取引ルール

バイナリー オプション 無料 サイン ツール

バイナリー オプション 無料 サイン ツール
トレンドの方向を自動で探知するツール

稼げる海外バイナリー比較

2019年5月15日 2020年5月18日

シグナルツールアイコン

こちらでは、 サインツールでは稼げない納得の理由をご紹介 しています。

サイトキャラ

  • この記事でわかること
  • 有料サインツールが稼げない理由
  • 無料サインツールが使えるおすすめ業者

1. そもそもサインツールとは

そもそもこのサインツールとは、矢印などで 値動きの方向を教えてくれるツール をいいます。

サインツール

サインツール

サイトキャラ

2. 絶対稼げるサインツールなんかない理由

2-1. バイナリーオプションが成立しない

1つ目の絶対稼げるサインツールなんかない理由は、バイナリーオプションが 成立しなくなる という点にあります。

FXとBOの仕組み

バイナリーは業者が報酬を支払う

サイトキャラ

2-2. バイナリーはタイミング次第

2つ目の絶対稼げるサインツールなんかない理由は、バイナリーオプションが タイミング次第 という特徴にあります。

トレーディングビューチャート

トレーディングビューチャート

サイトキャラ

ハイローオーストラリア取引画面

判定時間のときだけ価格が変動して負けるケース

2-3. サインツールはあくまで過去の統計

3つ目の絶対稼げるサインツールなんかない理由は、サインツールはあくまで 過去の値動きからの傾向を表すサイン だからです。

サイトキャラ

3. 無料で使えるサインツール

ここでみなさんに知ってもらいたいのが、(絶対稼げるというわけではない)サインツールに バイナリー オプション 無料 サイン ツール 数万円もかけるなんてもったいない ということです。

つまり何が言いたいかというと、 もしサインツールを使いたいなら、無料のものを使いましょう ということです。

3-1. オートチャーティストを使ってみよう

こちらでご紹介したい無料のサインツールは オートチャーティスト と呼ばれるツールです。

ファイブスターズマーケッツ取引画面

トレンドの方向を自動で探知するツール

このツールを起動させると 何分前にトレンドがどの方向に転換したといった情報を教えてくれる ので、その方向に順張りをすれば勝ちやすいといった、初心者にもわかりやすいツールです。

オートチャーティスト

サインが自動で表示される

オートチャーティスト

その方向で取引すると勝ちやすい!

3-2. ファイブスターズマーケッツで使える

バイナリーオプションでは ファイブスターズマーケッツ という業者で利用できます。

オートチャーティストが使える業者

ファイブスターズマーケッツとは2013年にサービスを開始した海外業者で、通常のバイナリー以外にも予想した価格まで動けば取引が成功する WOWFX といったユニークな取引方法があるのが魅力。

ファイブスターズマーケッツ取引画面

ファイブスターズマーケッツの取引画面

円安の局面はしばらく続く! 5月後半の
マーケットは、あまりにも悲観すぎた。
構造的な変化を見逃すな

月刊!志摩力男

5月後半のマーケットはあまりにも悲観的だった。FF金利先物レートは米利上げ後の利下げを織り込む動きを解消している

ただ、今振り返ってみると、5月後半のマーケットはあまりにも悲観的過ぎたと思います。

FRB (米連邦準備制度理事会) の利上げで株価は急落しましたが、今後も利上げが続くことが確実なことから、米国経済は株価下落と利上げで「オーバーキル」され、リセッション(景気後退)入りするのではないかと危惧されました。

2023年12月限のFF金利 (※) 先物のレートを見ると、利上げ後の利下げまで織り込み始め、2年債の金利は2.4%台へ急低下、10年金利も2.7%台へと低下しましたが、それはさすがにやり過ぎだったと思います。今、2023年12月のFFレートを見ると、利上げ後の利下げを織り込む動きは解消しています。

米FF金利先物(2023年12月限)

筆者も、短期的に調整局面が続くと見ていましたが、円相場が転換するという見方には同意できません。この円安相場は簡単には終わりません。

今回の円安加速は、米金利が急上昇を開始した時期と重なっています。日本の金融政策は変わらないので、米金融政策が引き締まれば、米ドル/円は自然と上昇するという構造になっています。

米ドル/円&米2年債利回り 日足

しかし、米金利がなぜ急激に上昇したかといえば、3月のFOMC (米連邦公開市場委員会) で利上げが開始されたという面もあるかもしれませんが、それは構造的な変化を見逃していると思います。

★志摩力男さんの有料メルマガ 「志摩力男のグローバルFXトレード!」 では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後、10日間は無料解約可能です

グローバリゼーションは逆行、インフレ率が高い世界へ。米ドル/円の円安局面はしばらく続く

サプライチェーンが混乱し、原油価格の高騰が続くならば、日本の貿易収支が黒字になることはなさそうです。

昨年(2021年)は、おそらく「1バレル=60ドル」ぐらいで原油を輸入できていたと思いますが、今年(2022年)は「1バレル=110ドル」前後となりそうです。50ドルも高い原油を買い続けると想定すると、「1ドル=130円」の世界では、今年(2022年)の原油の輸入代金は昨年(2021年)より10兆円近く増えることになります。

WTI原油先物 日足

世界は、資源高とサプライチェーンが上手く機能しないことから、インフレ率が高い世界が続くことになります。日本の貿易収支が赤字化すること、そして他国は金利引き締め局面が続くということになります。日本は金利が上げられないので、通貨安が続くでしょう。

米ドル/円相場は、もとの円高局面には相当のことがないと戻るのが難しい。この円安局面はしばらく続くと思います。

米ドル/円 日足

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

志摩力男のYoutubeチャンネル 「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」 で最新動画 「月刊!志摩力男」 を公開(2022年5月31日)しました!

志摩さんは米ドル/円は126円台で調整局面はいったん終了、6月は様子を見ながらの相場になるとの見方を示しつつも、うまく対応すれば利益も出せるとアドバイス。米ドル/円が131円台に上昇したタイミングで売りに転じて利確まで完璧だった志摩さんの思考とは?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる