初心者必見

エリオット波動理論

エリオット波動理論
ポンド/豪ドル日足チャート

あなたのトレード判断能力を大幅に鍛えるエリオット波動研究

私の投資デビューはFXで、まもなく7年目に突入します。当初は右も左も分からない状態で、チャート画面にあるテクニカル分析を一通り学習しましたが、結局のところ移動平均線とトレンド• エリオット波動理論 サポート•レジスタンスラインくらいしか使えていませんでした。なので、過去のチャート検証をしようとも自分が使える理論がないた. 続きを読む め、いつも等閑な分析になってしまってました。
FX歴もそれなりに長いのに、毎回のエントリーではT/PとS/L値のはっきりとした根拠もなく、チキン利食いや取り損ないが多発しており、そろそろ何かテクニカル分析を1つでも極める必要があると考えていました。そんな矢先、YouTubeでエリオット波動理論を信望している2人のトレーダーさんの動画を見る機会があり、そこで紹介されていたオススメの書籍の本書を早速読んでみることにしました。
本書の前に「エリオット波動理論 入門」も出版されていますが、こちらの「エリオット波動 研究」でも初心者がわかりやすい内容となっています。用語の説明は繰り返しされていますし、チャート例もたくさんあってとても分かりやすいです。やはり、このようにチャートなどの図解が多い本は、電子書籍よりも紙媒体の方が断然いいです。
エリオット波動はスキャルや材料狙いの短期トレードには不向きですが、デイトレやスイングには結構使えそうです。
2022年になり、為替がかなり動くようになりました。最近デイトレとスイングに移行したこともあり、本書で学んだことを実践して一つひとつのトレードを丁寧に根拠を持ってできそうです。
エリオット波動については、まだ完全に理解できたと言えるレベルではないので、この後「入門篇」も読む予定です。これまで、「1、2、3…」と波動を数え、「今は10波動目だな」と馬鹿な解釈をしていた自分が恥ずかしいです。
あと、著者は本書の中で、エリオット波動に関する情報は書籍を含めたくさん出回っているが、発案者であるR.Nエリオット氏の理論とは異なるものが多いと言っています。もちろん、昨今はコロナや地政学的な影響を受け相場が急展開するので、自分の軸を何にするのかはそのトレーダー自身だとは思いますけれども。

【使い手が解説】ビットコインのエリオットウェーブ(エリオット波動理論)の分析で将来を分析

【使い手が解説】ビットコインのエリオットウェーブ(エリオット波動理論)の分析で将来を分析

初心者A

初心者B

NAO

エリオットウェーブとは一体どんな分析手法なのか?

  • エリオットウェーブがどのような分析手法であるのか?
  • エリオットウェーブを使用するメリット
  • エリオットウェーブを使用するデメリット

エリオットウェーブの歴史と分析手法について

エリオットウェーブとは、 日本人の間では「エリオット波動」とも呼ばれる分析手法 です。

ある日、海辺で波の動きを観察していると「 一定の規則性に基づいて波が動いていること 」に着目したエリオット氏は、株式相場にも当てはまるかもしれないと考えるようになりました。

理論として体系化した「The Wave Principel」を1938年に発表しましたが、日の目は見ずに1948年に亡くなります。

エリオットウェーブを使用するメリットとは?

  • 上昇トレンドを形成する典型的な波の形
  • レンジ相場に形成される調整の波形
  • 下降トレンドに形成される下落の波形

エリオットウェーブを使用するデメリットとは?

一方、 エリオットウェーブを使用するデメリット には

  • 主観が入りやすい分析手法である(誤った分析をしている場合アリ)
  • エリオット波動理論
  • 形成される波形は途中で変わる場合もある
  • 教科書通りの綺麗な波形が出現することは滅多にない

NAO

(ネガティブ目線)エリオットウェーブを用いたビットコインの中〜超長期の価格予測

結論としては、ネガティブ目線でのエリオットウェーブ分析によるビットコイン将来価格の予測は、 「26,682〜11,907ドル」 となりました。

中期目線でのビットコイン将来価格は「26,682〜24,328ドル」

長期目線でのビットコイン将来価格は「21,878〜18,681ドル」

その場合、 目処とされる 長期目線での 調整価格は「21,878〜18,681ドル」 です。

超長期目線でのビットコイン将来価格は「18,371〜11,907ドル」

(ポジティブ目線)エリオットウェーブを用いたビットコインの中〜超長期の価格予測

早速ですが、ポジティブなビットコイン価格予測は 「49,606〜101,033ドル」 という結果となりました。
10万ドル越えと驚愕の価格が予想されましたが、下記の項目にてエリオットウェーブによる分析をチェックしてみましょう。

初心者必見!バイナリーオプションで使える!エリオット波動入門

必勝法

  • エリオット波動の具体的な活用方法がわかり取引の精度を上げることができる
  • エリオット波動を使用する上での注意点がわかる

エリオット波動とは

相場の値動きには法則性を持ったサイクルがある

【ポイント①】ダウ理論

【ポイント②】フィボナッチ数列

【ポイント③】3つの要素

  • パターン:波動の形状
  • 比率:他の波動と比較した時に計測できる一定の比率
  • 時間:横軸でみた時に確認できる比率の法則

上昇5波・下落3波

例えばエリオット波動を覚えることによって 、価格が動いている時にその環境がどういった状況下にあるのかを客観的に捉えることができるようになります。

推進派と修正波

そしてこの上昇5波を総称して「 推進波」 エリオット波動理論

下落3波を総称して「 修正波(調整波)

さらにいうと、この1時間足の中を細かな5分足で見ると、 同じように上昇5波と下落3波を繰り返すサイクルが出来上がっているのがエリオット波動の特徴の1つです。

そしてこのようなサイクルがまた同じように2波、3波、4波、5波でも続いて繋がって波動を築いていくの「 フラクタル構造 」と呼ばれています。

あるサイクルを持った一部分が繋がって形状を組み立てることにより全体と同じような形状になっている事

  1. 第2波は第1波の始点を下抜けることは無い
  2. 第3波が最も短い波になる事はない
  3. 第4波が第1波の価格帯に割り込むことはない

フィボナッチ数列とは

つまり、フィボナッチの比率に置き換えて考えることにより、 その波動がどこまで伸びて折り返すのか推測することがができるようになります。

フィボナッチ数列とは、「 自然界のある一定の法則性を持った数列(比率) 」です。

各波動が形成される背景

下記のように下降トレンドが続いてく途中ではどこで上昇に転じるかはわかりませんが、 強いサポートラインで反発して価格を伸ばした場合、エリオット波動の第1波が形成されていると仮説を立てることができます。

この時の価格が下がる要因としては、 大きな局面で見たらまだ下降トレンドですので第1波の節目を「戻り目」と勘違いして売りのポジションを持つ投資家達が一定数存在します。

この第2波の特徴として、上記で説明したフィボナッチ比率にあてがえて考えた場合、 第1波の上昇の値幅に対して第2波の下降の比率は0.5もしくは0.618となることが多いです。

一般的には 第3波が一番伸びると言われています。

下降トレンドにおける戻り高値のラインをブレイク

そのブレイクを確認して新規の買いのポジションが入る

安値を切り上げていることから上目線に切り替わる

さらに価格が伸びる

この第4波は、第1波や第3波の下層圏での買いのポジションの利益確定が入りやすくなると同時に、これまでの流れか ら明らかな上昇トレンドとして捉えることもできるため、さらに買いのポジションが多く入ってくるのも大きな特徴です。

ただし、ここまでの買いポジションの利益確定などが入るため第3波ほどの上昇は見られませんが、一般投資家や投資初心者が上昇傾向だと認識して買いの注文が入ってくるので、 第3波と比べて急に大陽線が出現して急な角度で上昇しやすいのも第5波の特徴です。

またもう1つの特徴としては、必ずしも第3波の高値を更新できるわけではなく、その前に価格が下落することがあります(この現象を トランケーション と呼びます)。

例えば第1波に対して 第3波が通常よりも大きく上昇した場合は、第3波の時点で上昇の力を使い果たしたとして捉えることができ、結果として第5波が思った以上に伸びなくなり結果としてトランケーションが起こりやすくなる傾向にあります。

【エリオット波動理論】各波の特徴と相場心理の関係まとめ

エリオット波動と相場心理の関係

エリオット波動推進C波は前のトレンドを否定する波

3波動修正において「前のトレンドを破壊する波」がC波です。
1~5波で作ったトレンドと逆方向に大きく値幅を広げやすい特徴を持ちます。

特に、月足や日足レベルの長い時間足ほど大きな下落になる可能性が大きい。

一方で、5分足や15分足などの短い時間足ではC波がA波終点を越えられないフェイラーが起きやすい傾向があります。
これは上位足のトレンドから見て、C波が修正波であることから起こる事であると考えられます。

1波:「始まりの波」、実はトレンド転換をしている波
2波:「価格修正の波」、1波に対して大きな価格的修正を伴う波
3波:「強力な推進波」、トレンド方向への値動きが最も大きい波
4波:「時間修正の波」、横ばいのレンジとなりやすい波
5波:「終わりの波」、1波から続いたトレンド最後の波

A波:「トレンド転換の波」:1~5波に対する価格修正が始まる波
B波:「ダマシの波」:1~5波のトレンド継続のように誤解しやすい波
C波:「前トレンドを破壊する波」:前トレンドを否定する値動きをする波

エリオット波動理論|強気相場3波の上昇目安と判断基準

非常に強い上昇3波のチャート

ポンド/豪ドル1時間足チャート

異なる時間足を組み合わせてみる

日足でのエリオット波動のチャート確認

ポンド/豪ドル日足チャート

3波はどこまで上昇する?その目安とは

フィボナッチエクスパンションを使う

エリオット波動を表示させたチャート

フィボナッチエクスパンション100%で上値を抑えられているチャート分析

3波の利益確定の目安「水平線」

水平線でのレジスタンスラインの確認

水平線に抑えられて5波がフェイラーしているチャート

5波のフェイラー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる