取引プラットフォームガイド

仮想通貨のメリット

仮想通貨のメリット
エルピオでんきサービス停止を受けて電力会社の見直した。コンサルしてもらった結果、リミックスでんきの使い得プランが基本料無料で一律26.30円。月に300kWh以上なら断然お得と判明。縛りも解約金もないとの事で即決。仮想通貨割りプランなら5%分のビットコインが付与されるとか。30Aから契約可。— shiu56 (@horishiu56) March 29, 2022

スウェットコイン(Sweatcoin/SWC)とは?基本情報・特徴などを解説

(画像:AppStore)

(画像:AppStore)

無料で簡単に始められるM2Eアプリ

Sweatcoin(スウェットコイン)の大きな特徴の1つとしては「無料で簡単に始められる」という点が挙げられます。現在の一般的なM2E関連アプリは「有料のNFTスニーカーを購入・装着して、歩くことによって仮想通貨やNFTが稼げる」という仕組みになっていますが、Sweatcoinは無料アプリをダウンロードして簡単な設定を行うだけで歩いた歩数に応じたコインを稼ぐことができる仕組みとなっています。

報酬2倍ブースト・広告報酬・紹介報酬などの機能も

Sweatcoin(スウェットコイン)には1日に1回だけ好きなタイミングで利用可能な『デイリー2倍ブースト』の機能が搭載されているため、このブースト機能を利用すれば20分間だけ報酬を2倍に増やすことが可能です。この機能を活用すれば、毎日20分間のウォーキングを習慣化することができると期待されます。

ブースト機能・広告報酬・紹介報酬などの機能も

ブースト機能・広告報酬・紹介報酬などの機能も 仮想通貨のメリット

プレミアム会員になれば報酬がさらに増加

Sweatcoin(スウェットコイン)では、月額制・年額制で利用できる『プレミアム会員』のサービスも提供されているため、この有料サービスに加入すれば獲得コインを無制限で2倍に増やすことが可能です。

プレミアム会員は獲得コインが2倍に

プレミアム会員は獲得コインが2倍に

コインは豪華商品との交換・寄付などに利用可能

Sweatcoin(スウェットコイン)で獲得したコインは、アプリ内下部の「ショッピングバックボタン」をタップすることによって豪華商品との交換や寄付などに利用することが可能となっています。

獲得したコインは商品交換・寄付などが可能

獲得したコインは商品交換・寄付などが可能

今後は仮想通貨「SWEAT(SWC)」も獲得可能に

Sweatcoin(スウェットコイン)で獲得できるコインは記事執筆時点で「アプリ内でのみ利用可能なコイン」となっているものの、Sweatcoinは『2022年夏に仮想通貨SWEAT(SWC)をローンチする』とも発表しているため、今後は「仮想通貨を稼げるM2Eアプリ」としての機能が本格的に展開されていくことになると期待されます。

仮想通貨SWEAT(SWC)に関する詳細は「SWEAT ECONOMY」の公式サイトに記載されており、このサイトでは「Sweatcoinのアカウント作成・SWEAT Walletの作成・Sweatcoinの獲得」などの基本的な作業を行なっていれば、トークン生成イベントでSweatcoinを失うことなく同量のSWEATを受け取ることができると説明されています。

移動平均法と総平均法のメリットとデメリットについて

こちらは計算が非常に簡単ですが、かなりざっくりした計算になります。

移動平均法と総平均法のメリットデメリット、違いの概要

移動平均法総平均法
メリット・実際の取引の損益と近くなる
・取引の都度、損益が計算できるため、税金の予測・準備を行いやすい
・相場が下落前に購入し、下落後に売却した場合に利益が小さくなる
・計算が簡単
・相場が年末近くに上昇したタイミングで大量に購入した場合など移動平均法に比べて利益が小さくなる
デメリット・計算が複雑
・相場が年末近くに上昇した時に大量に購入した場合など総平均法に比べて利益が大きくなってしまう
・実際の取引の損益と大きく異なる可能性がある
・年末にならないと損益が計算できないため、税金の予測、準備が行いにくい
・相場が下落前に購入し、下落後に売却した場合に利益が大きくなる

移動平均法のメリットとデメリット

移動平均法のメリット

移動平均法の一番のメリットは、実際の取引の利益と近くなることです。

移動平均法のデメリット

とにかく計算が複雑で大変です。

総平均法のメリットとデメリット

総平均法のメリット

総平均法の一番のメリットは、計算が簡単なことです。

総平均法のデメリット

総平均法の一番のデメリットは、実際の取引ベースの利益と大きく異なる結果の利益になってしまう可能性があることです。

仮に、移動平均法の方が利益が少ない年は、移動平均法による利益計算を行い、総平均法の方が利益が少ない年には、総平均法による利益計算を行い税金を納める方法は選択できないという点です。

あわせて読まれる人気の記事

Default Thumbnail

佐藤修一公認会計士事務所代表、合同会社CMA代表
キャッシュフロー経営コンサルタント 公認会計士 税理士
新日本有限監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)の東京事務所で上場企業の会計監査、総務省委託研究経理検査、内部統制構築支援、財務のデューデリジェンスに従事

開業後は、創業期の会社から上場準備会社まで中小企業の成長のための投資に備え、倒産しない、筋肉質の会社を作るためのキャッシュフロー経営の普及、freeeやマネーフォワードなどクラウド会計を使った経理の効率化・スピードアップを図り、経営ビジョンの明確化、実現のためのサポートを行っている

北部九州公認会計士協会所属 登録番号 028716
九州北部税理士会 福岡支部所属 登録番号 125272
経済産業省認定 経営革新等支援機関

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる