取引スキーム

バイナリーオプション商材

バイナリーオプション商材
為替取引に関するノウハウ商材の売買契約を巡って岡山市のグループが摘発された特定商取引法違反事件で、違法な商法で価値のない商材を買わされたとして、岡山、香川県などの購入者15人が30日、グループに総額4070万円の損害賠償を求める訴えを岡山地裁に起こした。 訴えによると、原告は20~40代男女。「利益が得られる」とグループに誘われ、2019年6月~20年8月、外国為替相場の値動きを予想して投資するバイナリーオプションや仮想通貨に関する商材を385万~132万円で購入した際、本来認められるべきクーリングオフ(契約解除)ができないと記された契約書を交付されるなどした。 さらに、バイナリーなどの金融取引は専門知識があっても相場の予測が難しく、多額の損益が出るリスクが高いと指摘。「商材を有益なものと誤信させて勧誘、販売した行為は詐欺に当たる」と主張している。 事件ではグループが岡山など24府県の約450人から総額約3億5千万円を売り上げていたことが判明。岡山県警は同法違反の疑いでグループの男女4人を逮捕、岡山地検がこのうち主犯格とみられる男を起訴している。

バイナリーオプション詐欺の手口って?1分でわかる見極め方と注意方法

バイナリーオプション 詐欺

為替取引に関するノウハウ商材の売買契約を巡って岡山市のグループが摘発された特定商取引法違反事件で、違法な商法で価値のない商材を買わされたとして、岡山、香川県などの購入者15人が30日、グループに総額4070万円の損害賠償を求める訴えを岡山地裁に起こした。

訴えによると、原告は20~40代男女。「利益が得られる」とグループに誘われ、2019年6月~20年8月、外国為替相場の値動きを予想して投資するバイナリーオプションや仮想通貨に関する商材を385万~132万円で購入した際、本来認められるべきクーリングオフ(契約解除)ができないと記された契約書を交付されるなどした。

さらに、バイナリーなどの金融取引は専門知識があっても相場の予測が難しく、多額の損益が出るリスクが高いと指摘。「商材を有益なものと誤信させて勧誘、販売した行為は詐欺に当たる」と主張している。

事件ではグループが岡山など24府県の約450人から総額約3億5千万円を売り上げていたことが判明。岡山県警は同法違反の疑いでグループの男女4人を逮捕、岡山地検がこのうち主犯格とみられる男を起訴している。

こんな場合は詐欺かも?

SNSで声をかけてくる

SNS

「簡単な投資で資金を増やしてみませんか?」 や 「●ヶ月で●倍に資金が増えますよ!」 といった甘い言葉をきっかけとして、 お金を振り込ませたり個人情報を引き出そうとしてきます。

お金持ち風の学生がツールをすすめてくる

バイナリーオプションの詐欺ツールを高額で売りつけてくる若い男女の集団 「オプザイル」 にも気をつけてください。

投資で儲かったお金で 派手な生活を送る様子をSNSにアップし、射幸心をあおってくる 詐欺集団です。

オプザイル

投資学習ソフトが入っているといって、 高額のUSBメモリの購入を勧めてきます が中身はデタラメなので買ってはいけませんよ。

金額が数万円という、学生でも バイナリーオプション商材 手の届きそうな価格にしてきているところも巧妙 です。

「大学4年のとき、友人から投資家を紹介され、老後に必要なお金の話などを聞きました。そのなかで持ちかけられたのが、バイナリーオプションの話です」(青木さん)

■“USB”を使った新手の詐欺

バイナリーオプションとは、為替金融商品の一種で、円安か円高を予想し、予想どおりに為替が動けば儲かるシステム。「95%は負けるが、勝ち組の5%に入るやり方がある。それがこの中にある」と青木さんの目の前に出されたのが57万円の「USBメモリ」。

USBは、パソコンやスマートフォン内のデータを記録し、持ち運ぶことができる便利なアイテム。保存できる容量にもよるが、本体は1000円ほどから購入できる。問題のUSBを冒頭の青木さんから見せてもらったが、重要な情報が入っているからといって50万円というにはあまりにもお粗末なものだった。

バイナリーオプション詐欺 報告されている4つの手口

バイナリーオプション詐欺の手口

①簡単に儲かると思わせる

ネット上の掲示板やサイト、SNSで 「誰でもできる二者択一の簡単な投資!」 といった宣伝文句を書いてトレーダーの興味を引き、口座を開設させて入金させるケースです。

FX商材をクレジット分割払いで購入した際における計算について

総計:▲130,バイナリーオプション商材 000+250,000=\120,000
となり、確定申告条件の20万は超えてないが所得があるので\120,000を市役所で「住民税」申告をするつもりでした。
しかしFX取引における商材を12/21に購入したとします。こちらが\240,000(分割手数料込)で、クレジットカード24回払いで\10,000/月の支払いとなります。
当方、分割払いは初めてで月々の支払額を経費に計上するものかと思っていたのですが、「購入した年に全額分を経費として計上する」ということをこのサイトで知りました。その場合は、下記の計算方法でよろしいでしょうか?

海外FX
収入:\300,000
(12/20まで)経費:\50,000+(12/21追加分)\240,000=\290,000
合計:\10,000

総計
▲130,000+10,000=▲120,000
となり雑所得0で申告類は不要ということであっておりますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

  • クラウド会計ソフトシェアNo.1 確定申告freee(フリー) 無料でお試し
  • いますぐ無料でお試し MFクラウド会計・確定申告
  • 無料で使える「弥生のクラウド確定申告ソフト」

税理士の回答

  • クラウド会計ソフトシェアNo.1 確定申告freee(フリー) 無料でお試し
  • いますぐ無料でお試し MFクラウド会計・確定申告
  • 無料で使える「弥生のクラウド確定申告ソフト」

酒屋就一税理士事務所
酒屋就一 先生
ご回答ありがとうございました。本件での「商材」はオンラインセミナーや講義動画の配信、FX取引に使用するアプリケーションに組み込むツールなどのため、減価償却資産には当てはまらないものと認識しております。不安がなくなりました。ご親切にありがとうございました!

  • クラウド会計ソフトシェアNo.1 確定申告freee(フリー) 無料でお試し
  • いますぐ無料でお試し MFクラウド会計・確定申告
  • 無料で使える「弥生のクラウド確定申告ソフト」

本投稿は、2020年01月01日 13時23分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる