FXブログ

株式投資で利益を出す仕組みとは

株式投資で利益を出す仕組みとは
株式投資(株取引)とは、 株式会社が発行する株式を売買、保有すること で、売却益や配当金を狙う投資のことです。
投資の対象である「株式」は、常に価格の変動があるため、儲かることもありますが、値下がりによって損をしてしまうリスクもある点が特徴です。

杉原杏璃がレクチャー!初心者のための株式投資ルール9

杉原杏璃


覚えておくと便利!株用語リストの記事も合わせて参考に。

ルール1:株式投資のシステムを理解する

ルール1


「株式」とは、株式会社から発行される証券で、会社に出資している株主としての権利を表わしたものです。要するに株式投資とは、「成長しそうな企業」にお金を出してあげ、そのお金で会社を運営してもらい、より多くのお金を生み出してもらうための行為です。より多くのお金を生み出してもらえれば、所有している自分にも利益が返ってくるわけ。この仕組みは必ず理解しましょう。

株式投資のメリット
1. 株式の値上がり益……多くの投資家の目的がこれ。買った株価より高く売れれば、その差額が値上がり益に。逆に安く売った場合は投資額が減って損に。
2. 配当金……投資先の企業が利益を上げた場合に、株主に還元されるお金。年間1~2回の頻度で、保有株式数によって、受け取りが可能。
3. 株主優待……株主が投資する企業から株主優待品を受け取ること。内容はギフトカードや自社サービス品を安く利用できる優待券、自社商品など。

ルール2:始め方はたったの3ステップ

STEP1:証券会社に口座を開設
ネット証券会社は24時間好きな時間に、スマホやパソコンから手続きを。一般的な証券会社は営業時間内に窓口へ。どちらも、マイナンバーカードなどの本人確認書類が必要。

STEP2:口座にお金を入れる
株を買うためのお金を入れて。金額はいくらでもOK。株の売買をしなければ、お金の増減なし。株を押し売りされることはないので、買いたい銘柄がないときは放置しておいても。

STEP3:好きな銘柄を選ぶ
いよいよ売買をスタート。まずは好きな銘柄を選んで買いましょう。銘柄の株価のところにある「現在値」(銘柄の現在価格)を確認し、安値で買い、高値で売るのが理想。

ルール3:きちんとした銘柄を買うには最低でも10万円は必要です

ルール3


初心者は多額ではなく、余剰金の3割程度のお金に留めて。1、2万円から始められると謳っている証券会社もあるけれど、認知度の低い怪しい株しか買えないことがあるので、最低10万円は準備を。それが難しい場合は無理せず、まずは資金を貯めることに専念して。

ルール4:買う銘柄は興味がある分野を

ルール4


株式投資は長く継続することが、利益を生み出す重要なポイント。そのためには、自分が楽しいと思えることがマストです。そうなると、やっぱり、興味がある分野の銘柄を買うのが◎。

ルール5:大企業の株を優先的にチェック

ルール5

ルール6:分散投資をする

ルール6


もし、ひとつの投資対象にすべての資金を集中させた場合、運用がうまくいかないと、その影響が全体に及んでしまうことに。でも、分散投資をすれば、そんなリスクを低減させつつ、安定的に利益を得る可能性を高められます。

ルール7:利益確定売りのラインを持つ

ルール7


「この企業は株価が3%上がったら、利益を確定しよう」など、自分の利益確定売りラインを持っておくこと。いざ株価が上がると、「あと1日待てば、さらに上がるかも♡」と欲が出てしまいがち。でも、そう考えるのは皆一緒で、結局、暴落し、損をしてしまうことが。

ルール8:信用取引にはしない

ルール8

ルール9:損切りのルールを決める

ルール9


株式投資は一喜一憂しないで、長いスパンで見ること。その年の一番高値で買ったのに損失が非常に大きい場合などは、損切りを検討しても。「20%下がったら、損切りをする」など、マイルールを決めておくと良いでしょう。

著書も好評

『株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門』書影

『株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門』祥伝社 ¥1,400

23歳のころ、30万円で株式投資を始め、5年目で1000万円に! そんな彼女の投資経験やノウハウ、夢を叶えた話などを綴った一冊。株式投資を始めたいアラサー女子のバイブルになるはず!
Amazonで購入する。

杉原杏璃(すぎはらあんり)
1982年生まれ、広島県出身。グラビアアイドルとして、雑誌やテレビのバラエティ番組に多数出演。現在は「株タレント」として活躍中。ソフト補正下着のブランド「ANDI PTER」を立ち上げ、実業家の顔も。

杉原杏璃がレクチャー!初心者のための株式投資ルール9

杉原杏璃


覚えておくと便利!株用語リストの記事も合わせて参考に。

ルール1:株式投資のシステムを理解する

ルール1


「株式」とは、株式会社から発行される証券で、会社に出資している株主としての権利を表わしたものです。要するに株式投資とは、「成長しそうな企業」にお金を出してあげ、そのお金で会社を運営してもらい、より多くのお金を生み出してもらうための行為です。より多くのお金を生み出してもらえれば、所有している自分にも利益が返ってくるわけ。この仕組みは必ず理解しましょう。

株式投資のメリット
1. 株式の値上がり益……多くの投資家の目的がこれ。買った株価より高く売れれば、その差額が値上がり益に。逆に安く売った場合は投資額が減って損に。
2. 配当金……投資先の企業が利益を上げた場合に、株主に還元されるお金。年間1~2回の頻度で、保有株式数によって、受け取りが可能。
3. 株主優待……株主が投資する企業から株主優待品を受け取ること。内容はギフトカードや自社サービス品を安く利用できる優待券、自社商品など。

ルール2:始め方はたったの3ステップ

STEP1:証券会社に口座を開設
ネット証券会社は24時間好きな時間に、スマホやパソコンから手続きを。一般的な証券会社は営業時間内に窓口へ。どちらも、マイナンバーカードなどの本人確認書類が必要。

STEP2:口座にお金を入れる 株式投資で利益を出す仕組みとは
株を買うためのお金を入れて。金額はいくらでもOK。株の売買をしなければ、お金の増減なし。株を押し売りされることはないので、買いたい銘柄がないときは放置しておいても。

STEP3:好きな銘柄を選ぶ
いよいよ売買をスタート。まずは好きな銘柄を選んで買いましょう。銘柄の株価のところにある「現在値」(銘柄の現在価格)を確認し、安値で買い、高値で売るのが理想。

ルール3:きちんとした銘柄を買うには最低でも10万円は必要です

ルール3


初心者は多額ではなく、余剰金の3割程度のお金に留めて。1、2万円から始められると謳っている証券会社もあるけれど、認知度の低い怪しい株しか買えないことがあるので、最低10万円は準備を。それが難しい場合は無理せず、まずは資金を貯めることに専念して。

ルール4:買う銘柄は興味がある分野を

ルール4


株式投資は長く継続することが、利益を生み出す重要なポイント。そのためには、自分が楽しいと思えることがマストです。そうなると、やっぱり、興味がある分野の銘柄を買うのが◎。

ルール5:大企業の株を優先的にチェック

ルール5

ルール6:分散投資をする

ルール6


もし、ひとつの投資対象にすべての資金を集中させた場合、運用がうまくいかないと、その影響が全体に及んでしまうことに。でも、分散投資をすれば、そんなリスクを低減させつつ、安定的に利益を得る可能性を高められます。

ルール7:利益確定売りのラインを持つ

ルール7


「この企業は株価が3%上がったら、利益を確定しよう」など、自分の利益確定売りラインを持っておくこと。いざ株価が上がると、「あと1日待てば、さらに上がるかも♡」と欲が出てしまいがち。でも、そう考えるのは皆一緒で、結局、暴落し、損をしてしまうことが。

ルール8:信用取引にはしない

ルール8

ルール9:損切りのルールを決める

ルール9


株式投資は一喜一憂しないで、長いスパンで見ること。その年の一番高値で買ったのに損失が非常に大きい場合などは、損切りを検討しても。「20%下がったら、損切りをする」など、マイルールを決めておくと良いでしょう。

著書も好評

『株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門』書影

『株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門』祥伝社 ¥1,400

23歳のころ、30万円で株式投資を始め、5年目で1000万円に! そんな彼女の投資経験やノウハウ、夢を叶えた話などを綴った一冊。株式投資を始めたいアラサー女子のバイブルになるはず!
Amazonで購入する。

杉原杏璃(すぎはらあんり)
1982年生まれ、広島県出身。グラビアアイドルとして、雑誌やテレビのバラエティ番組に多数出演。現在は「株タレント」として活躍中。ソフト補正下着のブランド「ANDI PTER」を立ち上げ、実業家の顔も。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる