投資助言

バイナリーオプション用語集

バイナリーオプション用語集
■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

オプション取引 用語集

オプションのプレミアムをもとに計算される値。
プレミアム以外の要素 (原資産価格、権利行使価格、満期日までの日数、ヒストリカル・ボラティリティ、金利)は固定であるため、インプライド・ボラティリティを見ることにより、そのオプションが割高か割安かを判断することができる。
ただし、割高なオプションであっても今後さらに割高になるということもあるので、インプライド・ボラティリティのトレンドも意識したトレードを行うことが重要。
関連 → ボラティリティ、 ヒストリカル・ボラティリティ

米国の先物・オプション取引において、投資家に直接サービスを行うブローカーのこと。
注文の受付・執行などのフロア業務は、FCM(Futures Commision Merchant )が行っており、IBは関与しない。これにより、FCMはフロア業務に専念することができ、IBは顧客サービスに専念することができる。
関連 → FCM

エキゾチック・オプション

米国の先物・オプション取引において、顧客の資金を預かり、注文執行などのフロア業務を担当する会社。投資家に対するサービス業務は、通常IB(Introducing Broker)が仲介して行うため、投資家と直接接する機会はあまり無い。
関連 → IB

S&P 100オプション

S&P100指数を原資産とするオプション。
銘柄には、アメリカン・タイプで権利行使される「OEX」と、ヨーロピアン・タイプで権利行使される「XEO」の2種類がある。 ともにCBOEに上場しており、流動性がある。
大手の機関投資家などは、ポートフォリオのヘッジとして、S&P100のプットオプションを大量に購入するため、コールオプションに比べてプットオプションのインプライド・ボラティリティが高くなりやすいという特徴がある。

S&P 500オプション

CBOEに上場しているオプション取引。 米国の株式市場を反映する株価指数である、S&P500指数を原資産とするオプション。
市場規模、流動性、業種などを考慮して選ばれる、500種の株をもとに指数が算出される。 大手の機関投資家などは、ポートフォリオのヘッジとして、S&P500のプットオプションを大量に購入するため、コールオプションに比べてプットオプションのインプライド・ボラティリティが高くなりやすいという特徴がある。 銘柄のシンボルは「SPX」で、この名前で呼ばれることが多い。

S&P 500先物オプション

S&P500指数先物を原資産とするオプション。
CMEに上場しており、活発に取引が行われている。 大手の機関投資家などは、ポートフォリオのヘッジとして、S&P500のプットオプションを大量に購入するため、コールオプションに比べてプットオプションのインプライド・ボラティリティが高くなりやすいという特徴がある。

シンガポール取引所。 1999年に、Stock Exchange of Singapore (バイナリーオプション用語集 SES) と Singapore International Monetary Exchange (SIMEX)の合併により設立された。
日本の日経225オプションが上場している。 しかし、大阪証券取引所に上場している日経225オプションよりも取引量は少ない。

1988年にCMEが開発した、先物・オプションの証拠金算出システム。
SPAN方式では、売りポジションと買いポジションを相殺するなどして、ポートフォリオ全体から必要証拠金を算出する。 現在SPANは、先物・オプション取引業界のスタンダードとなっており、アメリカではほとんど全ての取引所でSPAN方式の証拠金計算が採用されている。 また、大阪証券取引所においても、2000年10月30日よりSPANが採用され、現在も同取引所の先物・オプション取引に対する証拠金は、SPAN方式で計算されている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる