ビットコイン攻略法

テクニカル分析の重要性

テクニカル分析の重要性
画像はイメージです

テクニカル分析

株式を分析し、それに投資するかどうかの判断を下すための分析方法として、大きく分けて次の2種類が挙げられる。それは、ファンダメンタル分析とテクニカル分析だ。ファンダメンタル分析には、対象企業の特性の分析も含まれており、それによってその企業を評価することができる。テクニカル分析はこれとは全く違った見方をする。その企業やコモディティの「評価」は全く関係しないのだ。テクニシャン (テクニカル分析の重要性 又はチャーチストとも呼ばれる) は、相場における値動きのみに注目するのである。

テクニカル分析とは?

  1. 値動きが全てを決める
  2. 株価はトレンドに沿って動く
  3. 株価変動の歴史は繰り返す傾向にある

1. 値動きが全てを決める

テクニカル分析では、どの期間における株価も、会社に影響した/影響する可能性のある事象 (ファンダメンタルズも含む) を全て反映していると考えられている。またテクニカル分析では、経済的要因、市場心理を含む企業のファンダメンタルズが全て株価に反映されていること前提としているため、各要因を分けて考慮する必要を省いている。テクニカル分析とは、市場の中の特定の株式の、需要と供給から生じる価格変動がすべてを決めると理論づけることが出来るのだ。

2. 株価はトレンドに沿って動く

3. 株価変動の歴史は繰り返される傾向にある

ファンダメンタル分析 VS テクニカル分析

チャート VS 財務諸表 (決算書)

テクニカルアナリストがチャートから株式の情報を得るのに対し、ファンダメンタルアナリストは財務諸表 (決算書) を用いる。

トレード VS 投資

テクニカル分析の分析期間がファンダメンタル分析に比べて本質的に短いだけではなく、大抵の場合それぞれが株を購入(または売却)する目的そのものが違う。通常、テクニカル分析はトレード (投機) に用いられ、ファンダメンタル分析は投資に用いられる。株式を購入する際、投資家はその出来高の上昇を見込んで投資するのに対し、トレーダーは買いの時よりも高く売れる株式に投資する。トレードと投資の区別はあまり明確ではないが、それぞれの手法の性質の違いは明らかである。

2つの手法は同時に利用できないのか

更に形式化された定義

トレンドのタイプ

トレンドの期間

トレンドライン

サポートとレジスタンス

さて、トレンドについて理解したところで、もう1つの主要なコンセプトとしてサポート (支持線) とレジスタンス (抵抗線) が挙げられる。これからテクニカル分析における断続的な強気・弱気の市場戦や、買い手(需要)と売り手(供給)間のもみ合いについて述べよう。

なぜこのような現象が起こるのか?

概数と、サポート・レジスタンス

機能の逆転

サポートとレジスタンスの重要性

このサポートとレジスタンスのポイントに注目することで、株をどのように売買するかも変わってくる。トレーダーは主要な突破ポイント (整数値など) での取引は避けたほうが良いだろう。なぜならサポートとレジスタンスが反転するポイントは通常、変動が激しくライン上で必ず反転するとは限らないからだ。もしサポートレベルあるいはレジスタンスレベル付近で売買を決心できたのなら、以下のルールに従うことが無難であろう。「サポートレベルまたはレジスタンスレベル上で直接エントリーしないこと」である。ほとんどの場合、株価は実際のところ整数値になることはなく、その数値に行くか行かないかの際どい状態になるからだ。もし株価がサポートラインに限りなく近づくと強く感じているのなら、サポートレベル上で決済はしてはならない。そのレベルから少しだけ上の数値のところで決済を行おう。もしくは、ストップ注文や空売りをする際には、サポートレベルよりも下の数値を定めるのが望ましい。

出来高とは何か?

なぜ出来高が重要なのか

出来高とチャートパターン

出来高は株価よりも優先視される

テクニカル分析では、出来高よりも株価が重視される。出来高は、この先起こり得るトレンドの反転を予測するために分析家やチャーチストに大きく注目されているのだ。もし出来高が上昇トレンドにおいて減少している時は、それは上昇する傾向が終わることを意味している。

チャートの設定

チャートのタイプ

  • ラインチャート
  • バーチャート
  • ローソク足チャート
  • ポイント・アンド・フィギュアチャート

ローソク足

ラインチャ-ト

バーチャート

ポイント・アンド・フィギュアチャート

まずポイント・アンド・フィギュアチャートを見てみると、×と○の記号が描かれているのが見えるだろう。×はトレンドの上昇を表し、○はトレンドの下降を表す。さらに下の部分に数字と英文字があるが、これはチャートの変動がどの月のものなのかを表している。記号 (○×) の数で変動の大きさを表し、記号の数はその時の株価に合わせて調節される。株価が高くなれば、高い数値のところに記号が描かれる 。株価が20ドルから100ドルを表すほとんどのチャートにおいて、記号一つは1ドルまたは1ポイントとして割り当てられている。このチャートのもう一つの要点は、反転の際の表示基準である。通常、反転するのは3ポイント以上の変化があった時だが、使用者によって任意の反転値を設定できる。反転させる基準は、新しいトレンドに切り替わるのに株価トレンドがどれだけ高値あるいは安値から動くのか、あるいは、記号が×から○に(またはその逆)なるのにどれだけ株価が動く必要があるのか、にかかってくる。トレンドが変わったとき、変化が起こったことを示すために○×記号は右側に1つ移動して新たに描かれる。

結論

チャートパターン

ヘッド&ショルダー(反転パターン)

ADVFNのチャートマッチャーでヘッド&ショルダーのチャートパターンを見るにはこちらから

MトップとWボトム(反転パターン)

ADVFNのチャートマッチャーで個人のWトップのチャートパターンを見るにはこちらから

カップ&ハンドル(保ち合いパターン)

ADVFNのチャートマッチャ―で自分のカップ&ハンドルチャートを作るにはこちらから

上の図を見ると、上昇トレンドから始まり株価のパターンがカップ (器) のような形になっているのが分かる。ハンドル (持ち手) の部分は、一般的にカップが形成されてから株価が下降、あるいは横ばいに動くことで形成される。株価が一度ハンドル部分のレジスタンスラインを越えると、上昇トレンドは続いていくと考えられる。このタイプのパターンは形成される期間が数か月から1年以上と、幅が広くとられている。

ファンダメンタルズ分析とは?

ROAは「Return On Asset」の略称で総資産利益率を意味し、総資産に対する利益の割合です。ROEは自己資本に対して、ROAは総資産に対して利益率を表すという違いがあります。ROAは総資産に対する利益の割合のことなので、資本だけでなく負債も考慮した数値になるのです。ROAが負債を含めたすべての資産どれだけ効率的に活用しているかを示す指標になるのに対し、ROEは自己資本をどれだけ効率的に活用しているのかを示す指標となります。

株価の割安感を分析するのに用いる指標

・PER

PERは「Price Earnings Ratio」の略で、株価収益率を意味します。PERは、その会社が稼ぎ出す利益と株価の関係を表す指標です。PERが低いほど、その会社が稼ぎ出す利益に対して株価は割安と判断されます。逆に、PERが高いと利益に対して株価は割高と判断されるので、株価が割安か割高かを測るのに非常に有用な指標です。

・PBR

PBRは「Price Book-value Ratio」の略称で、和訳すると株価純資産倍率のことです。PBRは、企業の市場が評価した値段(時価総額)が会計上の解散価値である純資産の何倍であるかを表す指標であり、株価を1株当たり純資産(BPS)で割ることで算出できます。

貸借対照表を把握し分析する

貸借対照表を把握し分析する

監修者プロフィール

渡辺 智(ワタナベ サトシ)
FP1級、証券アナリスト。

インデックスファンドとは?

株の買い方が知りたい

ファンドとはどういうもの?

FXのフラッグ/ペナントとは?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

どんな株式投資のスタイルがあるの?テクニカルとファンダメンタルズを解説!

投資スタイル

移動平均線

画像はイメージです

青い線はより長い期間の平均であるため、赤い線と比べてなだらかになっていますね。

その通りで、移動平均線とは一定期間の株価推移の平均値を線にしてつなぎ合わせた株価指標です。

逆に、長期で平均をとると、大局的な相場の流れが見えることになります。

テクニカル指標はどこで確認できるの?

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

ファンダメンタルズとは

ファンダメンタルズとは国や企業の経済状態を表す指標であり、「経済の基礎的条件」と訳されます。

国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支、雇用統計などがファンダメンタルズに当たり、企業の場合は売上高や利益といった業績、資産や負債などの財務状況が挙げられます。

ファンダメンタルズ指標にはどんなものがあるの?

ファンダメンタルズ分析とは、企業の価値を推定して、いまその本質的価値に対して株価が割安なのか割高なのか判断するために行うものです。

割安なら今買っておいた方が良い一方で、売却に適したタイミングとは言えません。

逆に割高なら、今買うのは見送るか、株を持っているなら売却のタイミングであると言えます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズはどこで確認できるの?

ただ、最初から決算短信に載っている損益計算書や貸借対照表を見ようとするとかなり難解かもしれません。
そこで個人投資家向け企業レポートで「ブリッジレポート」などを見ると、とても分かりやすい形で確認できます。

ファンダメンタルズ分析をしていきたいあなたは、まずは決算情報を読み解く力をつけていきましょう!

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どっちがおすすめ?

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のメリット・デメリット

しかし、一般的にはテクニカルは短期的な株価の動きを予想するために使い、価格差(値ざや)を利用して収益を出そうとする売買で用いられます。

ファンダメンタルズは、中長期投資での企業価値や成長性を計るために使われます。

歴史は同じようには繰り返さないが、韻を踏む。(The past does not repeat itself, but it rhymes.)

と言ったように、「過去がこうだったから、次もこうなる」という断定は不可能であり、チャートだけでは長期で勝ち続けることが難しいという考えを持つ人も多数います。

\当サイト限定のレポート/

「いろはに投資」経由で口座開設&取引をすると、「2022年 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2022年の投資戦略に役立てましょう!

テクニカル分析の重要性

Podcast

コメントを残す コメントをキャンセル

保険と投資 アイキャッチ

【いまさら聞けない】保険とは?保険と投資の違いを徹底解説!

米国大統領選挙と株価

【2020年アメリカ大統領選挙】選挙結果が株価に与える影響は?

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

ETF おすすめ(アイキャッチ)

FXアプリアイキャッチ

ヤマイチ・ユニハイムエステート

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる