おすすめ記事

株価の弱気相場とは何か

株価の弱気相場とは何か
朝顔の花ひとつ時 仕手株相場は相場が激しく動くことから、一見華々しく見えますが、その多くは朝顔の花のようにあっけなくしおれてしまうことが多くみられます。 仕手株の場合、仕手が入ったと一般投資家に分かった時点で大抵、仕手の本尊は売り逃げています。その挙句、暴落した株をつかまされて涙にくれるのは一般投資家と言えます。 そのような羽目にならないように仕手株からは一歩距離を置き、絶対手を出さないようにしましょう、という格言です。 当たり屋につけ 相場の世界では、売買の周期が相場のサイクルとピッタリ符合し、いつも必ず利益を収める人のことを"当たり屋"と呼んでいます。 自分であれこれ思い迷うより、いっそ当たり屋と同じ売買をした方が良いと考え、その売買に便乗することを「当たり屋につけ」と言います。これと正反対の格言に「曲がり屋(思惑のはずれた投資家)に向かえ」というのがあります。 これは曲がり屋が買えば売り、売れば買うという具合に反対の売買をすれば利益が得られるという理屈からきています。 命金に手をつけるな 株式投資は余裕資金でやるべきで、思惑がはずれて困るような資金を投入してはいけないという教訓。 日々の生活費はもちろん、マイホームのための頭金や子どものための教育費、老後の生活資金を投じるのは禁物。 特に投機的な売買は絶対避けるべきで、失敗して取り返しのつかないことになってしまいます。 株式投資の最も基本的な心構えを示す格言です。 陰きわまれば陽転す 「陰の極」とは相場の人気が極端になくなり、売買高もきわめて細ってしまった状態を指します。 もうこれ以上は悪くなりようがないという意味で「極(きょく)」と言われるのですが、陰の状態は長く続かないものでもあります。 この格言は、売るものが出尽くした陰の極はあとから振り返れば絶好の買い場だったということがよくあること、と言う意味で使われます。 「夜明け前が一番暗い」、「閑散に売りなし」も同じような意味の格言です。 売り買いは腹八分 この格言は二つの意味があり、ひとつは「最高値で売ろう」とか、「最安値で買おう」とか思うなという戒めの意味。もうひとつは、相場に向ける資金は余裕資金で、という教えです。 前者は実際の天井、底の値段は誰にも分からないのだから、自分でそろそろと思ったら売りどき、買いどきだという心を教えています。 後者は、株式投資は家族の暮らしに必要な生活資金は避けよという心を教えています。 「アタマとシッポは呉れてやれ」、「バラを斬る如く売るべし」も同じ意味の格言です。 売りは早かれ 買いは遅かれ 株式投資の世界では「買い」は易しいが、「売り」は難しいと言われます。 その理由は「天井三日、底百日」という格言の如く、買い場はいくらでもあるが、売り場は短いと言えます。それだけに「買い」はじっくり構え、「売り」は一瞬のチャンスを捉え、迅速に行動すべしということを説いた格言です。 とにかく利が乗っていれば、それがいかに少なくても利益を現実のものとして手中に収め、それを投資資金に繰り入れ、次の機会を狙う心掛けが株式投資の世界では大切なのです。 売るべし 買うべし 休むべし 株式の「売り」と「買い」で株式投資は成り立ちますが、時には売買を離れて市場の環境や相場の動向を客観的に眺める、いわゆる「休む」ことも大切な要素と説くのがこの格言です。 ひとつの売買が終わったら一歩下がって世間の流れをゆっくり眺め、その間に心身のコンディションや投資資金を整えて次の機会に備えましょう。 ウォール街の「疑わしいときは何もするな」というのも同様の意味の格言です。 大相場には乗れ、常の相場には向かえ バブルのときに経験したように、大相場の株価は何回も上下動を繰り返しながら右肩上がりに上がっていきます。そのためいずれ利喰えるので積極的に買いに出るべき。 一方、通常の相場となるとそうはいかない。高値でつかむと戻すまでに長い時間がかかるので、常に売るタイミングを意識することが必要だということをこの格言は説いています。 押目待ちの押目なし 狙った株価が上がる一方、そのうちに落ちてくるに違いない。そのときが「買い」だというのが「押目待ち」ですが、思惑ははずれ、そのまま上がっていってしまい、結局買うチャンスを逸してしまう場合がよくあります。そうした思惑はずれを表現したのがこの格言です。 反対に下げ相場になって戻りを待つが、その期待もむなしく、相場はどんどん下がり、ついには大底で投げる羽目になってしまうことを「戻り待ちの戻りなし」と言います。

株価の弱気相場とは何か

一般的には、希薄化が起きない場合には株主の権利は不変であるが、減 資や債務株式化を実施した直後の企業というのは、衰弱した経営状態にあると考えられる ので、将来に対する投資家の強気 株価の弱気相場とは何か 弱気 錯しやすい状況になっていると思われる。

Although, generally speaking, shareholders' rights should not be affected provided no dilution occurs, companies that have just carried out a capital reduction or a debt-equity swap are likely to be in a vulnerable position, and investor perceptions are likely to fluctuate between bullishness and bearishness.株価の弱気相場とは何か

Short-term trading ideas and recommendations may be more or less positive than 株価の弱気相場とは何か a stock's fundamental equity 株価の弱気相場とは何か rating.

In a weak market environment characterized by persistently high competitive activity, organic sales rose once again with an increase of 4.0 percent.

[. ] total of 株価の弱気相場とは何か the market fluctuations or the cash flow fluctuations for the 株価の弱気相場とは何か hedge coverage and that of the market fluctuations [. ]

製品販売価格は、基本的には「地金価格+加工賃相当」となっており、地金価格 は顧客とあらかじめ取り決めたルールに従い、市況を反映して変動することから 相場 動した場合でも概 ね転嫁できると考えておりますが、短期間での急激な変動時には、転嫁ルールと都度の購買量によっては、そ の全てが転嫁できない場合もあります。

Product selling prices basically consist of “spot price + processing fees,” and while 株価の弱気相場とは何か according to rules decided in advance we anticipate being able for the most part to pass on costs due to spot market fluctuation to customers, in the event of sudden fluctuations not all of these costs can be passed on in the short term depending on the aforementioned rules and the purchase amount at that time.

モメンタムの見方・使い方

モメンタムとは、簡単に言えば変化率です。
大きく変化した銘柄を探すのに有効な指標です。小さな株価の動きに当てはめても活用できません。小さな動きにはストキャスティクスが適しています。
大きな動きとは、週足、月足で変化の大きい銘柄です。
弓の弦が強く引けば強く戻るように、上昇トレンドで大きく動いた株は必ず反動があり、大きく揺り戻しが起こります。
モメンタムは、この様な大きく揺り戻しが起こりそうな銘柄のスクリーニング、株価分析に適しています。短期より中期に活用出来る指標と言えるでしょう。

大きく変化した時期は、週足で探します。
チャート分析で用いる際、26週モメンタムに10週平均線を加えることで、判断しやすくなります。
買い銘柄を探す場合、26週モメンタムで-50%以上変化した銘柄から絞り込むのが良いでしょう。
大幅に売られた(変化)した株は、26週モメンタムが10週平均線を上回った後、上回った状態を維持すれば、上昇へ大きく変化します。

◆執筆者紹介◆
伊藤正之
株式会社ストック・データバンク新宿事業所代表
手掛けた株価分析ソフト「株の達人」は、25年以上、延べ1万人以上の個人投資家の方々にご愛顧いただいています。(2021年1月現在)
同会員向けサイトでは、「日経平均株価の動き」等のチャート分析を活かした市況解説などでも会員の方々にご好評をいただいてます。

青木智
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)保持者
元・株式会社ストック・データバンク新宿事業所の投資コンテンツ担当。
現在はフリーランスで投資関連のコンテンツ等を手掛け、株の達人の会員サイト等にも動画や相場解説などのコンテンツを提供。
登録者数2.25万人以上(2021年1月現在)の株の達人Youtubeチャンネルの動画も手掛ける。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる