FXの練習方法は

損益管理とは

損益管理とは
※損益計算書、推移表

原価管理や損益管理の効率化と高度化を実現する「損益管理テンプレート」を提供開始

「mcframe」は、製造業の多種多様なニーズにお応えできる、純国産の生産管理・原価管理・販売管理システムです。複数のモジュールが提供されており、原価管理モジュールである「mcframe 原価管理」では、実際原価/標準原価/予算原価/実績原価の4つの原価管理と、それらのPDCAサイクルの構築により、原価計算からビジネス戦略に役立つ原価管理への転換をサポートします。
「損益管理テンプレート」は、マルハニチロが掲げる“スマートファクトリー構想”の安定品質の商品をお客さまに提供し続ける、という想いから実現した、原価管理や損益管理の手法や帳票をテンプレート化したものです。このテンプレートを活用いただくことにより、マルハニチロが実現した損益管理のノウハウ取得はもちろん、導入の過程で自社の損益管理の現状と、あるべき姿のギャップを分析することにより、最適な損益管理に向けて実施すべき業務改革の指針を打ち出しやすくなります。

価格表

製品名 価格(税別) 発売時期
損益管理テンプレート オープンプライス 2021年5月18日

「損益管理テンプレート」の特長と導入効果
■特長

・生産工場ダッシュボード
工場別の生産性指標がレーダーチャートで表示でき、原価差異分析、稼働状況、歩留まり・能率、原材料単価差異、在庫金額の情報がチャートやグラフ形式で確認可能です。
・工場レポート
製造工場の詳細な損益概況および生産・販売の進捗状況の確認が可能です。
・損益シミュレーション
特別な分析システムや帳票ツールがなくても、EXCEL上で損益表まで出力可能です。

■導入効果
・原価計算と定型帳票を自動で作成することで、多彩な損益情報を可視化
これにより予定損益からのブレ理由(差異原因)を迅速かつ的確に把握して改善へ繋げられます。
・見込みの損益、締め後の損益を単品積み上げで算出
それぞれの数値につながりが生まれ、損益の信頼性、透明性が向上できます。
・すべての損益を予算編成時と同じ粒度で算出することにより、予算比較作業を大幅に軽減

マルハニチロ株式会社様からのエンドースメント

マルハニチロ株式会社
情報システム部 企画管理課 課長役 鈴木 創


ビジネスエンジニアリング株式会社様からのエンドースメント

ビジネスエンジニアリング株式会社
取締役 プロダクト事業本部長 中野 敦士


●報道関係者のお問い合わせ先
企画本部 コミュニケーション推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

期間損益の概念と計算方法について

期間損益の概念と計算方法について

昔、まだ会計のルールというのがそれほど明確でなかったころ、企業はその目的を達した時に清算され、その財産は債権者に利息ともに返済、債務の支払い後の残った財産を出資者に分配するという流れになっていました。
しかしこの方式だと、事業が続く限り出資者は投資資金の改修を行うことができませんし、国や地方自治体は税金を受け取ることもできません。
そうはいっても、営業を続けている企業を途中で清算するのも現実的ではありません。
そこで、企業が事業を一定期間ごとに行った結果を、利害関係者に対して会計情報として報告する期間損益という概念が生まれました。

この一定期間、3ヶ月、6ヶ月、1年などの定められた期間を 一会計期間 といいます。 損益管理とは
期間損益計算の概念を採用することによって、出資者は、企業が一会計期間に獲得した利益を配当という形で受け取り、国や地方自治体も、企業の利益から支払うべき税金を計算できるようになりました。
企業がその活動において必ず作成する必要のある「財務諸表」は期間損益の概念によって作成されています。

期間損益計算の方法について

財産法とは、会計期間の期首に企業にあった純資産(正味財産額)と、その会計期間の期末において残った純資産(正味財産額)とを比較して、 差額から企業がその会計期間に得た企財産の純利益と純損失を期間損益として把握する方法 です。

一会計年度が終了して、貸借対照表の期末の純資産が、期首の純資産よりも増加していれば黒字(利益があった)、減少していれば赤字(損失があった)という見方をします。企業活動による期間損益を、会計期間経過後の企業財産の増減という結果から見ていることから「 間接的利益決定の方式 」ともいわれています。

なお、財産法による期間損益の計算を確実なものにするためには、貸借対照表の資産の部にはあくまで財産として価値のある資産を時価で表示、負債の部には法的に確定している債務だけを計上することが必要です。このように、企業がどれだけの財産を保有しているかどうかを重視する考えを「 静態論 」といいます。

損益法とは、 会計期間全ての収益から、全ての費用を引いて純損益を求める方法 です。
損益法の計算には、「損益計算書」を使いますが、そもそも損益計算書は損益法の方法論に基づいて作られていますので、とても簡単に求められます。

損益法は、収益から費用を控除することによって期間損益を把握する方法であるため、「 直接的利益決定の方式 」もいわれています。

このように、会計の目的を期間損益の表示とし、貸借対照表に収支計算と損益計算の期間のずれから生じる未解消項目を収める考えを「 動態論 」といいます。
「静態論」では、あくまで資産価値のあるもの(売却できるもの)のみを資産として計上するという原則がありましたが、「動態論」では、取引があった時点で計上する費用と収益の経過勘定も資産や負債として計上します。また、資産の評価額も時価ではなく取得原価を用い、売却時に初めて収益を確定するという方式を取っています。

期間損益とは企業が事業を一定期間ごとに行った結果を、利害関係者に対して会計情報として報告するという概念です。
この一定期間、3ヶ月、6ヶ月、1年などの定められた期間を一会計期間といい、
財務諸表はこの概念を用いて作られています。
「損益計算書」「四半期決算」などの言葉を聞いたことがある人は多くいると思いますが、その根本に期間損益の概念が存在していたのです。

無料転職診断実施中

☆無料転職診断実施中☆ 最速転職HUPROでは、大学との共同研究による独自開発のアルゴリズムを用いた無料転職診断を行うことができます。

経理ドリブン

経理の力で会社を動かす "できる経理"損益管理とは を
目指す人のためのブログ Powered by

経理の花形!ゼロから学ぶ損益計算書の作り方

3月決算の企業では、既に決算書作成の準備を始めているところもあるのではないでしょうか。決算書作成は経理業務の花形である一方、様々な帳簿をまとめる必要があるので、かなりの重労働にもなります。
今回は、決算書の中でも「損益計算書」に焦点を当て、特徴と作成方法をまとめました。今期の決算書作成にぜひ役立ててください。

損益計算書とは

作成前の準備

■決算整理仕訳
最初に行うのが、事業年度内に行われた仕訳の確認や調整をする決算整理仕訳です。ここでは、入金や支払いが来期である取引や、固定資産の減価償却費の計上などを確認し、帳簿の修正を行います。 損益管理とは
作業の際はすぐに各勘定科目を仕訳するのではなく、それぞれが発生したタイミングや新しく作成した勘定科目の有無を確認するなど、全体像を把握するとスムーズです。

  • 売上
    現金の出入りに関係なく、取引発生の時点で収益や費用を計上する「発生主義」という会計基準に則り、正しく売上が計上されているかを確認します。
  • 当期費用
    保険料の支払いなどで、未処理になっているものや、翌期の費用を当期で処理したものを確認します。
  • 有価物・棚卸資産
    切手や印紙などの有価物のほか、在庫などをすべて確認します。
  • 税区分
    消費税を中心に、税区分が正しく適用されているかを確認します。特に2019年からは消費税率が8%と10%に分けられたので、注意しなければなりません。また、海外出張や海外企業との取引がある場合は、他国の税区分も確認する必要があります。
  • 税金
    税金の処理漏れがないか確認します。
  • 固定資産を確認
    固定資産台帳をもとに、減価償却額が適切かを確認します。
  • 有価証券の期末時価を確認
    決算時に評価替えする有価証券と時価を確認し、評価損益を処理します。
  • 未収入金を確認
    立替金など、「営業活動以外」で発生し、当期で回収を予定した未収金を確認します。

■転記
次に、仕訳した各勘定科目を総勘定元帳に転記していきます。総勘定元帳は複式簿記における主要簿であり、すべての取引を日付順に記録するものです。
総勘定元帳への転記は、取引を写していくだけなのでそこまで難しい作業ではありません。ただし、転記の際は、数字を間違える、借方と貸方が逆になる、転記漏れが発生するなど、思いがけないケアレスミスが起こりがちです。さらに総勘定元帳は、損益計算書だけでなく、貸借対照表など他の決算書類の参考にもなる帳簿です。ここでミスがあると決算関連の業務全体に響きますので、簡単な作業だからと気を抜かず、慎重に行ってください。

■試算表の作成
続いて、「試算表」を作成します。先述の通り、総勘定元帳への転記は、膨大な量の勘定科目、金額、日付を扱うため、誤記入や記入漏れが発生することがあります。試算表はこのようなミスの有無を確認するために作成するものです。試算表には「合計試算表」、「残高試算表」、「合計残高試算表」という3つの種類があります。それぞれの構成は以下の通りです。

合計試算表
各勘定科目の借方・貸方のそれぞれの合計額が合っているかを確認する試算表です。総勘定元帳から数字を転記するだけなので、比較的簡単に作成できますが、これだけだと勘定科目ごとの残高がわからないというデメリットがあります。

残高試算表
各勘定科目の残高を集計し、確認する試算表です。月次決算時の試算表として採用されることが多くあります。

合計残高試算表
合計と残高、両方を合わせた試算表です。合計と残高を網羅しているため、内容が充実している一方で、作成に時間がかかることが難点です。本決算にて作成する会社が多くあります。

損益計算書(PL)の見方と代表的な指標を解説| 経理を0から勉強するシリーズ 3

経理担当者


財務諸表の概要 と 貸借対照表の見方 を前回までお送りしてきましたが、今回は損益計算書の見方をご説明します。
貸借対照表が「ある時点の企業の財政状態」を表す財務諸表であるのに対して、損益計算書は「一定期間における企業の経営成績」を表す財務諸表です。企業は営業活動とそれに付随する活動によって利益を獲得しています。
売上からザックリ集計した費用を差し引いて「儲けはいくら」といったやり方を“ドンブリ勘定”といいますが、このやり方では利益を正しく測定することはできません。
経理部門では企業のすべての取引を複式簿記のルールにもとづいて、それらを売上に直接関係するものか、あるいは営業活動全般に関するものかなどを区分して、勘定科目という単位で集計し損益計算書を作成します。
では、損益計算書で計算される「利益」をみてみます。
利益の計算では獲得した収益からそのために支出した費用(コスト)を差し引いて計算していきます。売上高から純利益を計算するまでの流れをみていきましょう。

■営業損益計算までの手順

1. 売上総利益の計算
売上総利益=売上高-売上原価
売上高とは、会社の事業目的に沿った営業活動によって製品・商品・サービスなどを販売・提供することによって得られた収益の合計額です。
売上原価は、その販売商品を仕入れた原価(仕入原価)や製品を製造にかかった原材料費や外注費など(製造原価)の合計額です。
売上総利益は粗利(アラリと読みます)という言い方でも呼称されます。一般に、商社のように商品を仕入れて販売する企業の場合は売上総利益率が低く、メーカーのように製品を製造し販売する企業の場合には売上総利益率が高いといわれています。
※収益の認識基準について
通常、売上高などの収益は商品や製品の販売時点(納品時)に収益として認識します。ただし工事などの場合は、工事が完成した時点で収益を認識する基準(工事完成基準)や工事の進行に応じて収益を認識する基準(工事進行基準・出来高)などの例外があります。
2. 営業利益の計算
営業利益=売上総利益-販売費および一般管理費
いわゆる営業経費は、商品・製品の販売やサービス提供などの営業活動にかかったコストを指します。そこから、その営業にかかった費用である「販売費」とその管理にかかった費用である「一般管理費」とに分けられますが、損益計算書では「販売費及び一般管理費」として区分されます。
営業利益は、どれだけその会社が本業で稼ぐ力を示しているものだといえます。

■経常損益計算までの手順

3. 経常利益の計算
経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用
経常利益は「ケイツネ」などと呼ばれることもあります。“営業外”とされる収益及び費用は、企業の事業目的に沿った主たる営業活動ではないものの、その取引が反復継続される取引が集計されるグループです。具体的には「受取利息・配当金」や「支払利息」などです。
ここで計算される経常利益は、本業だけではなく資産運用や財務状態といった企業の経常的な活動(突発的ではなく普段から行っているような活動)の成果を表すため、損益計算書上の中でも重要視される傾向があります。そのため、新聞などのニュースでも「○○自動車の経常利益が過去最高を記録」や「株式会社△△、為替の影響で経常損失に転落」などといった見出しになることがあります。

■利益確定までの手順

4. 税引前純利益の計算
税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失
特別利益や特別損失はここまでの計算区分には含まれない、すなわち、主たる営業活動から生じたものではなく、かつ、継続的・経常的に発生するものではない、文字通り“特別”な取引が区分されます。
具体的には、建物や車両などを売却した場合の固定資産売却益(損)や長期保有を目的としていた有価証券の売却時に発生する投資有価証券売却益(損)、税務調査時に指摘を受けた項目を修正するための過年度損益修正益(損)などが挙げられます。
5. 純利益の計算
当期純利益=税引前当期純利益-法人税、住民税および事業税
最後に計算される利益が当期純利益です。企業は、その獲得した利益に応じて法人税などの税金を負担します。その税額計算のベースが税引前当期純利益で、計算された税額を差し引いて当期純利益が計算されます。この当期純利益は「分配可能利益」とも呼ばれ株主への配当などの原資となります。

■損益計算書で収益力がわかる

では、貸借対照表同様、損益計算書もポイントとなる指標をいくつか見ていきましょう。
損益計算書ではその企業の収益力をチェックすることができます。
・売上総利益率と売上高原価率
売上総利益率 = 売上総利益/売上高 × 100
売上高原価率 = 売上原価/売上高 × 100
売上総利益率は、販売した商品・製品・サービスから売上原価を引くとどれだけの儲けがあったのかを表す指標です。その反対に売上高原価率は、販売した商品はどれだけの売上原価がかかっていたのかを示す指標です。
したがって、売上総利益=売上高-売上原価ですから、売上総利益率が30%であれば売上高原価率は70%となります。
先述したとおり、損益計算書では売上総利益以外にも営業利益や経常利益が計算されます。売上高営業利益率や売上高経常利益率も重要な指標です。数式は次の通りです。
売上高営業利益率 = 営業利益/売上高 × 100
売上高経常利益率 = 経常利益/売上高 × 100

■ROAとROE

前回の記事 でも書きましたが、企業は企業活動の資金を外部から調達しています。調達した資金が効率よく活用されているかどうかは、利害関係者、とりわけ株主などの資金提供者にとっては重要な指標になります。
・ROA・・・総資産利益率(Return On Asset)
ROA = 当期純利益/総資産 × 100
総資産は外部から調達した資金と自己資本の合計で企業が調達した資金のすべてです。
ROAは利益を獲得するために企業の有する資産をどれだけ効率よく活用しているかを表す指標ですから数値が高ければ高いほど良いといえるでしょう。
・ROE・・・自己資本利益率(Return On Equity)
ROE = 当期純利益/自己資本 × 100
自己資本は株主資本と言い換えることができます。
ROEは株主から調達した資本でどれだけの利益を獲得したかを示す指標となります。
ROEを高めるためには、分母である自己資本が同じであれば当期純利益を高める必要がありますし、逆に、分子である当期純利益が同じであれば自己資本を減らす必要があります。
自己資本が減るということは、企業の根幹となる資本への安全性に問題が生ずる可能性があります。したがって、この指標が上昇しているとしてもどのような理由で上昇しているかを見極める必要があります。
ここまであげた指標は利益の獲得という観点でしたが、“回転率”という指標も重要です。
多くの企業は、不要な在庫をできるだけ持ちたくないと考えさまざまな対策を講じています。そのような対策が功を奏しているかどうかを「棚卸資産回転率」という指標でチェックすることができます。
・棚卸資産回転率
棚卸資産回転率 = 売上高/棚卸資産
この指標の単位は「回」です。
この数値が高いということは、棚卸資産が短期間に効率よく売上獲得につながっていると考えられ、在庫管理の有効性も裏付けられることとなります。「当社は在庫管理の効率改善を図っています」と主張する企業が、実際に在庫管理の業務改善が達成されているかどうかはこの指標を目安に確認することが可能です。
このように、損益計算書や貸借対照表からは企業のいろいろな“顔”や“体調”を推し量ることができます。ここまでご紹介した指標以外にもたくさんの指標があります。興味を持たれた方はぜひ書籍などで調べてみてください。

『部門別損益管理』で、賢く・無駄なく・戦略的に稼ぐ!【商人舎magazine1月号・原稿】

商人舎magazine1


2017年01月10日

■ 目的と行動原理

SM1601・1

■ 具体的数値を目標にする

■ 月次決算を確実に実行する仕組みを作る

■ 効果的なフォーマットの作成

sm1601・2

※損益計算書、推移表

SM1601・3

sm1601・4


☛ロスを細かく分類して管理する。
計画ロス = 政策値下げ額 + 試食販売額

商品ロス = 値下げ額 + 損益管理とは 廃棄額

■ 前年対比を診ることが、大きな目的

SM1601・5

※人件費を直接と間接(レジや事務、その他応援など)に分けて管理している場合の損益表

■ 現状を科学的に知る

■ 会社の強みを生かす、営業利益ミックス

■業務改善のすすめ

■ 『スーパーの営業戦略』 その他の参考記事
参考記事はこちらから、ご覧ください ⇒ スーパーの営業戦略

もし、あなたが、

業績を向上させたい社長・必見!!【営業利益の拡大策】

  • 新谷千里プロの料金プランを見る

新谷千里

  • 利益を倍増する、税理士(さん)の戦略的活用法 2015-12-24
  • 『資金繰り』に悩んでいる会社こそ、売上や粗利益を追うな‼ 【商人舎magazine3月号・原稿】 2017-03-10
  • 損益管理とは
  • 生産性を上げれば、競争に勝てる! 2017-08-07
  • 売上を上げるリーダーの『仕事の仕方』 2017-05-31
  • ビジネスとは『愛』である 2016-02-05

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す

新谷千里プロへの
お問い合わせ

新谷千里

担当 新谷千里 (しんがいちさと)

YouTube
2022-05-26 Facebook

ギャラリー

おすすめコラム

値上げしたのに、販売量を伸ばした! 価値を伝えて、売上をアップする簡単な方法

作業カイゼンと生産性向上の考え方と実践 ジリ貧SMを稼ぐSMに変えるその方法

仕入原価アップ、値上げラッシュ対策 ➤コストリーダーシップ戦略「競争力をアップして戦いを楽にする方法!」

440万円のロス削減で粗利益を簡単にアップさせる 営業利益大幅アップを実現できるその簡単な方法

ビジネスコーチングに関するご相談や困りごとなどを解決する新谷千里プロのコラムは必見。 今回のコラム記事は『『部門別損益管理』で、賢く・無駄なく・戦略的に稼ぐ!【商人舎magazine1月号・原稿】』。 豊中市で活躍する専門家がくらしやビジネスで役立つ情報をお伝えします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる