FXのご案内

個人的に考える FX 投資とは

個人的に考える FX 投資とは
  • 「未公開株」にかかわるもの:
    ある企業の株式について、近々証券取引所に上場(公開)する予定であり、上場すれば高値が付くのは確実、安価な今のうちに買って上場後に高値で売れば差額が儲けになる、といった「未公開株」にかかわるもの。
  • 「外国通貨」にかかわるもの:
    ある開発途上国では様々な開発プロジェクトが進んでおり、近い将来、大きく経済成長する。その国の通貨を安価な今のうちに買っておき、経済成長に応じて値上がりしたところで売れば儲かる、といった「外国通貨」にかかわるもの。
  • 「権利」にかかわるもの:
    風力発電や太陽光発電、HIVやiPS細胞など、その時々に話題となっているキーワードに関連して、発電設備を設置する土地の権利や、新技術に関する知的財産権などへの投資を勧誘するものもあります。

【徹底解説】投資は副業になる?株やFXなどおすすめの投資方法を紹介

投資副業

復興特別所得税とは…
「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」にて定められた、所得税を納める義務のある個人に対して、併せて納める義務が発生する税を指す。
2013年(平成25年)1月1日から2037年(令和19年)12月31日までの間に生ずる所得に関して、基準所得税額(非永住者以外の居住者の場合、全ての所得に対する所得税額)が復興特別所得税の課税対象となる。
復興特別所得税額は次の算式で求める。
【算式】復興特別所得税額=基準所得税額×2.1%

ある年の1月1日〜12月31日に得られた所得にかかる所得税および復興特別所得税は、原則、翌年の2月16日〜3月15日の期間中に確定申告をして納税をします。
※土日祝日が重なる場合やその他の理由により、期間が変更となる場合もあります。
※2020年(令和2年)分の所得税の確定申告期間は、「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言」を踏まえ、2021年(令和3年)2月16日(火)から2021年(令和3年)4月15日(木)となりました。

所得税の確定申告の概要

所得税および復興特別所得税の確定申告とは…
毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じたすべての所得の金額とそれに対する所得税および復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続を指す。

要するに、所得税および復興特別所得税の確定申告とは、 個人的に考える FX 投資とは 1年間の「儲け」に関して申告をし、それにかかる税金を納める手続き(納めすぎた税金があればその還付を受ける手続き) のことを指しています。

確定申告を行う必要がある人

副業としての投資で利益を得たからといって、必ずしも全員に確定申告の義務が発生するわけではありません

  • 給与所得がある場合
    例:会社員、公務員、パート・アルバイトなど
    ※ただし、会社員と自営業の兼業の場合なども含む
  • 給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える
  • 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える
    ※給与所得の収入金額の合計額から、所得控除の合計額(雑損控除、医療費控除、寄附金控除および基礎控除を除く)を差し引いた残りの金額が150万円以下で、さらに各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円以下の場合は、申告は不要です。
  • 給与所得がない場合
    例:専業で行っている農業・漁業、自営業、自由業など
  • 次の計算において残額がある
    1. 各種の所得の合計額(譲渡所得や山林所得を含む)から、所得控除を差し引いて、課税される所得金額を求めます。
    2. 課税される所得金額に所得税の税率を乗じて、所得税額を求めます。
    3. 所得税額から、配当控除額を差し引きます。
      ※公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告は必要ありません。
  • 注意事項
  • 会社に雇用されている人など:副業としての投資により、 年間の儲けが20万円を超えた場合
  • 自営業・専業主婦など:副業としての投資により、 年間の儲けが48万円(所得控除における基礎控除額)を超えた場合

なお、ここでの「儲け(所得)」とは、確定した利益(マイナスの場合は確定した損失)個人的に考える FX 投資とは のみを指します。

「含み益」や「含み損」は、いずれも所得としては扱われません

投資副業に関するよくある質問

確定申告をしなくて済む方法はある?

実は、 確定申告をせずに済む方法は「ある」 のです。

それは、「特定口座(源泉徴収あり)」で取引をすることです。

このうち、「特定口座(源泉徴収あり)」で取引をしたものについては、税金の処理を証券会社に任せることができます

「特定口座(源泉徴収なし)」でも簡単な作業で確定申告ができるようになっていますが、 確定申告を避けたい人は「特定口座(源泉徴収あり)」を選んで取引をしましょう

なお、仮想通貨取引や一部の証券会社での取引では特定口座に対応していない場合もあり、その場合には所定の条件に基づき確定申告が必要となります。

iDeCoを使うと有利?

個人型確定拠出年金(通称iDeCo)という制度があります。

答えは、 「iDeCoを使うべき」 です。

  • iDeCoで積み立てをすると、住民税と所得税が軽減できる
  • iDeCoで運用すると、運用収益がすべて非課税になる
  • 受け取る時には、退職金や年金として控除が適用できる

特に、 副業として投資をするなら、退職金を確保する手段としてiDeCoは非常に有効 です。
※なお、iDeCoは専業主婦などを含むほぼすべての人が利用可能な制度です。

原則60歳になるまで引き出すことができないiDeCoなら、自分で退職金を用意するのに適しています。

なお、iDeCoは将来に向けての資産形成という性格上、預貯金・投資信託・保険商品など、比較的低リスクな資産が取引対象となっています。

iDeCo(イデコ)の始め方を徹底解説!必要書類やおすすめ証券会社も紹介 今回ご紹介するiDeCoは、個人向けの確定拠出年金です。 勤め先などで加入する確定拠出年金とは異なり、自分で投資先や証券会社を選ぶことができ、早く始めるほど老後の…

本業が忙しい人はどうしたら良い?

副業として投資を始めたいと思っても、本業が忙しくて副業に充てる時間が確保できない人は多いでしょう。

その場合は、「時間がかからない内容の投資をする」と良いです。

そのすべてに共通する特徴は、「自動で運用が可能」な点です。

自動で運用が可能、すなわち 「ほったらかしで運用が可能」な投資手法を選べば、本業が忙しくて時間が取れないような人でも副業で投資を始めることができます

「時間が無い」と諦めてしまう前に、ほったらかしでできる投資を始めてみましょう

投資副業のまとめ

  • 公務員や副業禁止の会社員などでも、資産運用である「投資」なら可能
  • 副業に充てる時間が少ない人は、ロボアドバイザーなど 自動で取引できるタイプの投資 を始めよう
  • 株式投資を通じて、企業に対して投資ができる
  • ETFを通して、 複数の投資先に一度に投資 ができる
  • 不動産投資では、 居住者がいる限り、安定して賃料収入 が得られる
  • 投資で得られた所得にかかる所得税は、確定申告によって清算される
  • 「特定口座(源泉徴収あり)個人的に考える FX 投資とは 」での取引に関する利益については、確定申告不要

投資は 「副業として稼ぐ」目的としても有効ですし、長期的な資産形成としても有効 です。

また、投資をすることで世界や経済の状況が理解できるため、それが本業に役立つ人もいるでしょう。

あるいは、投資の知識や経験を得たことによって、転職に成功する人もいるでしょう。

副業として投資をすることで、単純に「お金を増やす」以上の価値があるかもしれません。

まずは興味のあるものから投資を始め、人生を豊かにしてみましょう。

外為オンラインのiサイクル2なら少額からでも始められ、24時間システムが自動で取引してくれるので忙しい人や知識がない初心者でも簡単に利用できます。

今なら取引手数料が90日間無料なのでこの機会に是非口座開設をしてFX自動売買を始めてみてはいかがでしょうか。

投資詐欺にご注意を 気をつけるべき6つのポイント。相談窓口もご紹介。

INDEX

後を絶たない投資詐欺のサムネイル画像

投資詐欺の様々な手口のサムネイル画像

気をつけるべき6つのポイントのサムネイル画像

投資に関する困りごとは?のサムネイル画像

投資に関する困りごとは?

後を絶たない投資詐欺~2年間で約2,300件の被害を確認。狙われた人の約65%が60代以上。 後を絶たない投資詐欺~2年間で約2,300件の被害を確認。狙われた人の約65%が60代以上。

INDEXへ

投資詐欺の様々な手口~未公開株、外国通貨、自然エネルギー、「プロ向けファンド」の悪用など。 投資詐欺の様々な手口~未公開株、外国通貨、自然エネルギー、「プロ向けファンド」の悪用など。

  • 「未公開株」にかかわるもの:
    ある企業の株式について、近々証券取引所に上場(公開)する予定であり、上場すれば高値が付くのは確実、安価な今のうちに買って上場後に高値で売れば差額が儲けになる、といった「未公開株」にかかわるもの。
  • 「外国通貨」にかかわるもの:
    ある開発途上国では様々な開発プロジェクトが進んでおり、近い将来、大きく経済成長する。その国の通貨を安価な今のうちに買っておき、経済成長に応じて値上がりしたところで売れば儲かる、といった「外国通貨」にかかわるもの。
  • 「権利」にかかわるもの:
    風力発電や太陽光発電、HIVやiPS細胞など、その時々に話題となっているキーワードに関連して、発電設備を設置する土地の権利や、新技術に関する知的財産権などへの投資を勧誘するものもあります。

※「プロ向けファンド」について:
これまで「プロ向けファンド」は、売り先にプロ投資家(適格機関投資家)1者を含めば、それ以外に49人までの一般投資家にも売ることが認められていました。これは、プロ向けファンドであっても、そのファンドと関係の深い一般投資家も出資することがあることを想定したものでした。
なお、プロ向けファンドを運用・販売することは、金融商品取引法では「適格機関投資家等特例業務」とされています。

プロ向けファンドのイメージ

○「プロ向けファンド」の規制が始まりました
このような「プロ向けファンド」を悪用した投資詐欺を防ぐため、金融商品取引法(金商法)の見直しが行われ、この改正金商法が平成27年(2015年)5月27日に成立し、平成28年(2016年)3月1日に施行されました。
改正金商法の施行により、プロ向けファンドを一定の要件を満たさない一般の投資家には売ることが禁止され、届出業者に対する規制が厳しくなり、問題のある届出業者には業務停止命令を含む行政処分が行えるようになりました。

今般の改正で「プロ向けファンド」にこんな規制が導入されました。

(1)問題のある届出業者への対応(行政処分の導入など)

  • 監督上の処分(業務改善・停止・廃止命令)を導入
  • 実態把握・投資家保護の観点から、報告徴求・検査を行えることを明確化
  • 裁判所による禁止・停止命令の対象を拡大
  • 無届出や虚偽届出に係る罰則を引き上げ、業務停止・廃止命令違反などに係る罰則を新設

(2)プロ向けファンド(適格機関投資家等特例業務)の届出業者の要件

  • 届出業者の要件として欠格事由(業務廃止命令を受けてから5年間、刑事罰に処せられてから5年間など)を導入
  • 届出書の記載事項を拡充、届出事項の一部の公表を義務付け

(3)届出業者に対する行為規制の導入

  • 登録業者と同等の行為規制を導入
    適合性の原則(顧客の知識・経験などに照らし、不適当な勧誘の禁止)
    契約の概要やリスクなどを説明するための契約締結前の書面等の交付義務
    忠実義務、善管注意義務
    投資家利益を害する取引行為の禁止
    ※ただし、プロ間の自由な取引を阻害しないため、プロ投資家(特定投資家)との間の取引に限っては、契約締結前の書面等の交付義務、適合性原則などは適用されない。
  • 事業報告書の作成および金融庁・財務局への提出、ディスクロ誌の作成・公表、帳簿書類の作成・保存を義務付け

(4)プロ向けファンドに係る出資者の範囲

  • プロ向けファンドについて、出資または拠出の勧誘を行うことができる対象を、適格機関投資家(金融機関など)及び上場会社などの投資判断能力を有すると見込まれる一定の者や届出業者と密接に関連する者等に限定。

INDEXへ

気をつけるべき6つのポイント~業者が無登録、「必ず儲かる」、「元本保証」など、こんな勧誘は要注意。 気をつけるべき6つのポイント~業者が無登録、「必ず儲かる」、「元本保証」など、こんな勧誘は要注意。

(1)聞いたことのない業者(金融庁への登録も確認できない業者)から勧誘されている
法律上、幅広い投資家に対してファンドへの出資を勧誘できるのは、金融庁(財務局)の登録を受けた業者に限られます。これ以外の事業者が勧誘することは、法律違反の可能性があります。

(2)「上場確実」「必ず儲かります」「元本は保証されています」などと請け合う
株式や債券、投資信託やファンドなど金融商品は、経済状況などに応じて、収益が出なかったり元金を割り込んだりする可能性があります。

(3)「未公開株」や「私募債(しぼさい)」の取引を勧誘されている
一般的に、幅広い投資家に未公開株や私募債の取引を勧誘されることは、考えられません。

(4)X社の株式・社債の購入を勧誘された後、別の業者からタイミングよく連絡があり、「その株は必ず値上がりする」「その株を買ってくれたら、後日高値で買い取る」などと勧誘されている
投資詐欺によくみられる手口です。

(5)業者が「金融庁(またはその他の公的機関)から、認可
・許可・委託・指示などを受けている」と説明している

投資詐欺によくみられる手口です。
金融庁などの公的機関が投資の勧誘やそれに類した業務を民間業者に委託・指示することはありません。

(6)金融庁や財務省財務局、消費者庁や消費生活センター、証券取引等監視委員会などの公的機関や、それらを連想させるような名称を使っている
上記(5)と同様です。公的機関のウェブサイトなどで、正しい名称を確認しましょう。

積立FXは危険?儲からない?デメリット・メリットを解説

外為どっとコムの「らくらくFX積立」のアプリ画面

外為どっとコムであればスマートフォンでも簡単に定期買付注文が可能です。また、入金・出金まで対応可能です。

外為どっとコムの「らくらくFX積立」のアプリ画面

損益状況や資産推移もグラフでわかりやすく確認することができます。

「FX積立シミュレーター」の画面

外為どっとコムの公式サイトへ

外為どっとコムの公式サイトへ

「SBI FXトレード」の積立FXはスワップポイントを再投資できる

SBI FXトレードの紹介

  • 取り扱い通貨ペアが9種類
  • スワップポイントの使い道が多い
  • 1通貨単位から利用可能
通貨 米ドル/円
ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
カナダ/円
人民元/円
南アランド/円
トルコ/円
香港ドル/円
購入額 1通貨から取引可能
購入頻度 毎日、毎週、毎月
レバレッジ レバレッジ1~3倍:米ドル、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル
レバレッジ1~2倍:人民元、南アフリカランド、トルコリラ、香港ドル
信託保全 会社が破綻した場合でもお客さまの資産を保全する仕組み

SBI FXトレードの積立FXのスワップポイント

SBI FXトレードは貯まったスワップポイントの使い道が選択できるという嬉しい機能があります。
「そのまま貯める」「投資に使う」「現金として下ろす」という3つから、自分に合った利用方法でスワップポイントを活用できます。

SBI FXトレードの積立FXのスワップポイント再投資


貯まったスワップポイントを再投資する選択をすると有利に運用することが期待できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる