

永続ライセンス版のOfficeは、昔ながらの買い切りです。
ソフトを買ってきて、パソコンにインストールすれば、アンインストールしない限り長く使えます。
発売開始からサポートが終了する5年間はセキュリティアップデートもされます。
最新の「Office2021」は、2021年10月に発売されました。
こちらも、どんなメリット・デメリットがあるのか、順番に解説します。

買い切りなので追加費用が発生しない

一度購入したら、その後の追加費用は発生しません。
推奨はされていませんが、サポート期間終了後も購入したOfficeは利用できます。
そのため、長期間使いたい場合には特におすすめです。

インターネット接続が不要で場所を選ばず使える

Office2021はインターネット接続が不要です。
Microsoft 365のようなオンラインでのライセンス認証がないため、そのためだけに定期的にネット接続する必要もありません。
使う場所を選ばず、オフラインでも安心していつでも利用できます。

パソコンにプリインストールされていれば追加購入が不要

新しく購入するパソコンに最初から入っている(プリインストールされている)場合があります。
Officeを追加購入する必要がないため、すぐに使い始められます。
パソコンをリニューアルする予定がある方は、Office2021が入っているか確認してみましょう。

デメリット

同時に2台までしか使えない

Office2021はパッケージ版で購入する場合、同時に2台までしか利用できません。
3台目以降でも利用したい場合は、パッケージを追加購入する必要があります。
また、パソコンに最初からインストールされている「Office プレインストール版」の場合は搭載PC1台のみで使用ができます。

購入後に追加された最新機能は使えない

Officeは年々進化し続けています。
ときには新しい機能が増えることもありますが、買い切り版のOffice2021はアップデートができず、発売時点の機能のまま使い続けることになります。
最新機能が欲しい・必要という場合には、サブスクリプション版Microsoft365がおすすめです。

セキュリティ更新は発売から5年間しか提供されない

買い切り版Officeには、発売から5年間というサポート期間が設けられています。
これを過ぎると、セキュリティアップデートがされなくなります。
サポート期間終了後も利用し続けることはできますが、セキュリティトラブルの可能性が高まるため、サポート終了後の利用は推奨されていません。

選び方のポイント

利用期間が3年未満なら365、3年以上なら2021

値段だけ見ればOffice365の方が安いですが、年間契約して3年間使った場合38,952円かかります。
しかし、短期間だけ利用したいという場合にはおすすめです。
一方のOffice2021は32,784円なので、長期間利用するならこちらに軍配が上がります。
利用期間だけで考えた場合は、下記の選び方が良さそうです。

    選び方を徹底紹介
  • 3年未満の利用ならOffice365
  • 3年以上利用するならOffice2021

性能なら365、コストで選ぶなら2021

  • 最新機能が必要、利用台数が多い方はOffice365
  • 最新機能はいらない、長期利用する・サブスクリプションは利用したくないという方はOffice2021

自分の使い方にあったOfficeを選びましょう!

基本的な操作や作業については、どちらのOfficeを選んでも大きく変わりません。 選び方を徹底紹介
使用台数やサポートの有無などもありますが、「最新性能が必要か」「サブスクリプション・買い切りのどちらがいいのか」で判断すると良さそうです。
どちらにもメリット・デメリットがあるので、ご自身の使い方を考えて、最適なOffice製品を選びましょう。

ドスパラでは永続ライセンス版(買い切り版)の「Office2021」を搭載したMicrosoft 選び方を徹底紹介 Office搭載モデルのパソコンを販売しています。
最初からパソコンにインストールされているので、すぐに使うことができます。新しくパソコン購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

ソファ・インテリア情報のソファスタイルマガジン

6 MAR 2022

部屋の印象が変わる!一人暮らし用ソファの選び方・使い方を徹底紹介

快適に一人暮らしをするにはどんなソファを選ぶべきか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?ソファは座るものですが、何でも良いというわけではありません。それぞれの生活でソファをどのように使うかで、どんなソファがおすすめか異なります。本記事では、一人暮らし用ソファの選び方と、おすすめの使い方を詳しく紹介します。

生活スタイルに合わせてソファを選ぶ

一人暮らし用のソファを選ぶ時、自分の生活スタイルに合わせて選ぶことはとても大切です。

リラックスするなら2人掛け

2人掛けソファは一人暮らしにもおすすめです。一人暮らしには基本的に1人掛けソファを選ぶかと思いますが、ソファに横になったりテレビや映画を観るのが好きな人には2人掛けソファをおすすめします。

読書にはリクライニングソファもおすすめ

本を読むのが好きな人は、リクライニングソファもおすすめです。読書は長時間座るので、ゆったりとしたソファだと姿勢が崩れていって腰が痛くなったり疲れやすくなってしまうこともあります。

リクライニングソファは長時間でも疲れにくい姿勢で座れるように作られています。背もたれの角度を調整できるのもメリットです。座っている時間が長い人は、疲れにくいソファかどうか確認してみましょう。

ソファの色で部屋の印象が変わる

好きな色で選ぶのも良いですが、ソファの色だけでも部屋の印象がガラリと変わります。ソファは明るい色から暗い色まで種類豊富です。部屋に配置した時に違和感がないように、ソファの色も考えて選んでみましょう。

シンプルにモノトーンカラー

モノトーンカラーは基本的にどんな部屋にもマッチします。モノトーンカラーとは黒・白・グレーといった彩りがない色のことです。

北欧風は人気が高い

北欧風は男女問わず、世界中で大人気です。北欧風とは、ナチュラルで飽きのこないデザインが特徴です。

ブラウン系は温もりがある

栗色や焦げ茶色といったブラウン系の色味は、温もりがある部屋になります。ブラウンカラーも幅広い部屋に合うので、迷った時はとりあえずブラウンカラーを選ぶのもありです。ナチュラルやエレガントな部屋にも合います。

ヴィンテージ系でレトロな部屋に

ヴィンテージ系やレトロ系の部屋には、ブラウン・イエロー・グリーンなどの色がおすすめです。とくにブラウンは取り入れやすいカラーと言えます。

ソファのおすすめの配置

ソファの配置も、素敵なインテリアにする大事なポイントです。適当な場所にソファを置くと違和感になることもあり、せっかくの良いソファが台無しになってしまいます。配置に迷っている人も以下を参考にしてみてください。

窓際は基本

ソファを窓際に置くことで、太陽の光を浴びながら読書したりテレビを観たりしてくつろげます。太陽光は心を安定させるといった良い効果があるため、ソファの配置に迷ったら窓際にしておくと良いです。

窓に背を向けた配置はあり?

ソファが窓に背を向けた配置もありです。この配置にするなら、腰窓が良いでしょう。腰窓を背に向けて配置することで、部屋全体が明るく見えます。腰窓から太陽光が当たって気持ち良く過ごせます。

部屋を見渡せる配置は風水的にも良い

風水的に良いのは、ソファの後ろに壁があり部屋を見渡せる配置です。この配置にすることで、金運と人間関係の運がアップすると言われています。

ソファ選びのポイント

ここまでおすすめのソファについて紹介してきましたが、いざソファを買う前にサイズと座り心地を必ず確認してから購入を検討しましょう。見た目だけで選んでしまうと、トラブルになる可能性もあります。

部屋のサイズとソファのサイズは必ず確認する

どのソファにするか選ぶ前にまず、配置する部屋のサイズを測ってメモしておきましょう。良さそうなソファを見つけたら、ソファのサイズを確認し、部屋のサイズと比較してから購入を検討することを強くおすすめします

ソファと部屋のサイズが合わず、返品しなければならないこともあります。とくに2人掛けといった大きいソファにする際は注意が必要です。買い物に失敗しないためにも、部屋とソファのサイズを必ず確認しましょう。

座り心地が良いか確認する

ソファの座り心地が自分に合っているか、実際に確認してみましょう。せっかく見た目が良いソファを買ったのに、座り心地が良くないと勿体ないです。また、自分に合ってないソファだと姿勢が悪くなり、我慢して座ると体を痛めてしまいます。

以上で、一人暮らしでおすすめのソファの選び方をご紹介しました。生活スタイルに合わせて1人掛けソファか2人掛けソファを選んだり、部屋の雰囲気に合わせた色を選ぶなど、自分が重視する選び方でソファを見つけてみましょう。またソファを選ぶ時は、配置する場所・サイズ・座り心地も確認しておけば、トラブルを回避できます。最後に、SOFA STYLE からおすすめのソファをピックアップしてみたので、お気に入りのソファを見つけてみてください。

【予算別】ウイスキーのプレゼントおすすめ15選。選び方を徹底紹介

ウイスキーとチョコ

ウイスキーボトル6本


蒸留酒に分類される ウイスキーは開栓後の日持ちが長いのが特徴 です。日本酒やワインは開封後すぐに酸化してしまいますが、ウイスキーの場合は正しく保存すれば口当たりよく変化していきます。 数年かけて変化を楽しむことができるのもウイスキーの醍醐味 と言えるでしょう。

また、ウイスキーはビールや日本酒よりも カロリーが低く、糖質はゼロ なので、健康が気になるけどお酒が好きという方にうってつけです。

更に、ボトルやラベルがおしゃれで インテリアにもなるのもウイスキーの良いところ 。飲んで美味しい、見て楽しいウイスキーはプレゼントにぴったりですよ。

ウイスキーのプレゼント 予算の決め方は?

ウイスキーと樽が並んだ棚


ウイスキーは1,000円台の安価なものから1万円以上、更には10万円以上のものなど、価格がピンキリで迷ってしまいますよね。

カジュアルなプレゼントとして渡す場合は、3,000円~5,000円 ほどのウイスキーがおすすめです。また、普段より高級なものをあげたい 誕生日や記念日には5,000円~1万円 のウイスキーがおすすめ。 ビジネスギフトや還暦祝いなど特別なプレゼントならば、1万円以上の高級ウイスキー を選ぶと良いでしょう。

ウイスキーのプレゼントのおすすめブランド一覧

響 マッカラン バランタイン


ウイスキーのプレゼントのおすすめブランド3つと特徴や評価を解説します。

ザ・マッカラン

2003年、世界的に権威のある酒類コンペティション ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)にて、「山崎12年」が日本初の金賞受賞という快挙を成し遂げたことで、世界中にその名をとどろかせました。また、2010年には同じくISCで、「山崎1984」が全部門1,000品の頂点となるSupreme Champion Spirit(最高賞)を受賞。

バランタイン

特に バランタイン17年は5000円台とコスパも良いので、父の日のプレゼントとしても人気 があります。

ウイスキーのプレゼントの選び方

整然と並ぶウイスキー樽とボトル


ウイスキーのプレゼントの選び方を以下の3つのポイントから解説します。

  • 渡す相手で選ぶ
  • クセの強くないウイスキーを選ぶ
  • 並行輸入品を避ける

渡す相手で選ぶ

ウイスキーは同じブランドでも様々な銘柄があり、価格帯にも幅があります。 ウイスキーをこれから覚えていきたいという人には、ベーシックなラインを飲み比べ用として贈るのも一つの手 です。

反対に、 普段からウイスキーを飲むという人には、愛飲しているウイスキーのワンランク上の銘柄をプレゼントすると喜ばれる でしょう。ウイスキーはブランドごとに味や風味の傾向があるので、お気に入りのメーカーから選ぶと失敗しにくいですよ。

クセの強くないウイスキーを選ぶ

ウイスキーの中には好みが別れる味わいのものもあります。 口コミを見て「個性的、強いピート香、がつんと来るスモーキーな風味」などのレビューがあるウイスキーはクセが強く、飲む人を選ぶ可能性が高いので要注意 です。

また、世界5大ウイスキー(スコッチ、ジャパニーズ、アメリカン、アイリッシュ、カナディアン)の中でも、 スコッチ、ジャパニーズ、アメリカンは日本人の口に合うと言われている ので、贈り物としておすすめです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる