最高の暗号取引プラットフォーム

無料のストップロス自動設定

無料のストップロス自動設定
冷凍フライ投入システム ※開発中の画像です

Cryptonovaeコイン(YAE)トークン、取引プラットフォームとは何ですか?

Cryptonovaeは、集中型および分散型の複数の取引所にわたってデジタル資産をシームレスに管理するための取引プラットフォームです。 YAEは、ERC20ベースのトークンであり、所有者に独自の革新的な機能を提供します。 Cryptonovae Token(YAE)は、そのコミュニティ専用の真のユーティリティトークンの力を解き放ちます。この独自の記録エンジンは、ユーザーが商人、開発者、所有者のいずれであっても、報酬を与えるように設計されています。

Cryptonovae(YAE)とは何ですか?

Cryptonovaeは、複数の暗号通貨取引所にまたがるデジタル資産を管理するための完全な取引エコシステムです。 高度なチャート作成および取引管理機能を通じて、ユーザーに洗練された取引体験を提供します。直感的でシームレスで、あらゆるスキルレベルのトレーダーが簡単に使用できます。 Cryptonovaeは、自動取引システム、シグナル、取引ツールの統合された市場を備えており、包括的で最先端の取引体験を提供します。 独自のYAEユーティリティトークンはエコシステムの目玉として機能し、ユーザーがネイティブ支払いとしてのコア機能を通じてエコシステムに関与できるようにします。

  • スタンドアロンソフトウェアとしての取引プラットフォーム。
  • 複数の時間枠、複数の画面機能、カスタム時間枠、無制限のインジケーター、取引管理機能、複数の注文タイプなどの高度な機能を備えた取引プラットフォーム。
  • 自動コーディングされているか市場で購入されているかにかかわらず、トレーディングボットの統合が可能になります。
  • 集中型および分散型取引所で取引することができます。

Cryptonovae(YAE)はどのように機能しますか?

プラットフォームの機能

    無料のストップロス自動設定
  • チャートの監視:ユーザーは、ユーザーのアカウントに接続されているすべての取引所に対して、好きなだけチャートを開くことができます。
  • ネイティブトレード管理機能:さまざまなテイクプロフィットとストップロスロジックを定義するための高度なツール。 プラットフォームインジケーターと戦略のコーディング:ユーザーは、独自のインジケーターとトレーディングボットを開発および統合できます。
  • 残高監視:接続されているすべての取引所のすべての残高に即座にアクセスできます。
  • 自動取引統合:プラットフォームには、アルゴリズム取引を実行および実行する機能が付属しています。
  • マルチスクリーン機能:ユーザーは、グラフィックスと他のすべての機能を別々の画面のウィンドウに分離して整理できます
  • ティックからのカスタマイズ可能な時間枠:プラットフォームには事前定義された時間枠のセットが付属していますが、ユーザーは任意の時間枠でチャートを表示することを選択できます。
  • 複数の時間枠表示:ユーザーは、XNUMXつの画面に多くのチャートを便利に設定して、同じトレーディングペアの異なる時間枠に基づいて比較設定を作成できます。
  • すべての取引所でのネイティブテイクプロフィット(TP)およびストップロス(SL)機能:プラットフォームは、グラフィックを直接ドラッグアンドドロップする簡単なワンクリックSLおよびTP機能を通じて、すべての取引所でシームレスなエクスペリエンスを提供します。
  • 取引分析:プラットフォームには完全な分析ツールが付属しており、ユーザーは期間を設定して利益と損失の統計にアクセスできます。

技術アーキテクチャ

Cryptonovaeソフトウェアはマルチスレッドの取引プラットフォームであり、ユーザーにユーザーAPIを提供する任意の暗号交換ネットワークに接続する機能を提供します。 Cryptonovaeのおかげで、ユーザーは6つのツールで必要なすべての取引所で取引できるようになります。 これは統合プラットフォームとして機能し、XNUMXユーザーは、取引所の詳細を気にすることなく、多数の取引所で取引するための簡単な方法を提供します。 統一された取引システムにより、ユーザーはCryptonovaeでの取引の容易さから利益を得ると同時に、より高度な取引操作にアクセスできます。

テクノロジーのスタック

現在、Cryptonovaeは.Net Framework(C#)を使用して開発されているため、現在Windowsでのみ実行されます。 ほとんどの金融関係者がこれまで.NetAPIを提供してきたことを考えると、複数の取引所間でアクセスを統合するための最良の方法として.NetFrameworkが選択されました。 ほとんどの暗号交換APIはRESTfulAPIであるため、.NetFramework環境に簡単に統合できます。 リリース後、Cryptonovaeは.Net Coreフレームワークに移行され、MacおよびLinuxでも利用できるようになります。

チャートエンジンの探索

TradingViewとMetaTrader4は非常に有望であることが示されていますが、特定の欠点があります。 一方では、MT4のカスタマイズには時間がかかり、非常に面倒です。 これらの側面に照らして、Cryptonovaeは、新しいグラフィックエンジンを開拓し、従来の製品では不便と見なされていたものをすべて効果的に削除および改善することを決定しました。 ソフトウェアの強力なチャートエンジンは、多くのカスタマイズオプションを備えた複数の画面と時間枠を可能にします。 モジュラー機能は簡単かつ直感的に活用され、エコシステムユーザーに最適な取引設定を作成します。

ユースケース

これまでプロジェクトをフォローしているのであれば、それはかなり自明です。 Cryptonovaeは、あらゆるものを取引するための完全なプラットフォームになることを目指しています。 複数のDEXまたはCEXと統合して、6.000を超える取引を可能にすることで、これを実現できます。 トークン。 これは、複数の取引所とログインの詳細を把握する代わりに、すべての取引をXNUMXか所で行うことができることを意味します。 プロジェクト全体に電力を供給するのは、取引だけでなく、トレーダーやその他の利益に報酬を与えるためにも使用されるYAEユーティリティトークンです。

YAEトークン

YAEは9年2021月9.970.365日に発売され、100.000.000のYAEトークンが流通し、合計でXNUMX億の供給がありました。 YAEを使用すると、ユーザーは、支払い手段としてのコア機能を通じてソフトウェアとマーケットプレイスで構成されるエコシステムと対話できます。 さらに、YAEには他にもいくつかのアプリケーションがあり、生態系サービスを利用するための追加のインセンティブを提供しています。

  • 支払い:取引プラットフォームとマーケットプレイスのユーザーは、支払い方法として$YAEを使用できます。
  • 紹介ボーナス:Cryptonovaeは、アフィリエイトプログラムを通じて紹介ボーナスを提供し、各紹介者に$ YAEのコミッションを、各紹介者にサブスクリプション割引を提供します。
  • コンテスト:定期的に。 プラットフォームに定期的に関与しているユーザーに感謝し、コミュニティの結束を助け、高めるために、賞品がYAEトークンに含まれることがあります。
  • トークンの買い戻し:Cryptonovaeは、無料の景品収益ストリームのXNUMX分のXNUMXを再投資して、市場で$YAEトークンを買い戻します。 その後、トークンはさまざまな方法で使用され、生態系とコミュニティに活力を与えます。
  • ロイヤルティプログラム:Cryptonovaeは、定期的に$YAEを配布してアフィリエイトマーチャントに報酬を与えます。 買い戻されたトークンのXNUMX分のXNUMXは、取引量とステーキングレベルに応じて、プラットフォームのアフィリエイトユーザーに配信されます。
  • ステーキング:$ YAEの保有者は、トークンを賭けることができます。 賭けたトークンの数に応じて、パンターは評価を受け取り、無料のサブスクリプション、無料のインジケーター、ロイヤルティプログラムのブーストなどの関連する特典を利用できます。

YAEトークンを購入する場所

Cryptonovae(YAE)の価格予測

私たちの暗号価格予測指数によると、2025年にYAEは平均価格レベル2025ドルを超えるはずです。 今年の終わりのCryptonovae価格の予想される最小値は$0.1499であるはずです。 さらに、YAEは0.1384ドルの最高価格レベルに達することができます。

Cryptonovaeは、スタンドアロンのトレーディングソフトウェアであるだけでなく、さまざまなコンポーネントの集大成によって作成された完全で安全なエコシステムです。 これには、ネイティブチャートエンジン、市場で最も人気のある集中型および分散型取引所との統合、およびネイティブマーケットプレイスとそれをすべて結び付けるトークンが含まれます。 当初、CryptonovaeはBinance、Bitfinex、Kraken、 Uniswap およびFTX、将来的に追加される交換があります。

アールティとデンソーウェーブ、人協働ロボット「COBOTTA® PRO」を活用した冷凍フライ投入システムを開発

ロボットのいるくらしの実現を掲げる株式会社アールティ(東京都千代田区、代表取締役 中川友紀子、以下アールティ)は、食品工場における危険作業・人手作業の負担軽減に取り組むため、株式会社デンソーウェーブ(愛知県知多郡、代表取締役社長 相良隆義、以下デンソーウェーブ)と協力し、同社が開発した人協働ロボット「COBOTTA PRO」を使った冷凍フライ投入システムを開発しました。
2022年6月7日(火)から10日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「FOOMA JAPAN 2022」デンソーウェーブブースにて、開発したシステムのデモを展示します。

冷凍フライ投入システム ※開発中の画像です

冷凍フライ投入システム ※開発中の画像です

┃開発の背景
世界中で協働ロボットの需要が高まり活用分野も広がるなか、従来のロボットより精度や汎用性を求める声が高まってきたことから、デンソーウェーブは高精度な動作を実現し、協働時・非協働時の速度切り替えが可能な人協働ロボット「COBOTTA PRO(読み:コボッタ プロ)」を開発し、2021年10月に発表しました(※1)。
自動車製造や電子デバイスなどの工業分野のみならず、食品分野でも協働ロボットの普及を進めるため、不定形な食材を見分ける画像認識技術や、食品工場への協働ロボット導入経験を持つアールティが、デンソーウェーブと協力して「COBOTTA PRO」を使った食品工場向けの自動化ソリューション開発に取り組み、自動フライヤーに食材(冷凍フライ)を投入するシステムを開発しました。
デンソーウェーブは、デンソーウェーブ製アームロボットのROS 2用制御パッケージ(※2)を開発して「COBOTTA PRO」の技術情報とともにアールティへ提供し、アールティはそれらを活用してハンド(エンドエフェクタ)や制御プログラム、周辺設備などのシステム一式を開発しました。アールティが人型協働ロボット「Foodly」の開発などで培った画像認識技術も応用されています。
※1 参考:2021/10/19発表 デンソーウェーブ リリース
https://www.denso-wave.com/ja/robot/info/detail__211019-01.html
※2 ROS 2についてはページ下部参照

┃冷凍フライ投入システムの概要
食品工場において人手で行われている、冷凍フライの投入作業(ピッキングからフライヤー投入まで)を自動化するシステムです。番重(食品用コンテナ)にばら積みされた冷凍フライをカメラでひとつずつ認識してアームロボットがコンベア上へピック&プレースします。コンベアはシステムと連携しており、ピッキング状況を把握しながら自動フライヤーに投入します。
アームロボット本体は「COBOTTA PRO」を使用し、ばら積み食材取り出しのビジョンシステム、ロボットの軌道生成プログラム、ロボットのハンド部分、投入用コンベアはアールティが開発した専用のものを使用しています。バラ積みの状態や、溜まったパン粉などで境目が分かりづらい状態でも冷凍フライをひとつひとつ認識することができます。「COBOTTA PRO」は協働時・非協働時の速度設定と切り替えが可能なため、協働時の速度設定であれば安全柵なしで人との協働作業が可能です。ハンドの制御においてベッコフオートメーション(株)の開発した通信技術EtherCATを採用することで、作業中のリアルタイムな高速通信を可能にしています。

システムの動作手順 ※開発中の画像です

システムの動作手順 ※開発中の画像です

┃冷凍フライ投入システム導入による現場のメリット
食品工場においてフライの製造現場は、蒸し暑い作業場での熱中症や、高温の油によるやけどなどの労災のリスクが高い場所です。またお弁当工場では盛り付け作業などよりも早いタイミングでフライの準備が始まるため、早朝の勤務が多く、パートなどの働き手が集まりにくいという特徴もあります。人手不足や労災のリスクなどの課題を抱え作業の省人化が望まれる一方で、食品工場は作業場が狭いことが多く、大がかりな自動化装置の導入が難しい場合があります。
今回開発した冷凍フライ投入システムは油の近くで行う投入作業をロボットに置き換えることで苦渋作業を軽減し、労災のリスク低減が期待できます。また協働時のスピードであれば柵を必要とせず、ロボット自体も非常にコンパクトな設計で省スペースでの設置が可能です。
キャスター付きの台で、作業場を洗浄する際にも移動が簡単です。

┃FOOMA JAPAN 2022でデモ展示
2022年6月7日(火)から10日(金)まで東京ビッグサイトで開催されるFOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)のデンソーウェーブブース(東7ホール 7G-20)において、冷凍フライ投入システムの常時デモ展示を行います。
デンソーウェーブブースの展示詳細:
https://www.denso-wave.com/ja/robot/event/fooma2022.html

┃今後の展望
現時点ではCOBOTTA PROの行う作業は冷凍フライのピック&プレースのみですが、今後は番重の段替え作業なども同じ機体で行えるようにし、さらなる作業負担の軽減を目指したいと考えています。また、投入用コンベアとの連携だけでなく、自動フライヤーとの連携も検討しています。
相互に連携することで、例えば油の温度に合わせて投入ペースを自動調整して揚げ不足や揚げすぎによるロスを防ぐなど、生産性向上に繋がるシステムの開発が期待できます。
アールティはシステムのデモ展示を通じて、フライの製造現場に課題を抱えロボット導入を検討しているユーザー企業との繋がりを作り、現場でのテストを進めていきたいと考えています。
また今回のシステムに限らず、食品工場のニーズに合わせた製品開発を続け、食品工場の課題解決に貢献してまいります。

┃ROS 2によるロボット制御 無料のストップロス自動設定
COBOTTA PROはロボット開発用オープンソースミドルウェア「ROS(Robot Operating System)」での制御に対応し、デンソーウェーブがROS用制御パッケージを開発しています。近年ROSの活用範囲が研究用途から実際の生産用途まで広がり、生産用途にも対応した次世代バージョンであるROS 2での開発が増えていることから、デンソーウェーブは今回のシステム開発に際し、デンソーウェーブ製アームロボットのROS 2用制御パッケージを新たに開発しました。
ROS 2は複数台のロボットの同時利用やリアルタイム制御、セキュリティを念頭においた設計となっており、ROS従来の可視化ツールなどと合わせてよりスマートファクトリー化やIoTのための開発がしやすくなっています。
アールティはROSに関する教育事業を展開し、2019年からはデンソーウェーブのCOBOTTA ROSオフィシャルサポーターも務めています。今までの開発、サポート業務で培った経験を今回の冷凍フライ投入システムに活かしています。

┃COBOTTA PROについて
COBOTTA PROは、人とロボットが協働することではなく、人とロボットが協働して生産性を高め続けることを追求した高速人協働ロボットです。作業者が近くにいないときは動作速度を最大化し、作業者が接近した際に減速・停止に必要な距離を最小化することで生産性と安全性の両立を実現します。安全柵を必要とせず、省スペースでの設置が可能で、食品製造の現場における危険作業や人手作業の負担軽減に貢献します。また、画像認識機器やAIなどの周辺機器・ソフトウェアを用いて、単純作業のみならず、食材の投入作業などの実工程で活用できます。

会社名:株式会社デンソーウェーブ
代表者:代表取締役社長 相良隆義
設立日:2001年10月
事業内容:自動認識装置、産業用ロボット、プログラマブルコントローラ、IoT等の機器やシステムの開発・製造・販売

┃株式会社アールティについて 無料のストップロス自動設定
Life with Robot(ロボットのいるくらしの実現)をミッションに掲げ、最先端のAI&Roboticsにおける技術開発に挑戦し、AI・サービスロボット分野での高度人材育成から、教育・サービスロボットの自社開発、受託開発まで幅広い事業展開をしています。近年のマイルストーンとして、人とロボットがともに働く未来「Work with Robot」の実現を目指しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる