営業の攻略法

ボリンジャーバンドについて

ボリンジャーバンドについて
ボリンジャーバンドエクスパンション

ボリンジャーバンド【ざっくり解説】

ざっくりテクニカル分析

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの概要

ボリンジャーバンド とは、 移動平均線 (25日移動平均線を用いるのが有名です) に、統計学の標準偏差と正規分布の考え方を盛り込み 、 移動平均線を中心にしてその上下に乖離させたバンド(幅)を表示し、「チャートの大半がこのバンド(幅)に収まること」を利用してチャートの動きを予測するもの です。アメリカのジョン・ボリンジャー氏が考案しました。

ボリンジャーバンドの戦略

A.逆張り手法

基本的な用い方としては、チャートが レンジ相場 に入っており、一定の幅を上に行ったり来たりしている場合、例えば、勢いがつきすぎて「+2σ」のラインぎりぎりに来ているのであれば、それは「買われすぎ」ですので、やがて中心の移動平均線まで下がります。

よって、それを想定して、 そのラインのところで、移動平均線を目安に逆の「売り」を仕掛ける といった感じに用いられます。もちろん、「-2σ」の場合はその逆です。「+2σ」や「+1σ」を「 上値抵抗線 」として、また、「-2σ」や「-1σ」を「 下値支持線 」として使用しているともいえますね。

B.順張り手法(ボラティリティ・ブレイクアウト)

➀スクイーズ(Squeeze)

ボリンジャーバンドは、相場の動きが少ないときはバンド幅が狭まり、相場の動きが激しいときにはバンドの幅が広がるのでした。 レンジ相場が続くとバンド幅が狭まります (収束する、 スクイーズ する)。これは 次にトレンドが発生する予兆となる可能性 を持っています(当然、発生しないこともある)。

②エクスパンション(Expansion)

スクイーズのあと、チャートが上で「+2σ」のラインを越えたり、チャートが下で「-2σ」のラインを越えた場合、バンドが一気に拡大します( エクスパンション )。このとき、その仕組み上、当然、移動平均線の角度は「 急 」になってきます。

この「±2σ」を越えるということは、確率的に少ないことが起きる、すなわち、 それほど強い「トレンド」が発生した と考えることができます。

③バンドウォーク(Band walk)

移動平均線の角度が「 急 」になっているということは、その方向にトレンドが発生していることを意味します。ここでは、仮に上方向にエクスパンションが生じたとします。すると チャートはそのトレンドの方向に向かって、(1)移動平均線から「+2σ」ラインまでの間、(2)「+2σ」ラインから「+1σライン」までの間の中で移動し、チャートが上昇していくことがあります (下方向にエクスパンションした場合はその逆となります)。

この動きのことを「 バンドウォーク 」といいます。バンドウォークしている間はトレンドが継続していると考えてよいと思います。

ボラティリティ・ブレイクアウトの戦略

このようにボラティリティ・ブレイクアウトの戦略としては、 スクイーズしたのを確認した後 、 エクスパンションが起きた場所 で その方向のトレンドに従っていく (トレンドフォローする)というものになります。例えば、上にエクスパンションした(「+2σ」ラインを越えた)のであれば、その場所で「買い」を入れ、そのトレンドが終わるまでそのトレンドに従って利益を伸ばしていくことになります。一つの目安としては、再度、移動平均線(中心線)にタッチした場所や、再度スクイーズ下場所などが挙げられます。

ボリンジャーバンドの相対性を利用してトレードの幅を広げよう!

ボリンジャーバンドの相対性を利用してトレードの幅を広げよう!

ぱっと見普通のオシレーターです。 しかし、これは現在のレートがボリンジャーバンドのどのあたりにあるのかを示すインジです。 ボリバンと一緒に表示させました。 メインチャートも下のオシレーターもMA20の2σの設定にしています。 チャートを見ていただくと分かりますが、メインチャートでボリバンの2σを超えたところでは、下のオシレーターの上の白い点線(1.0)を上抜けています。 同じく、メインチャートで-2σを割ったところでは下のオシレーターの下の白い点線(0)を割っています。 レートがMA20にある場合は、%Bは0.5を示しま.

%Bはボリバンから派生したオシレータータイプのインジで、ローソク足がボリンジャーバンドのどの位置にあるかを示します。
下のチャートをご覧ください。

ボリンジャーバンド%B

  • ローソク足の終値がボリバンの2σを実体で上抜けると%Bは1を超える
  • ローソク足の終値がボリバンの-2σを実体で下抜けると、%Bは0以下になる
  • ローソク足の終値がミドルバンド上にあると%Bは0.5になる

ボリンジャーバンドの相対性とダイバージェンス

ダイバージェンスと言えばトレンドの転換です。
ボリンジャーバンドにおいても、絶対的な高値安値と相対的な高値安値にギャップが生じたときは、トレンドの転換が発生しやすいと考えます。

ボリバンの相対性を利用したトレード手法

1.エクスパンションが発生する

スクイーズが長く続くとボラティリティが一気に拡大してエクスパンションが始まります。
このエクスパンションはボリバンの両端が拡大することからも分かりますが、Bollinger Bandwidthというインジを使用すると、さらによく分かります。

ボリンジャーバンドのバンドの幅の推移を示すオシレーターです。 ボリバンだけでもバンド幅の広がりは分かりますが、このインジの方が視覚的にも明確です。 通常のボリバンと一緒に表示させてみました。 (どちらとも20期間の±2σ設定です) ボリバンの拡大や縮小の推移を分かりやすく推移していますね。 パラメーターの設定は自由に変更できますので、ボリバンのバンド幅について注目する場合には非常に有効なインジです。 (上手くいかない場合は右クリック⇒「名前を付けてリンク先保存」をクリックしてください)

FX取引ではボリンジャーバンドと移動平均線(MA)はどっちがいいの?

ゆん

FX初心者

ゆん

FX初心者

FXトレードで使うボリンジャーバンドとは

ボラティリティというのは、価格の変動の強弱を表す言葉です。

「ポンド円はボラティリティが高い」とよく聞きますね。

ドル円 ⇒ 62.8ピプス
ポンド円 ⇒ ボリンジャーバンドについて 167.8ピプス

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは順張りにも逆張りにも使えるテクニカル指標(インジケーター)です。

ボリンジャーバンド:ミドルライン

ボリンジャーバンド:標準偏差とは

標準偏差のことをシグマと言って、『σ』と表します。

ボリンジャーバンドの±2σの範囲内にレートが収まる確率が95.4%で、±3σの範囲内にレートが収まる確率が100%近いので、その辺りにレートが来たら逆張りするっていうのがボリンジャーバンドの逆張り手法です。

ボリンジャーバンドの入手方法と設定

MT4に最初から入っているインジケーターなので、すぐに出せます。

ボリンジャーバンド設定

ボリンジャーバンド設定

MT4を開いたら、『挿入』⇒ 『インディケータ』⇒ 『トレンド』⇒ 『Bollinger Bands』を選びます。

ボリンジャーバンドプロパティ

ボリンジャーバンドプロパティ

ボリンジャーバンドの順張り手法

レンジ状態だった相場からトレンドが発生すると、バンドがエクスパンション(広がる)ので、トレンド方向についていきます。

ボリンジャーバンドエクスパンション

ボリンジャーバンドエクスパンション

ボリンジャーバンドの逆張り手法

ボリンジャーバンド逆張り

ボリンジャーバンド逆張り

FX取引で使うボリンジャーバンドと移動平均線(MA)はどっちがいい?

なので、トレンド系インジケーター以外のオシレーター系インジケーターを入れるか、インジケーター以外のエリオット波動やダウ理論に基づいた分析を加えるのがいいと思います。

ボリンジャーバンドと移動平均線(MA)を両方ともチャートに入れるなら、移動平均線(MA)は1本にした方がいいですね。

ボリンジャーバンドについて FX取引ではボリンジャーバンドと移動平均線(MA)はどっちがいいの?

FX取引をする時に使うボリンジャーバンドは順張りにも逆張りにも使えるテクニカル指標(インジケーター)です。

プラス3シグマ(+3σ)
プラス2シグマ(+2σ)
プラス1シグマ(+1σ)
ミドルライン
マイナス1シグマ(-1σ)
マイナス2シグマ(-2σ)
マイナス3シグマ(-3σ)

というのは、レートがレンジブレイクをした時に、「また戻るから」と安易にロスカットを置かないでトレードしていると大きなトレンドが出た時に、損失が大きくなるからです。

ボリンジャーバンドを特性別に3つに分類

ボリンジャーバンドを3つに分類したチャート画像

▼ドル円5分足(クリックで拡大します)

エクスパンション

値動きが大きくなって、ボリバンが上下共に広がり始める段階。 ボリンジャーバンドについて
エクスパンションで適当な逆張りすると簡単に損失が膨らむので、 順張りで乗っていくのが正解です。

レンジや抵抗をブレイクする時に見られる形ですが、騙しの場合もあり。
時間帯と通貨ペアによってエクスパンションからの伸びは異なります。

FX侍です、こんにちわ。 今回は「マルチタイムフレーム(MTF)のボリンジャーバンド」について。 インジケーターの紹介やトレードへの活用方法を解説します。 下記はドル円5分足にマルチタイムフレームのボリンジャーバンドで上位時間足の30分と1時間の2つを表示しています。 .

ボリンジャーバンドのパラレルの解説

▼ドル円5分足(クリックで拡大します)

角度が付いているパラレルの時は、ボリバンが向いてる方向にローソク足が動いていく確率が高いです。

スクイーズ

FX侍です、こんにちわ。 今回は「マルチタイムフレーム(MTF)のボリンジャーバンド」について。 インジケーターの紹介やトレードへの活用方法を解説します。 下記はドル円5分足にマルチタイムフレームのボリンジャーバンドで上位時間足の30分と1時間の2つを表示しています。 .

ボリバンを活用する際の注意点

トレード手法によってボリンジャーバンドを使い分けるべし!

しかしボリバンを分類して正しく理解すれば、逆張りで使えるのも事実。

FX侍です、こんにちわ。 ボリンジャーバンドについて 今回は東京時間のレンジを攻略するボリンジャーバンドの逆張りトレード手法の解説。 トレンドが出る確率の低い東京時間のレンジで有効なボリバン逆張り手法です。 ボリンジャーバンドについて 東京時間はこのトレードをしている人も多く、上手な主婦なんかはこの手法で稼いでいますね。 .

ボリンジャーバンド を使用して買い持ち/売り持ちレベルを決定しましょう

How Do Bollinger Bands® Work?

責任ある取引: EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す る必要があります。 EF Worldwide ボリンジャーバンドについて Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる